F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

フェルスタッペンの動き方に不満を述べたノリス。レッドブルのマルコは「無線での振る舞いは情けない」と一蹴

2024年7月4日

 レッドブルのモータースポーツコンサルタントを務めるヘルムート・マルコは、F1第11戦オーストリアGPでマックス・フェルスタッペン(レッドブル)について無線で抗議したマクラーレンのランド・ノリスを厳しく非難し、ノリスの不満を「情けない」ことだと述べた。


 レース終盤に繰り広げられたフェルスタッペンとノリスの激しい首位争いは、物議を醸すクラッシュで終わり、両ドライバーのレースは台無しになった。衝突前に、ノリスはレッドブルリンクの上り坂のターン3のヘアピンに何度か進入しようとしていた。フェルスタッペンはこれに対し、ブレーキング中にわずかにラインを変えて自身のポジションを守ったが、ノリスはそれをルール違反だと非難した。


 ノリスはチーム無線を通じて繰り返し不満をぶちまけた。特にフェルスタッペンがディフェンス中に一時的にコースアウトしていたこともあり、スチュワードに対し、フェルスタッペンにペナルティを科すよう要求した。


 しかしながら、マルコはノリスの物悲しいコミュニケーションにまったく感心しなかった。


「ノリスの無線での振る舞いは情けないものだった」とマルコは『OE24』に語った。


「しかし、こういうことは起こり得るし、私はこれをレーシングインシデントとして片付けるつもりだが、ノリスが限界を超えた可能性の方が高い」

ランド・ノリス(マクラーレン)
2024年F1第11戦オーストリアGP マックス・フェルスタッペン(レッドブル)との接触後、ランド・ノリス(マクラーレン)はレースをリタイアした


 コース上での対立にさらに複雑さを加えているのが、ノリスとフェルスタッペンの親しい友人関係だ。レース後、明らかに憤慨したノリスは、フェルスタッペンがインシデントについて謝罪しなければ、ふたりの関係は損なわれるかもしれないと示唆した。だがマルコはふたたびノリスの態度に異議を唱えた。


「マックスは謝罪すべきだというノリスのコメントは、実際には何の助けにもならない。しかし、彼らは会って雑談するだろう」


「彼らはいつもは一緒に飛行機に乗るが、今回は別々に移動していた。だからマックスの帰りのフライトは静かだった」


 両ドライバーは別々に帰国したが、今週の第12戦イギリスGPを前に簡単な会話で友情の亀裂を修復できるのか、それとも先週末の事件がふたりのドライバーの間に永久的な溝を作ってしまうのかはまだわからない。

2位ランド・ノリス(マクラーレン)と優勝したマックス・フェルスタッペン(レッドブル)
2024年F1第9戦カナダGP 2位ランド・ノリス(マクラーレン)と優勝したマックス・フェルスタッペン(レッドブル)



この記事は f1i.com 提供の情報をもとに作成しています



(autosport web)




レース

7/5(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
7/6(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
7/7(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※イギリスGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン255
2位ランド・ノリス171
3位シャルル・ルクレール150
4位カルロス・サインツ146
5位オスカー・ピアストリ124
6位セルジオ・ペレス118
7位ジョージ・ラッセル111
8位ルイス・ハミルトン110
9位フェルナンド・アロンソ45
10位ランス・ストロール23

チームランキング

※イギリスGP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング373
2位スクーデリア・フェラーリ302
3位マクラーレン・フォーミュラ1チーム295
4位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラ1チーム221
5位アストンマーティン・アラムコ・フォーミュラ1チーム68
6位ビザ・キャッシュアップRB F1チーム31
7位マネーグラム・ハースF1チーム27
8位BWTアルピーヌF1チーム9
9位ウイリアムズ・レーシング4
10位ステークF1チーム・キック・ザウバー0

レースカレンダー

2024年F1カレンダー
第12戦イギリスGP 7/7
第13戦ハンガリーGP 7/21
第14戦ベルギーGP 7/28
第15戦オランダGP 8/25
第16戦イタリアGP 9/1
  • 最新刊
  • F1速報

    Vol.6 第7戦エミリア・ロマーニャGP & 第8戦モナコGP & 第9戦カナダGP号