F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

オーストリアGP FP2:初日はメルセデス勢が1-2。フェルスタッペン、アストンマーティン勢が続く

2021年7月3日

 2021年F1第9戦オーストリアGPのフリー走行2回目が行われ、メルセデスのルイス・ハミルトンがトップタイムをマークした。レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンは3番手、セルジオ・ペレスは11番手、アルファタウリ・ホンダのピエール・ガスリーは7番手、角田裕毅は6番手となっている。


 現地時間15時からのFP2。開始時点の天候は曇り。降水確率は60%まで上がっている。気温19度、路面温度31度と、コンディションはFP1とほぼ変わらない。序盤はレッドブルやフェラーリなどがテストタイヤでコースに出ていった。午前中に12周周回したメルセデスのふたりも、2セット目のテストタイヤで周回を重ねている。まずはフェルスタッペンがトップタイム。バルテリ・ボッタス(メルセデス)がコンマ1秒差で2番手に付け、新品ミディアムタイヤの角田が首位からコンマ2秒差の3番手タイムを出した。ガスリーも同じミディアムで4番手に付け、FP1の好調をキープしている。


 その後はミディアムに履き替えたボッタスが首位に立ったが、フェルスタッペンがその座を奪い返す。3番手にはキミ・ライコネン、アントニオ・ジョビナッツィも5番手と、アルファロメオがミディアムでの速さを披露した。しかしソフトタイヤでのショートランが始まると、勢力図は再び目まぐるしく変わった。


 まずペレスが2番手に浮上、その後は角田、セバスチャン・ベッテル(アストンマーティン)が次々に2番手の座を争った。ガスリーはターン10でタイム抹消されたこともあるが、角田はこのセッションで終始ガスリーをしのぐタイムを出し続けた。


 開始後27分、ソフトに履き替えたボッタスが、最初に1分4秒台に突入するトップタイムを叩き出した。その4分後には、ハミルトンが1分4秒523のタイムで初めて首位に立った。セッション中盤を過ぎてフェルスタッペンもソフトに履き替えたが、ターン9で挙動を乱したこともあって1分04秒740でメルセデス2台の後ろに留まった。フェルスタッペンは無線でさかんにグリップ不足を訴える。だが担当エンジニアのジャンピエロ・ランビアーゼからは、「日曜も同じくらい滑りやすいから、いい練習になる」と返されていた。


 終了20分前辺りから、コースのそこかしこに雨粒が落ち始めた。その数分後にはハミルトンがターン4の進入で右フロントタイヤを激しくロック。グラベルまでコースオフして行った。しかしタイヤにダメージを得ただけで、自力でピットにたどり着いた。


 この時点でメルセデス、レッドブルはミディアムに絞ってロングラン、フェラーリは2台でソフトとミディアムを分担、他の多くのマシンはソフトで周回を重ねた。やはりソフトの落ちは、ミディアムに比べてかなり大きいようだ。


 FP2はハミルトン、ボッタスが1-2を占め、フェルスタッペンが3番手、ランス・ストロール、ベッテルのアストンマーティン勢が4、5番手の速さを見せた。6、7番手に角田、ガスリー。8番手フェルナンド・アロンソ(アルピーヌ)、9番手ランド・ノリス(マクラーレン)、10番手ジョビナッツィ。ペレスは11番手に留まった。

マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)
2021年F1第9戦オーストリアGP マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)

セバスチャン・ベッテル(アストンマーティン)
2021年F1第9戦オーストリアGP セバスチャン・ベッテル(アストンマーティン)

角田裕毅(アルファタウリ・ホンダ)
2021年F1第9戦オーストリアGP 角田裕毅(アルファタウリ・ホンダ)

ランド・ノリス(マクラーレン)
2021年F1第9戦オーストリアGP ランド・ノリス(マクラーレン)

アントニオ・ジョビナッツィ(アルファロメオ)
2021年F1第9戦オーストリアGP アントニオ・ジョビナッツィ(アルファロメオ)



(Kunio Shibata)




レース

10/22(金) フリー走行1回目 25:30〜26:30
フリー走行2回目 翌5:00〜翌6:00
10/23(土) フリー走行3回目 翌3:00〜翌4:00
予選 翌6:00〜翌7:00
10/24(日) 決勝 翌4:00〜


ドライバーズランキング

※トルコGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン262.5
2位ルイス・ハミルトン256.5
3位バルテリ・ボッタス177
4位ランド・ノリス145
5位セルジオ・ペレス135
6位カルロス・サインツJr.116.5
7位シャルル・ルクレール116
8位ダニエル・リカルド95
9位ピエール・ガスリー74
10位フェルナンド・アロンソ58

チームランキング

※トルコGP終了時点
1位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム433.5
2位レッドブル・レーシング・ホンダ397.5
3位マクラーレンF1チーム240
4位スクーデリア・フェラーリ・ミッション・ウィノウ232.5
5位アルピーヌF1チーム104
6位スクーデリア・アルファタウリ・ホンダ92
7位アストンマーティン・コグニザント・フォーミュラワン・チーム61
8位ウイリアムズ・レーシング23
9位アルファロメオ・レーシング・オーレン7
10位ウラルカリ・ハースF1チーム0

レースカレンダー

2021年F1カレンダー
第17戦アメリカGP 10/24
第18戦メキシコGP 11/7
第19戦ブラジルGP 11/14
第20戦カタールGP 11/21
第21戦サウジアラビアGP 12/5
  • 最新刊
  • F1速報

    2021年F1第15戦 ロシアGP号