F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

レッドブルF1、ライバルのパフォーマンス向上はフレキシブルウイングの効果と疑う

2024年6月21日

 レッドブルは、マクラーレン、フェラーリ、そしてメルセデスが急速にパフォーマンスを向上させていることを警戒し、ライバルのマシンを詳細にチェックしている。


 この数戦、レッドブルはかつてのような圧倒的な優位性を示しておらず、マックス・フェルスタッペンは、イモラとモントリオールでは辛うじて勝ったものの、モナコでは完全に敗北した。


 モータースポーツには奇跡はなく、パフォーマンス向上には何らかの理由がある。レッドブルは他のマシンについて詳細に分析を行い、初期の見解として、ライバルたちの新しいフロントウイングが、過度にたわんでいるのではないかという点に行き着いた。

ルイス・ハミルトン(メルセデス)
2024年F1第9戦カナダGP ルイス・ハミルトン(メルセデス)


 メルセデスは、2台に新型フロントウイングを導入したカナダで大きく前進した。FP3でルイス・ハミルトンがマークしたトップタイムにレッドブルは衝撃を受け、経験豊富なポール・モナハン率いる現地チームが、W15の走行中の映像や写真をすべてチェックした。その結果、速度が200km/hを超えるとフロントウイングのアッパーエレメントに著しいたわみが見られるという結論に至った。


 もちろん、これらのエレメントはFIAの静的テストをパスしており、レギュレーション上、合法と判断されている。だが、レッドブルはFIAの技術代表に対し、映像資料も添えて、W15のフロントウイングの柔軟性とノーズを監視するよう、非公式に要請したとの説も出ている。

ジョージ・ラッセル(メルセデス)とマックス・フェルスタッペン(レッドブル)
2024年F1第9戦カナダGP ジョージ・ラッセル(メルセデス)とマックス・フェルスタッペン(レッドブル)


 フレキシブルウイングの問題は、過去数年、繰り返し浮上している。チームが目指しているのは、速度が出ているときに弾力性を発揮させて、ドラッグ効果を減らし、コーナーで必要なダウンフォースを損なうことなく、高い直線スピードを達成ことだ。FIAは静的荷重テストを行っているが、チームは目的を達成しつつ、検査にパスする方法を見つける努力を、絶え間なく行っている。


 長年にわたり、FIAはこの問題に関して、技術指示書を何度も発行している。昨年は夏にウイングのたわみについての技術指令がチーム側に送られた。


 カーボンファイバーの弾力性を効率的に活用するのは、簡単なことではない。キック・ザウバーは最近、リヤウイングに亀裂が入るという問題に見舞われた。カーボンファイバーを可能な限り柔軟にし、速度が低下すると、構造的損傷を受けることなく元の形状に戻るようにするための方法を、誰もが見出しているわけではないのだ。

マックス・フェルスタッペン(レッドブル)、ランド・ノリス(マクラーレン)、ジョージ・ラッセル(メルセデス)
2024年F1第9戦カナダGP トップ3のマシン:マックス・フェルスタッペン(レッドブル)、ランド・ノリス(マクラーレン)、ジョージ・ラッセル(メルセデス)



(GrandPrix.com)




レース

7/5(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
7/6(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
7/7(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※イギリスGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン255
2位ランド・ノリス171
3位シャルル・ルクレール150
4位カルロス・サインツ146
5位オスカー・ピアストリ124
6位セルジオ・ペレス118
7位ジョージ・ラッセル111
8位ルイス・ハミルトン110
9位フェルナンド・アロンソ45
10位ランス・ストロール23

チームランキング

※イギリスGP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング373
2位スクーデリア・フェラーリ302
3位マクラーレン・フォーミュラ1チーム295
4位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラ1チーム221
5位アストンマーティン・アラムコ・フォーミュラ1チーム68
6位ビザ・キャッシュアップRB F1チーム31
7位マネーグラム・ハースF1チーム27
8位BWTアルピーヌF1チーム9
9位ウイリアムズ・レーシング4
10位ステークF1チーム・キック・ザウバー0

レースカレンダー

2024年F1カレンダー
第12戦イギリスGP 7/7
第13戦ハンガリーGP 7/21
第14戦ベルギーGP 7/28
第15戦オランダGP 8/25
第16戦イタリアGP 9/1
  • 最新刊
  • F1速報

    Vol.6 第7戦エミリア・ロマーニャGP & 第8戦モナコGP & 第9戦カナダGP号