F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

アメリカ・シカゴでF1開催の噂。郡代表はNASCARを優先か「どちらかにならざるを得ない」

2024年5月16日

 アメリカでは、近い将来シカゴでF1レースが開催されるといううわさが流れているものの、可能性はかなり低いようだ。


 このうわさは、アメリカ特許商標庁の記録によると、F1が1月19日に“シカゴ・グランプリ”、および類似の名称の商標を出願したことから生じた。もちろんこの動きは、新しい会場候補についてのF1の方針に沿ったものであることが多い。


 大きな見返りを求めて、ほんの少しのお金を投資してそのような名称を登録することを決めた人々から、商標を購入しなければならない事態を避けるためだ。


 シカゴの郡代表ブライアン・ホプキンスは、「F1は通常、最低10年の契約を要求すると伝えられたし、そこには交渉の余地がないように見える」と説明し、次のように付け加えた。


「彼らとの会話はそれ以上のものではなかった」


 NASCARがシカゴと3年契約を結んでおり、市の中心部近くでレースを開催しているという事実も、“ウィンディ・シティ”がF1との契約を確保するにはほど遠いことを明らかにしている。

シカゴの市街地コースで開催された2023NASCARカップ・シリーズ第20戦
シカゴの市街地コースで開催された2023NASCARカップ・シリーズ第20戦『グラントパーク220』


 別の郡の代表者は「NASCARかF1か、どちらか一方にならざるを得ないだろう」と説明しており、NASCARのレースが大きな成功を収めていることを考えると、地元当局にははるかに高額な契約をF1と結ぼうという意欲はないのではないだろうか。


 F1との契約が合意に至った場合、シカゴ市が負わなければならない財政負担は、NASCARを開催するために支払っている金額の約10倍となる。そのうえホプキンスは、「NASCARでやったように、マンホールの蓋を溶接し、道路の穴を塞いでそれをトラックと呼ぶことはF1ではできない。トラックの設営はより複雑であり、価格も高い」と語っている。


 F1に近い情報筋によると、ニューヨークでグランプリを開催する計画は引き続き後回しにされており、シカゴでグランプリを開催するというアイデアも目新しいものではない。しかし、現在アメリカの3つの開催地であるオースティン、マイアミ、ラスベガスのいずれかがチャンピオンシップから撤退することを決めた場合か、少なくとも国内で4番目のレースをローテーション制で開催することに合意した場合のみ、計画が進められるということだ。


 今のところ、既存の契約は少なくとも2027年末まで続くため、翌年の初頭までシカゴがF1との契約を結ぶことはないだろう。

シカゴの市街地コースで開催された2023NASCARカップ・シリーズ第20戦
シカゴの市街地コースで開催された2023NASCARカップ・シリーズ第20戦『グラントパーク220』



(GrandPrix.com
Translation: AKARAG)




レース

5/24(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
5/25(土) フリー走行3回目 19:30〜20:30
予選 23:00〜
5/26(日) 決勝 22:00〜


ドライバーズランキング

※エミリア・ロマーニャGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン161
2位シャルル・ルクレール113
3位セルジオ・ペレス107
4位ランド・ノリス101
5位カルロス・サインツ93
6位オスカー・ピアストリ53
7位ジョージ・ラッセル44
8位ルイス・ハミルトン35
9位フェルナンド・アロンソ33
10位角田裕毅15

チームランキング

※エミリア・ロマーニャGP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング268
2位スクーデリア・フェラーリ212
3位マクラーレン・フォーミュラ1チーム154
4位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラ1チーム79
5位アストンマーティン・アラムコ・フォーミュラ1チーム44
6位ビザ・キャッシュアップRB F1チーム20
7位マネーグラム・ハースF1チーム7
8位BWTアルピーヌF1チーム1
9位ウイリアムズ・レーシング0
10位ステークF1チーム・キック・ザウバー0

レースカレンダー

2024年F1カレンダー
第8戦モナコGP 5/26
第9戦カナダGP 6/9
第10戦スペインGP 6/23
第11戦オーストリアGP 6/30
第12戦イギリスGP 7/7
  • 最新刊
  • F1速報

    Vol.5 第5戦中国GP & 第6戦マイアミGP