F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

ドライバーラインアップなどをめぐり、アウディF1技術開発部門の責任者とザウバーCEOザイドルが対立か

2024年7月4日

 アウディのF1プログラムの経営陣にトラブルが起きているとのうわさがある。アウディ技術開発部門の責任者であるオリバー・ホフマンとザウバー・グループCEOのアンドレアス・ザイドルが対立し、お互いを追い出すために争っているというのだ。


 2025年初めの加入に向けてカルロス・サインツを獲得できず、来年のニコ・ヒュルケンベルグのパートナー候補についてよい選択肢がなくなるリスクがあることで、アウディの経営陣の緊張は高まっている。また、ザウバーが今年まだポイントを獲得していない唯一のチームであるという事実が、社内の雰囲気の改善に役立っていないのは確かだ。

アンドレアス・ザイドル&オリバー・ホフマン
2024年F1第11戦オーストリアGP アンドレアス・ザイドル(ザウバー・グループCEO)&オリバー・ホフマン(アウディ技術開発部門の責任者)


 エグゼクティブ・アドバイザーとしてアルピーヌF1に加わったフラビオ・ブリアトーレが、アルピーヌのマシンにメルセデスのパワーユニットが搭載されることを保証でき次第、サインツは彼らのオファーを受けるのか、それによりバルテリ・ボッタスがウイリアムズに行く可能性が高くなるのか、程度の差はあるが誰にとってもはっきりとしていない。ボッタスのマネジメント陣とジェームズ・ボウルズ代表の間の交渉は現在全速力で行われている。また、エステバン・オコンは、彼に近い情報筋によるとザウバーよりはハースに行くことを望んでいるという。


 そのため、ザイドルは現在リアム・ローソンを確保しようとしている。先週末にマネージャーのマーク・ウエーバーは、オーストリアでザイドルとかなりの時間を過ごしたが、ローソンの将来はレッドブルの手に委ねられており、彼は角田裕毅のチームメイトとして2025年にRBに留まる可能性がある。


 そうなるとザイドルの選択肢は、ケビン・マグヌッセンやダニエル・リカルドのような苦戦しているベテランか、現ドライバーの周冠宇、または実績のない若手ドライバーのフェリペ・ドルゴビッチ、ポール・アーロン、ガブリエル・ボルトレート、チームのジュニアドライバーのゼイン・マローニらに限定されることになる。そして、これらの見通しはどれもアウディの取締役会を喜ばせることはなさそうだ。

リアム・ローソン
レッドブルとRBのリザーブドライバーを務めるリアム・ローソン


 舞台裏では、ホフマンとザイドルの間で絶え間ない戦いが繰り広げられている。ドイツの情報筋によると、ホフマンはアンドレアス・ザイドルを解任し、後任としてアストンマーティンのマイク・クラックを引き入れてアウディF1のチーム代表に据え、自身はザウバー・グループCEO兼アウディ最高代表に就任するつもりだという。同時に、同じ情報筋によれば、ザイドルはホフマンを解任するよう取締役会に圧力をかけており、彼が最高代表として持っているすべての権限によって、やはりクラックをチーム代表に任命するということだ。


 しかしホフマンは、アウディの上層部からも圧力を受けているようだ。ドイツのメディアは、同社の最高経営責任者であるゲルノート・デルナーが、市販車プロジェクトの開発が行き詰まっていることをホフマンの責任として彼の解任を望んでいると報じている。


 トップがこれだけ不安定になっていることから、サインツと彼のマネジメント陣が、アウディのF1プロジェクトへの参加にあまり熱心でないのも不思議ではない。下位組織の技術部門でさえ、主要メンバーの一部が積極的に外部で仕事を探している兆候が見られている。彼らはザイドルがチームのCEOになってからというもの、この18カ月の進歩の欠如に幻滅しているのだという。

マイク・クラック代表(アストンマーティン)
2024年F1第11戦オーストリアGP マイク・クラック代表(アストンマーティン)



(Grandprix.com)




レース

7/5(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
7/6(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
7/7(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※イギリスGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン255
2位ランド・ノリス171
3位シャルル・ルクレール150
4位カルロス・サインツ146
5位オスカー・ピアストリ124
6位セルジオ・ペレス118
7位ジョージ・ラッセル111
8位ルイス・ハミルトン110
9位フェルナンド・アロンソ45
10位ランス・ストロール23

チームランキング

※イギリスGP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング373
2位スクーデリア・フェラーリ302
3位マクラーレン・フォーミュラ1チーム295
4位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラ1チーム221
5位アストンマーティン・アラムコ・フォーミュラ1チーム68
6位ビザ・キャッシュアップRB F1チーム31
7位マネーグラム・ハースF1チーム27
8位BWTアルピーヌF1チーム9
9位ウイリアムズ・レーシング4
10位ステークF1チーム・キック・ザウバー0

レースカレンダー

2024年F1カレンダー
第12戦イギリスGP 7/7
第13戦ハンガリーGP 7/21
第14戦ベルギーGP 7/28
第15戦オランダGP 8/25
第16戦イタリアGP 9/1
  • 最新刊
  • F1速報

    Vol.6 第7戦エミリア・ロマーニャGP & 第8戦モナコGP & 第9戦カナダGP号