F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

2024年F1第9戦カナダGP決勝トップ10ドライバーコメント(1)

2024年6月11日

 2024年F1第9戦カナダGPの決勝レースで6位〜10位に入賞したドライバーたちが日曜日を振り返った。6位〜10位のドライバーはフェルナンド・アロンソ(アストンマーティン)、ランス・ストロール(アストンマーティン)、ダニエル・リカルド(RB)、ピエール・ガスリー(アルピーヌ)、エステバン・オコン(アルピーヌ)だ。


■エステバン・オコン(BWTアルピーヌF1チーム)
決勝=10位(70周/70周)
18番グリッド/タイヤ:インターミディエイト→ミディアム

エステバン・オコン(アルピーヌ)
2024年F1第9戦カナダGP エステバン・オコン(アルピーヌ)

 2台揃ってポイントを獲れたことに、チームの一員として満足している。僕らはスゴいレースをした。グリッド後方からスタートして、ポイント獲得までこぎ着けたのだから。チームにとって素晴らしい結果だ。


 僕はレースのスタート直前に、グリッド上でクルマの修理を強いられた。懸命に作業をしてくれたメカニックたちに心から感謝している。レース終盤にはエネルギーマネジメントに問題が起きて、バッテリーの力を最大限に引き出せなかった。


 残り2周になったところで、ピエールを先行させろとの指示を受けた。彼に前を行くダニエルにアタックさせるためだ。僕はピエールを前に出し、ファイナルラップまであと1周という段階でひとつ順位を下げた。与えられた指示を守って、チームにとって最善のことをしたんだ。


(レース後にメディアに対して語り)2台とも後方からスタートし、ポイント圏内に入った。チームにとって素晴らしいことだ。僕は自分の仕事を果たした。チームプレイヤーとして、ナイスガイとして振る舞った。ナイスガイすぎたぐらいだ。


 終盤、ピエールを前に出さなければならなかった。僕は常にチームの指示には従っている。だけど、この指示には何の理由もない。ダニエルをつかまえるというのが今回の指示の理由だったが、ダニエルに追いつける見込みはなかった。


 それによって僕は1ポイントを失った。ナイスガイすぎるのは、F1の世界に身を置くうえで正しい姿勢ではない。それでも僕は、自分がチームプレイヤーであることを示した。それが重要だ。


■ピエール・ガスリー(BWTアルピーヌF1チーム)
決勝=9位(70周/70周)
15番グリッド/タイヤ:インターミディエイト→インターミディエイト→ハード

ピエール・ガスリー(アルピーヌ)とセルジオ・ペレス(レッドブル)が接触
2024年F1第9戦カナダGP ピエール・ガスリー(アルピーヌ)とセルジオ・ペレス(レッドブル)が接触

 今年になって初めて、2台がポイント圏内でフィニッシュしたのだから、チームとして大いに満足できる結果だ。


 レースのスタート直後にターン2でセルジオ(・ペレス/レッドブル)との接触があり、僕はそこでいくつかポジションを落とした。その後はとにかく挽回に専念したよ。戦略面でも機に乗じた良い判断をして、まだみんながインターミディエイトで走っているうちに、ピットに入ってハードに履き替えた。振り返ってみると、もう1周待つべきだったのかもしれない。でも、結果的にはうまくいって、まずまずのペースを発揮し、スタートで失った順位を取り戻すことができた。


 終盤には、チームとして最大限のポイントを持ち帰るために、2台のポジションを入れ替えてダニエル(・リカルド/RB)から8位を奪おうと試みた。こうして獲得したポイントと、みんなが力を合わせた見事なチームワークに満足していいと思う。


■ダニエル・リカルド(ビザ・キャッシュアップRBフォーミュラ1チーム)
決勝=8位(70周/70周)
5番グリッド/タイヤ:インターミディエイト→インターミディエイト→ミディアム

ダニエル・リカルド(RB)の8位入賞を祝うチーム
2024年F1第9戦カナダGP ダニエル・リカルド(RB)の8位入賞を祝うチーム

 今回は出だしから良い週末だった。難しいコンディションで、今日はこんな風にクレイジーなレースになったことを考えると、ポイント獲得という結果で終えることができてうれしい。


 ジャンプスタートでペナルティを受けた。ライトを無視していないことは分かっていたので、混乱した。でも、スタート中に、マシンが動いている感じがしたことを思い出した。マシンに問題があったので、この後、確認する。でもこのことで、僕たちは後退することになった。


 インターミディエイトへの交換でピットストップした時、ステイアウトしたマシンの後ろに下がって、いくつかポジションを落とし、新しいタイヤからもパフォーマンスをあまり引き出せなかった。


 入賞圏外に下がってしまい、レースが僕たちの手から離れていくように思えた。でも終盤に路面が乾いてきて、ミディタムタイヤを履いた後、何台か抜いて、トップ10に戻ることができた。少しほっとしたよ。


 今回はかなりスムーズな週末を過ごせたのでうれしい。後続の他の中団チームに対するギャップを広げることもできた。


■ランス・ストロール(アストンマーティン・アラムコ・フォーミュラ1チーム)
決勝=7位(70周/70周)
9番グリッド/タイヤ:インターミディエイト→インターミディエイト→ハード

ランス・ストロール(アストンマーティン)
2024年F1第9戦カナダGP ランス・ストロール(アストンマーティン)

 今日のパフォーマンスに大満足だ。トリッキーなレースだった。僕の記憶にある中では最高にトリッキーなレースのひとつかもしれない。コンディションが絶えず変化し、一瞬たりとも気を抜けなかったが、うまく対処できた。


 最初のスティント、特に路面が乾き始めてからは、タイヤマネージメントがすべてだった。そして、セーフティカーランの間にピットに入り、2セット目のインターミディエイトに交換できた。ハードタイヤにスイッチするタイミングの判断も良く、ミスをするドライバーも多い中で、クルマをコース上にとどめておくことができた。


 サーキットの特性がこのクルマに合っていたのは間違いない。けれども、僕らも集中を切らさず、訪れたチャンスを最大限に生かして、いい仕事をした。


■フェルナンド・アロンソ(アストンマーティン・アラムコ・フォーミュラ1チーム)
決勝=6位(70周/70周)
6番グリッド/タイヤ:インターミディエイト→インターミディエイト→ハード

フェルナンド・アロンソ(アストンマーティン)とルイス・ハミルトン(メルセデス)
2024年F1第9戦カナダGP フェルナンド・アロンソ(アストンマーティン)とルイス・ハミルトン(メルセデス)

 チームとして、いいレースができた。とてもチャレンジングな週末を、6位と7位で終えたのだから良い結果だと思う。より楽観的な気持ちでバルセロナへ向かえるよ。


 僕自身に関して言えば、降ったり晴れたりのコンディションにもかかわらず、孤独なレースになった。前方のトップ5のクルマはちょっと速すぎて、僕らにできることはあまりなかったし、後方からの脅威もそれほど多くはなかったからだ。気まぐれなコンディションのおかげで精神的に疲れたよ。とにかくミスを避けなければならず、タイヤも適切なタイミングで交換する必要があった。


 何よりも大きいのは、僕らが2台を無事に完走させ、チームとしてダブルポイントを記録したことだ。



(autosport web)




レース

7/19(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
7/20(土) フリー走行3回目 19:30〜20:30
予選 23:00〜
7/21(日) 決勝 22:00〜


ドライバーズランキング

※イギリスGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン255
2位ランド・ノリス171
3位シャルル・ルクレール150
4位カルロス・サインツ146
5位オスカー・ピアストリ124
6位セルジオ・ペレス118
7位ジョージ・ラッセル111
8位ルイス・ハミルトン110
9位フェルナンド・アロンソ45
10位ランス・ストロール23

チームランキング

※イギリスGP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング373
2位スクーデリア・フェラーリ302
3位マクラーレン・フォーミュラ1チーム295
4位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラ1チーム221
5位アストンマーティン・アラムコ・フォーミュラ1チーム68
6位ビザ・キャッシュアップRB F1チーム31
7位マネーグラム・ハースF1チーム27
8位BWTアルピーヌF1チーム9
9位ウイリアムズ・レーシング4
10位ステークF1チーム・キック・ザウバー0

レースカレンダー

2024年F1カレンダー
第13戦ハンガリーGP 7/21
第14戦ベルギーGP 7/28
第15戦オランダGP 8/25
第16戦イタリアGP 9/1
第17戦アゼルバイジャンGP 9/15
  • 最新刊
  • F1速報

    Rd10 スペイン&Rd11 オーストリア&Rd12 イギリスGP号