F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

シーズン中のペレス解雇の可能性がささやかれるレッドブルF1。問題は理想的な後任候補の欠如か

2024年7月10日

 F1の現場で今最もホットな話題のひとつは、セルジオ・ペレスが今シーズン後半もレッドブルにとどまることができるかどうかだ。レッドブル代表クリスチャン・ホーナーも、モータースポーツコンサルタントのヘルムート・マルコも、「ペレスは、ポイントを獲得しない状態を継続してはならない」と認めている。


 ホーナーは、「我々にとっては、チェコに上位にいてもらう必要がある。マックス(・フェルスタッペン)をサポートし、我々が今年もコンストラクターズ選手権を制する助けになってもらいたいからだ」とコメントした。


「シルバーストンでマクラーレンが我々よりも多くのポイントを獲得したことは承知している。それは我々にとって好ましい状況ではない。ドライバーふたりで毎週、多くのポイントを獲得する必要がある。それが、チャンピオンシップでリードを維持する唯一の方法だからだ」

セルジオ・ペレスと会話するクリスチャン・ホーナーとヘルムート・マルコ(レッドブル)
セルジオ・ペレス(レッドブル)と会話するクリスチャン・ホーナー(チーム代表)とヘルムート・マルコ(モータースポーツコンサルタント)


 レッドブルはペレスとの2026年までの契約を発表済みだが、チームの情報筋によると、サマーブレイク前の最後のグランプリであるベルギーGPが終わった段階で、ペレスがフェルスタッペンに100ポイント以上の差をつけられている場合、チームは違約金を支払うことなく、ペレスを降ろすことが可能だという。すべてのドライバーの契約書にパフォーマンス条項が含まれているものであり、ペレスとレッドブルの契約において、そういった条件が設けられていても不思議ではない。

セルジオ・ペレス(レッドブル)
2024年F1第10戦スペインGP セルジオ・ペレス(レッドブル)


 ペレスは、エミリア・ロマーニャからの6戦で15点しか獲得しておらず、イギリスGPではノーポイントに終わった。第12戦終了時点で、フェルスタッペンは255点を獲得、ペレスは118点にとどまり、その差は137点。あと2戦で100ポイント以内の差まで追いつくのは困難だろう。


 しかし、レッドブルは、ペレスを降ろすことが可能だとしても、後半戦から後任として起用したい理想的なドライバーがいないという深刻な問題を抱えている。多くの人は、レッドブル関連ドライバーリストのなかでは、角田裕毅が良い選択肢になり得ると考えるだろう。RBの角田はF1参戦4年目を迎え、非常に成熟し、チームメイトのダニエル・リカルドより良い成績を残している。しかし、ホーナーは角田の大ファンではないと広く考えられている。

マックス・フェルスタッペン(レッドブル)、角田裕毅(RB)、ダニエル・リカルド(RB)、セルジオ・ペレス(レッドブル)
2024年F1第8戦F1モナコGP マックス・フェルスタッペン(レッドブル)、角田裕毅(RB)、ダニエル・リカルド(RB)、セルジオ・ペレス(レッドブル)


 シルバーストンでメディアから、ペレスの代わりとして角田は適任だと思うかと聞かれた際に、ホーナーはあまり熱意を感じさせない様子でその問いに対して答えた。


「裕毅はレッドブル・レーシングのドライバーだ。彼はレッドブル・レーシングと契約を結んでいる。良いパフォーマンスを発揮しているため、再契約した。彼のパフォーマンスについてはよく分かっている」


 そう言ったホーナーは、「いつか(レッドブルで)テストをするかもしれない。それはまだ分からない」と付け足した。


 すでにレッドブルRB20でのテストが決定しているのは、リザーブドライバーのリアム・ローソンだ。ただ、ローソンが、今年のオランダGPからペレスの代わりを務めることができるかといえば、レッドブルでさえそのリスクは冒さないだろう。

リアム・ローソン(RBリザーブドライバー)
2024年F1第12戦イギリスGP リアム・ローソン(RBリザーブドライバー)


 1年近くレースに出ていないローソンをフェルスタッペンのチームメイトにすることは、ローソンのキャリアを台無しにする可能性がある。レッドブルはかつてピエール・ガスリーをシーズン途中に降ろしてアレクサンダー・アルボンを昇格させたことがあるが、それがアルボンにとって良い結果にはならなかった。彼は結局、レッドブルのシートを失い、1年間F1から離れた後、ウイリアムズでキャリアを構築し直さなければならなかった。そのことを、ホーナーは忘れてはいないだろう。


 リカルドが好調であれば、ホーナーにとって彼を乗せることが理想的だが、リカルドのパフォーマンスは今も、角田と比べると見劣りすることが多い。シルバーストンで今後について聞かれたリカルドは、自分の将来がどうなるか全く分からないと答えた。


「他のどこかに行くという確証はない。(F1では)クレイジーなことが起こり得るけれど、僕は、そういうことを考えたり口に出すような立場にはいない」

ダニエル・リカルド(RB)
2024年F1第12戦イギリスGP ダニエル・リカルド(RB)



(GrandPrix.com)




レース

7/19(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
7/20(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
7/21(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※イギリスGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン255
2位ランド・ノリス171
3位シャルル・ルクレール150
4位カルロス・サインツ146
5位オスカー・ピアストリ124
6位セルジオ・ペレス118
7位ジョージ・ラッセル111
8位ルイス・ハミルトン110
9位フェルナンド・アロンソ45
10位ランス・ストロール23

チームランキング

※イギリスGP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング373
2位スクーデリア・フェラーリ302
3位マクラーレン・フォーミュラ1チーム295
4位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラ1チーム221
5位アストンマーティン・アラムコ・フォーミュラ1チーム68
6位ビザ・キャッシュアップRB F1チーム31
7位マネーグラム・ハースF1チーム27
8位BWTアルピーヌF1チーム9
9位ウイリアムズ・レーシング4
10位ステークF1チーム・キック・ザウバー0

レースカレンダー

2024年F1カレンダー
第13戦ハンガリーGP 7/21
第14戦ベルギーGP 7/28
第15戦オランダGP 8/25
第16戦イタリアGP 9/1
第17戦アゼルバイジャンGP 9/15
  • 最新刊
  • F1速報

    Rd10 スペイン&Rd11 オーストリア&Rd12 イギリスGP号