F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

F1オーストリアGP FP2:ロングラン主体のセッションでフェラーリ1-2。アルピーヌ勢がトップ5につける

2022年7月9日

 2022年F1第11戦オーストリアGPのフリー走行2回目が行われ、カルロス・サインツ(フェラーリ)がトップタイムをマークした。2番手はシャルル・ルクレール(フェラーリ)、3番手はマックス・フェルスタッペン(レッドブル)となっている。アルファタウリの角田裕毅は19番手だった。


 今季2度目のスプリントフォーマットが適用されたオーストリアGP。2日目はフリー走行2回目と、スプリントレースが行われる。レッドブルリンク上空は、今日も青空が広がった。FP2開始の現地時間午後12時半の時点で、気温20度、路面温度36度とほぼ初日と同じコンディションだ。


 初日予選でクラッシュを喫したメルセデスだが、ルイス・ハミルトンにはスペアシャシーが投入された。ジョージ・ラッセルはそこまでダメージはひどくなかったようだが、「フロアやいくつかのパーツを交換」(トト・ウォルフ代表談)。セッションが始まっても、メカニックたちが2台のマシンの作業を続けている。


 予選終了時点で車両はパルクフェルメに入るため、このセッションでは基本的にセッティング変更は許されない。ここでの主な作業は、スプリント、決勝レースに向けてロングランでのタイヤの確認となる。レッドブルは2台ともソフトタイヤ、一方フェラーリは2台ともミディアムタイヤで周回を重ねている。アルファタウリは角田ソフト、ピエール・ガスリーがミディアムと作業を分けた。ガスリーはフェルスタッペン、フェラーリの2台に次ぐ総合4番手の速さを見せた。角田は10番手に留まっている。


 開始後14分にはラッセルが出て行き、フェルスタッペン、サインツに次ぐ3番手につけた。ハミルトンのマシンは依然として作業中。そしてアルピーヌの2台もガレージにこもっているが、理由は今のところ不明だ。ふたりはセッション折り返し点近くになってようやくコースイン。ともにソフトを履いて、フェルナンド・アロンソ4番手、エステバン・オコン6番手と、走り始めから速さを見せた。その後2台はミディアムに履き替え、オコン2番手、アロンソ3番手につけた。


 セッション後半にはフェラーリの2台はソフトに履き替え、ルクレールが1分8秒660のトップタイムを出した。逆にレッドブルはミディアムを履いたが、フェルスタッペンはルクレールからコンマ1秒落ちの2番手に留まっている。さらにサインツが1分8秒610のタイムで首位に立った。終盤にはラッセルが、唯一ハードを履いてロングラン。これは明らかに、日曜日の決勝レースに向けてのものだろう。


 そして終了13分前、ハミルトンがようやくコースイン。ソフトタイヤを履き、2周目でいきなり9番手タイム。その後は1分9秒台前半の好ペースで、ロングランを続けた。


 このセッション、トップはサインツ。0.050秒の僅差でルクレール。フェルスタッペンは3番手だが、ロングランペースはフェラーリに優っているようだ。4、5番手にはアルピーヌのアロンソ、オコンがつけた。6番手セルジオ・ペレス(レッドブル)、7番手ラッセル、8番手バルテリ・ボッタス(アルファロメオ)、9番手ハミルトン、10番手ランド・ノリス(マクラーレン)。ガスリーは12番手、角田は19番手だった。



(Kunio Shibata)




レース

9/30(金) フリー走行1回目 19:00〜20:00
フリー走行2回目 22:00〜23:00
10/1(土) フリー走行3回目 19:00〜20:00
予選 22:00〜
10/2(日) 決勝 21:00〜


ドライバーズランキング

※イタリアGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン335
2位シャルル・ルクレール219
3位セルジオ・ペレス210
4位ジョージ・ラッセル203
5位カルロス・サインツ187
6位ルイス・ハミルトン168
7位ランド・ノリス88
8位エステバン・オコン66
9位フェルナンド・アロンソ59
10位バルテリ・ボッタス46

チームランキング

※イタリアGP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング545
2位スクーデリア・フェラーリ406
3位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム371
4位BWTアルピーヌF1チーム125
5位マクラーレンF1チーム107
6位アルファロメオF1チーム・オーレン52
7位ハースF1チーム34
8位スクーデリア・アルファタウリ33
9位アストンマーティン・アラムコ・コグニザント・フォーミュラワン・チーム25
10位ウイリアムズ・レーシング6

レースカレンダー

2022年F1カレンダー
第17戦シンガポールGP 10/2
第18戦日本GP 10/9
第19戦アメリカGP 10/23
第20戦メキシコGP 10/30
第21戦ブラジルGP 11/13
  • 最新刊
  • F1速報

    第16戦 イタリアGP号