F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

今年最初のFP1走行を終えたベアマン「パフォーマンスに満足。最初から快適で、舞台裏の作業が報われた」/F1第7戦金曜

2024年5月18日

 2024年F1第7戦エミリア・ロマーニャGPの初日、マネーグラム・ハースF1チームはフリー走行1回目にリザーブドライバーのオリバー・ベアマンを起用した。ベアマンは31周を走り、ベストタイムは1分18秒667で15番手でセッションを終えた。


 フェラーリドライバーアカデミー(FDA)の一員であるベアマンは今年、FIA F2に参戦しながら、フェラーリとハースのリザーブドライバーを務めている。このエミリア・ロマーニャGPもF2と併催であり、FP1の前にF2のフリー走行に参加したベアマンだったが、終盤にクラッシュを喫した。


 ベアマンは昨年もハースからFP1やシーズン後のテストに参加しており、すでに現行のF1マシンをドライブした経験を持っており、今年は第2戦サウジアラビアGPでカルロス・サインツ(フェラーリ)の代役としてF1デビューを果たした。急遽FP3からフェラーリのステアリングを握ったベアマンは、予選で11番手、決勝レースでは7位に入賞する活躍を見せた。


 ケビン・マグヌッセンのマシンでFP1を走ったベアマンは、次のようにコメントした。


「FP1での自分のパフォーマンスには本当に満足している。赤旗のせいでセッションは少し短くなったが、クルマのスピードの上げ方にはかなり満足だ。F2でもフリー走行を走ったことで、かなり早くステップアップできた」


「最初の方の周回から非常に快適に感じていたので、舞台裏で行っているすべての作業が報われたと思う。ロングランもうまくいき、昨年と比べると、マシンは進歩していると感じている。ここまで素晴らしいシーズンを送っているみんなを誇りに思うし、もう一度マシンに乗るのが待ちきれない」


 なおベアマンは、今年はエミリア・ロマーニャGPを含む6つのグランプリでFP1に参加することになっており、今後はスペインGP、イギリスGP、ハンガリーGP、メキシコシティGP、アブダビGPでもVF-24をドライブする予定だ。

マーク・スレード&オリバー・ベアマン(ハース)
2024年F1第7戦エミリア・ロマーニャGPフリー走行1回目 担当エンジニアのマーク・スレード&オリバー・ベアマン(ハース)

オリバー・ベアマン(ハース)
2024年F1第7戦エミリア・ロマーニャGPフリー走行1回目 VF-24に乗り込むオリバー・ベアマン(ハース)

オリバー・ベアマン(ハース)
2024年F1第7戦エミリア・ロマーニャGPフリー走行1回目 オリバー・ベアマン(ハース)

オリバー・ベアマン(ハース)
2024年F1第7戦エミリア・ロマーニャGPフリー走行1回目 オリバー・ベアマン(ハース)



(autosport web)




レース

6/21(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
6/22(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
6/23(日) 決勝 22:00〜


ドライバーズランキング

※カナダGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン194
2位シャルル・ルクレール138
3位ランド・ノリス131
4位カルロス・サインツ108
5位セルジオ・ペレス107
6位オスカー・ピアストリ81
7位ジョージ・ラッセル69
8位ルイス・ハミルトン55
9位フェルナンド・アロンソ41
10位角田裕毅19

チームランキング

※カナダGP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング301
2位スクーデリア・フェラーリ252
3位マクラーレン・フォーミュラ1チーム212
4位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラ1チーム124
5位アストンマーティン・アラムコ・フォーミュラ1チーム58
6位ビザ・キャッシュアップRB F1チーム28
7位マネーグラム・ハースF1チーム7
8位BWTアルピーヌF1チーム5
9位ウイリアムズ・レーシング2
10位ステークF1チーム・キック・ザウバー0

レースカレンダー

2024年F1カレンダー
第10戦スペインGP 6/23
第11戦オーストリアGP 6/30
第12戦イギリスGP 7/7
第13戦ハンガリーGP 7/21
第14戦ベルギーGP 7/28
  • 最新刊
  • F1速報

    Vol.6 第7戦エミリア・ロマーニャGP & 第8戦モナコGP & 第9戦カナダGP号