F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

オーストリアGP FP1:新構造のリヤタイヤをテスト。フェルスタッペンがトップ、角田裕毅は5番手

2021年7月2日

 2021年F1第9戦オーストリアGPのフリー走行1回目が行われ、レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンがトップタイムをマークした。レッドブル・ホンダのセルジオ・ペレスは8番手、アルファタウリ・ホンダのピエール・ガスリーは9番手、角田裕毅は5番手となっている。


 同じレッドブルリンクで行われる2連戦の2戦目初日。晴天だった1週間前に比べ、サーキット上空はより多くの雲に覆われている。午前11時半のFP1開始時点で、天候は曇り、気温17度、路面温度31度と、ともに大きく下がっている。


 このセッションでは3人の若手ドライバーが出走した。まずアルピーヌからフェルナンド・アロンソに代わってテストドライバーの周冠宇、ウイリアムズはジョージ・ラッセルに代わってロイ・ニッサニー、そしてアルファロメオはアントニオ・ジョビナッツィの代わりにカラム・アイロットがステアリングを握っている。


 今週末のタイヤはC3、C4、C5と、先週から1段階柔らかくなっている。これが予選、レースにどんな影響を与えるのか、各チームの力関係がどれほど変わるのかも、今回の見どころのひとつだ。さらに初日両セッションでは、ピレリの要請で各ドライバーに新構造のリヤタイヤが2セットずつ配られ、最低12周走ることになっている。テスト結果がよければ、次戦イギリスGPから投入される。


 各ドライバーは序盤から積極的にテストタイヤを使っている。フェルスタッペンはまずソフトを履いてトップタイム、続いてテストタイヤで、最速タイムを更新した。ペレスも同じテストタイヤで2番手。ガスリー、角田はミディアムタイヤを履き3、4番手と、1週間前と同じくホンダ勢が最初から速さを見せている。角田は自己ベストを出す直前に派手にターン5でコースオフしたが、ダメージはなかったようだ。


 テストタイヤでの周回を14周以上重ね、2台揃って最下位に留まっていたメルセデス勢は、まずルイス・ハミルトンがソフトタイヤに履き替え、3番手に浮上。バルテリ・ボッタスも同じタイヤで、8番手まで順位を上げた。その間にランス・ストロール(アストンマーティン)が最終コーナーでスピン。ガードレールに軽く接触するが、自力でピットに戻った。


 開始後33分、角田が中古ソフトで1分5秒474でトップに立つ。しかし直後にフェルスタッペンがコンマ3秒以上しのいで、首位を奪い返した。それでもセクター1の最速は、角田が保持している。序盤はバランスに苦しんでいたフェラーリも、ソフトではシャルル・ルクレール2番手、カルロス・サインツ3番手のタイムを出した。


 セッション終盤には、アルファタウリの2台もようやくテストタイヤを装着して周回を重ねた。FP1最速は1分5秒143のフェルスタッペン、0.266秒遅れて2番手ルクレール、3番手サインツ、4番手ボッタス、5番手角田、6番手キミ・ライコネン(アルファロメオ)、7番手ハミルトン、8番手ペレス、9番手ガスリー、10番手ランド・ノリス(マクラーレン)という結果だった。

シャルル・ルクレール(フェラーリ)
2021年F1第9戦オーストリアGP シャルル・ルクレール(フェラーリ)

バルテリ・ボッタス(メルセデス)
2021年F1第9戦オーストリアGP バルテリ・ボッタス(メルセデス)

角田裕毅(アルファタウリ・ホンダ)&マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)
2021年F1第9戦オーストリアGP 角田裕毅(アルファタウリ・ホンダ)&マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)

周冠宇(アルピーヌ)
2021年F1第9戦オーストリアGP 周冠宇(アルピーヌ)

カラム・アイロット(アルファロメオ)
2021年F1第9戦オーストリアGP カラム・アイロット(アルファロメオ)

ロイ・ニッサニー(ウイリアムズ)
2021年F1第9戦オーストリアGP ロイ・ニッサニー(ウイリアムズ)



(Kunio Shibata)




レース

9/30(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
10/1(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
10/2(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※シンガポールGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン341
2位シャルル・ルクレール237
3位セルジオ・ペレス235
4位ジョージ・ラッセル203
5位カルロス・サインツ202
6位ルイス・ハミルトン170
7位ランド・ノリス100
8位エステバン・オコン66
9位フェルナンド・アロンソ59
10位バルテリ・ボッタス46

チームランキング

※シンガポールGP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング576
2位スクーデリア・フェラーリ439
3位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム373
4位マクラーレンF1チーム129
5位BWTアルピーヌF1チーム125
6位アルファロメオF1チーム・オーレン52
7位アストンマーティン・アラムコ・コグニザント・フォーミュラワン・チーム37
8位ハースF1チーム34
9位スクーデリア・アルファタウリ34
10位ウイリアムズ・レーシング6

レースカレンダー

2022年F1カレンダー
第17戦シンガポールGP 10/2
第18戦日本GP 10/9
第19戦アメリカGP 10/23
第20戦メキシコGP 10/30
第21戦ブラジルGP 11/13
  • 最新刊
  • F1速報

    第16戦 イタリアGP号