F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

名車列伝:BAR 002・ホンダ(2000)

2016年4月19日

■BARとのジョイント初年度は表彰台獲得ならず
 1998年12月、2000年からのF1復帰を正式発表したホンダは、第三期F1活動を始めるにあたり、車体開発まで含めたオール・ホンダでの参戦を目指していた。イギリスに前線基地であるホンダ・レーシング・デベロップメント(HRD)を設立すると、元ティレルのハーベイ・ポスルズウエイトを招聘。テストカーのRA099を開発してテストを重ね、F1参戦に向けてデータ採りなどの準備を進めてきた。

 しかし、99年4月にポスルズウエイトが急逝し、ホンダのF1参戦計画が白紙に戻されてしまう。結局、自チームによる参戦を諦めることになり、参戦2年目のBAR(ブリティッシュ・アメリカン・レーシング)とジョイントし、エンジン供給と車体の共同開発という道を選択したのだ。

 BARの主導で開発された002は、前年型01(スーパーテックV10搭載)のコンセプトを踏襲し、信頼性の向上を狙ったマシンだった。テクニカルディレクターのマルコム・オスラーが設計を担当し、ホンダもマシン開発に寄与するため、技術者数人をBARに送り込んだ。

 ホンダが開発したRA000Eはコンパクト・軽量化・低重心化が図られており、そのおかげでリヤ周りやエンジンカバー、サイドポンツーンなどを前年型01より低くコンパクトに設計することが可能になった。また、RA000Eに合わせてギヤボックスやリヤサスペンションも大きく変更されている。

…記事の続きは会員登録後閲覧できます。

※こちらの記事は一般&プレミアム会員専用のコンテンツとなります。
一般+プレミアム会員一括登録
※会員登録後、本文記事が表示されない場合、ページの更新をお試しください。



レース

7/29(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
7/30(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
7/31(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※ハンガリーGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン258
2位シャルル・ルクレール178
3位セルジオ・ペレス173
4位ジョージ・ラッセル158
5位カルロス・サインツ156
6位ルイス・ハミルトン146
7位ランド・ノリス76
8位エステバン・オコン58
9位バルテリ・ボッタス46
10位フェルナンド・アロンソ41

チームランキング

※ハンガリーGP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング431
2位スクーデリア・フェラーリ334
3位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム304
4位BWTアルピーヌF1チーム99
5位マクラーレンF1チーム95
6位アルファロメオF1チーム・オーレン51
7位ハースF1チーム34
8位スクーデリア・アルファタウリ27
9位アストンマーティン・アラムコ・コグニザント・フォーミュラワン・チーム20
10位ウイリアムズ・レーシング3

レースカレンダー

2022年F1カレンダー
第13戦ハンガリーGP 7/31
第14戦ベルギーGP 8/28
第15戦オランダGP 9/4
第16戦イタリアGP 9/11
第17戦シンガポールGP 10/2
  • 最新刊
  • F1速報

    第10戦イギリスGP & 第11戦 オーストリアGP合併号