F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

メルセデス1-2、フェルスタッペンが続く。角田9番手【タイム結果】F1第20戦メキシコGPフリー走行3回目

2022年10月30日

 2022年F1第20戦メキシコGPのフリー走行3回目が行われ、ジョージ・ラッセル(メルセデス)がトップタイムをマークした。2番手はルイス・ハミルトン(メルセデス)、3番手はマックス・フェルスタッペン(レッドブル)となっている。角田裕毅(アルファタウリ)は9番手だった。


 気温20度、路面温度38度と、路面温度は金曜よりも低いコンディションで、現地時間12時にセッションがスタート。開始直後にコースに出て行った周冠宇(アルファロメオ)は、無線で「問題がある」と告げられすぐにガレージへ戻った。


 序盤は半分ほどのマシンがコースに出ており、カルロス・サインツがソフトタイヤで1分19秒884でトップ、シャルル・ルクレールが1分20秒092とフェラーリが1-2につける。その直後ラッセルがセクター2、3で全体ベストタイムをマークして1分19秒405でトップに立った。母国レースを迎えているセルジオ・ペレス(レッドブル)がこの3台に続いて4番手につけており、その後2番手に浮上した。


 角田は開始から18分を過ぎてコースイン。ミディアムタイヤを履いており、まずは1分21秒883で14番手タイムをマーク。マックス・フェルスタッペン(レッドブル)もソフトタイヤでアタックに入り、1分19秒296とトップタイムを記録し、その後1分19秒118までタイムを縮めた。


 セッション後半に入るとラッセルが1分18秒399、ルイス・ハミルトンが1分18秒543と18秒台に突入した。フェルスタッペンも新品ソフトを投入して1分18秒876をマークするが、順位は3番手のまま。ミディアムタイヤでの走行を続けていた角田も、残り10分を切る頃にはソフトタイヤに履き替えた。


 終盤は各車がソフトタイヤでアタックを行うなか、トップ3はラッセル、ハミルトン、フェルスタッペンのままセッションは終了した。4番手以下ルクレール、ペレス、サインツ、ランド・ノリス(マクラーレン)、バルテリ・ボッタス(アルファロメオ)と続き、角田は1分19秒882で9番手。アレクサンダー・アルボン(ウイリアムズ)が10番手というトップ10になっている。


■2022年F1第20戦メキシコGPフリー走行3回目 リザルト

Pos.No.DriverTeamTimeLaps
163G.ラッセルメルセデス1’18.39922
244L.ハミルトンメルセデス1’18.54323
31M.フェルスタッペンレッドブル1’18.87618
416C.ルクレールフェラーリ1’19.12323
511S.ペレスレッドブル1’19.24124
655C.サインツフェラーリ1’19.30120
74L.ノリスマクラーレン1’19.31722
877V.ボッタスアルファロメオ1’19.39028
922角田裕毅アルファタウリ1’19.88224
1023A.アルボンウイリアムズ1’19.91718
1131E.オコンアルピーヌ1’19.96019
1224周冠宇アルファロメオ1’20.01925
1314F.アロンソアルピーヌ1’20.03716
143D.リカルドマクラーレン1’20.13922
1510P.ガスリーアルファタウリ1’20.33024
1618L.ストロールアストンマーティン1’20.47720
1747M.シューマッハーハース1’20.59824
186N.ラティフィウイリアムズ1’20.84821
195S.ベッテルアストンマーティン1’20.98622
2020K.マグヌッセンハース1’21.27125


(autosport web)




レース

11/18(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
11/19(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
11/20(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※アブダビGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン454
2位シャルル・ルクレール308
3位セルジオ・ペレス305
4位ジョージ・ラッセル275
5位カルロス・サインツ246
6位ルイス・ハミルトン240
7位ランド・ノリス122
8位エステバン・オコン92
9位フェルナンド・アロンソ81
10位バルテリ・ボッタス49

チームランキング

※アブダビGP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング759
2位スクーデリア・フェラーリ554
3位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム515
4位BWTアルピーヌF1チーム173
5位マクラーレンF1チーム159
6位アルファロメオF1チーム・オーレン55
7位アストンマーティン・アラムコ・コグニザント・フォーミュラワン・チーム55
8位ハースF1チーム37
9位スクーデリア・アルファタウリ35
10位ウイリアムズ・レーシング8

レースカレンダー

2022年F1カレンダー
第13戦ハンガリーGP 7/31
第14戦ベルギーGP 8/28
第15戦オランダGP 9/4
第16戦イタリアGP 9/11
第17戦シンガポールGP 10/2
  • 最新刊
  • F1速報

    総集編