F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

2024年F1第12戦イギリスGP決勝トップ10ドライバーコメント(1)

2024年7月9日

 2024年F1第12戦イギリスGPの決勝レースで6位〜10位に入賞したドライバーたちが日曜日を振り返った。6位〜10位のドライバーはニコ・ヒュルケンベルグ(ハース)、ランス・ストロール(アストンマーティン)、フェルナンド・アロンソ(アストンマーティン)、アレクサンダー・アルボン(ウイリアムズ)、角田裕毅(RB)だ。


■角田裕毅(ビザ・キャッシュアップRBフォーミュラ1チーム)
決勝=10位(52周/52周)
13番グリッド/タイヤ:ミディアム→インターミディエイト→ソフト

角田裕毅(RB)
2024年F1第12戦イギリスGP 角田裕毅(RB)

 良いレースでしたが、タフなレースでもありました。フリープラクティスでのペースから考えて、ドライコンディションならポイントを獲得するのは難しいと分かっていました。ウエットコンディションだったことが、前のグループとのギャップを小さく保つのに役立ったと思います。


 通常、これまでのレースでは、僕は雨を歓迎することはありませんでしたが、今日は雨が僕たちの助けになったと思います。1ポイントを獲得できたので、この結果を受け入れます。


 今は、今後に目を向けて前に進みます。この数週間で学んだことを、サマーブレイク前の2戦に生かすことを楽しみにしています。ハンガリーは高速と低速が混在しているので、自分たちの強みを生かして、トップ10内で戦いたいですね。


■アレクサンダー・アルボン(ウイリアムズ・レーシング)
決勝=9位(52周/52周)
9番グリッド/タイヤ:ミディアム→インターミディエイト→ミディアム

アレクサンダー・アルボン(ウイリアムズ)
2024年F1第12戦イギリスGP アレクサンダー・アルボン(ウイリアムズ)

 ターン3とターン4で接触があり、フロントウイングの一部を失ったので、最初はどうなることかと思ったよ。でも、それ以降はすべてがまあまあ良い感じに収まって、特に不満はなかった。いずれ雨が降り始めて、僕にとって第二のチャンスが来ることは分かっていた。だから、それまではじっと我慢して、機会が訪れるのを待つ必要があったんだ。


 レース中の判断の大部分は適切で、正しいタイミングで正しいタイヤを選べた。ピットストップで少しタイムロスがあったものの、クルマのダメージさえなければ、さらに多くのポイントを獲れたかもしれない。それでも僕は十分にハッピーだ。チームとして絶対に結果を残す必要があった週末にそれを実現できたし、しかもそれをホームグランプリで達成すれば、一層特別なものになるからね。


■フェルナンド・アロンソ(アストンマーティン・アラムコ・フォーミュラ1チーム)
決勝=8位(52周/52周)
10番グリッド/タイヤ:ミディアム→インターミディエイト→ミディアム

フェルナンド・アロンソ(アストンマーティン)
2024年F1第12戦イギリスGP フェルナンド・アロンソ(アストンマーティン)

 2台揃ってトップ10に入ってポイントを獲ったのは、チームにとって良い結果だ。今週末は競争力があると感じられたし、僕らの本来のポジションで戦えたように思う。過去何戦かと比べて、状況が良かったことに勇気づけられたよ。


 どの時点でウエットタイヤを履くべきか、あるいはドライを選ぶべきかの判断に悩まされるトリッキーなレースだった。僕自身に関して言えば、インターミディエイトへのスイッチを1周長く待ちすぎたと思う。とはいえ、そういう時の判断は、どうしてもある程度は運次第になってしまう。


 僕らにできるのは、とにかく改善を続けて、クルマからより高いパフォーマンスを引き出しながら、今後のレースに臨むことだけだ。


■ランス・ストロール(アストンマーティン・アラムコ・フォーミュラ1チーム)
決勝=7位(52周/52周)
8番グリッド/タイヤ:ミディアム→インターミディエイト→ミディアム

ランス・ストロール(アストンマーティン)
2024年F1第12戦イギリスGP ランス・ストロール(アストンマーティン)

 トリッキーなレースだったが、うまくマネージメントをして、チームのためにしっかりポイントを稼ぐことができた。スタートが決まって、最初の蹴り出しでニコ(・ヒュルケンベルグ)をとらえた。そして、数周後に雨が降り始め、ピットに入ってインターミディエイトに交換した。ドライタイヤでどこまで耐えられるかの判断は、いつだって難しいものだ。我慢をしすぎて、バリアに突っ込んで終わるなんて結末は避けたいからね。僕らは適切な判断をしたと思う。


 このトリプルヘッダーを、競争力のある週末で締めくくることができて良かったよ。チームの士気も一気に上向いた。この勢いをそのままハンガリーに持ち込みたい。


■ニコ・ヒュルケンベルグ(マネーグラム・ハースF1チーム)
決勝=6位(52周/52周)
6番グリッド/タイヤ:ミディアム→インターミディエイト→ソフト

ニコ・ヒュルケンベルグ(ハース)と小松礼雄チーム代表
2024年F1第12戦イギリスGP ニコ・ヒュルケンベルグ(ハース)と小松礼雄チーム代表

 チームの一員として最高にハッピーだ。ものすごい価値がある8ポイントを追加できた。そして、それ以上に重要なのは、このアップデートによってパフォーマンスが向上し、シーズンの残りのレースに向けて明るい見通しが持てることだ。いまや僕らがチームとして5番手の争いに加わっているのは間違いない。ポジティブであることは言うまでもないし、数週間前には誰もこうなるとは予想していなかった。


 序盤の雨がインターミディエイトを必要とするほど強くなかったので、トリッキーなレースになった。高速コーナーがいくつもあるこのサーキットを、あの時点のようなグリップレベルで走るのはものすごくリスキーだったが、僕は何とかクリーンに走り続けて、スタートで失った順位を取り戻すことができた。



(autosport web)




レース

7/19(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
7/20(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
7/21(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※イギリスGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン255
2位ランド・ノリス171
3位シャルル・ルクレール150
4位カルロス・サインツ146
5位オスカー・ピアストリ124
6位セルジオ・ペレス118
7位ジョージ・ラッセル111
8位ルイス・ハミルトン110
9位フェルナンド・アロンソ45
10位ランス・ストロール23

チームランキング

※イギリスGP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング373
2位スクーデリア・フェラーリ302
3位マクラーレン・フォーミュラ1チーム295
4位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラ1チーム221
5位アストンマーティン・アラムコ・フォーミュラ1チーム68
6位ビザ・キャッシュアップRB F1チーム31
7位マネーグラム・ハースF1チーム27
8位BWTアルピーヌF1チーム9
9位ウイリアムズ・レーシング4
10位ステークF1チーム・キック・ザウバー0

レースカレンダー

2024年F1カレンダー
第13戦ハンガリーGP 7/21
第14戦ベルギーGP 7/28
第15戦オランダGP 8/25
第16戦イタリアGP 9/1
第17戦アゼルバイジャンGP 9/15
  • 最新刊
  • F1速報

    Rd10 スペイン&Rd11 オーストリア&Rd12 イギリスGP号