F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

突然の「奇妙な」失速。上海でのペース不足に困惑するフェラーリ、代表はトラックの特殊性が関係と睨む

2024年4月24日

 フェラーリは、週末を通して競争力が欠けていたことに困惑しつつ4月19〜21日にF1中国GPが行われた上海インターナショナル・サーキットを後にした。


『SF-24』と相性がよいコースだという確信を持って中国に到着したスクーデリア・フェラーリだが、彼らは週末の始まりから苦戦した。レッドブルとのギャップは今季最大となり、シャルル・ルクレールとカルロス・サインツにとっては、マクラーレンさえも手の届かないところにいた。


 サインツはスプリント・シュートアウトで5番手となり、ルクレールは4位で短いレースを終えたが、メインの予選セッションでは6番手と7番手にとどまり、フェルスタッペン(レッドブル)のベストタイムから0.6秒以上離されていた。ルクレールは、土曜日のメインレースでも順位は変わらず、チームメイトに先んじて4位でフィニッシュしたが、ペース不足に明らかに困惑していた。


 ルクレールはいつものように率直に認めた。「チームとして、とくにハードタイヤではこのことに対する答えを見つけられなかったと思う。少し奇妙だ。なぜなら、今年の初めからこのマシンは、あらゆるコンディションかつ、すべてのタイヤでとても安定した強さがあったからだ」


「今日はちょっと特殊だ。ハードを履いた途端に0.5秒も遅れてしまったからね。だからとても奇妙だ。このことを調べ、何が悪かったのか理解するつもりだ」


 最初のピットストップを終えて3番手に浮上できたことで、ルクレールはノリスと戦えるという自信を持った。


「ランド(・ノリス/マクラーレン)については、最初は彼と戦うことになると思っていた。セーフティカーが出てリセットされるまでは、うまくタイヤマネジメントができていたんだ。すべての戦略については、少々残念だ。僕たちは良い仕事をしていたと思う。その後のハード(タイヤ)ではただ遅かっただけだ」


 僚友のサインツも同じ問題に遭遇した。ジョージ・ラッセル(メルセデス)の早めのピットストップに反応して彼をオーバーカットしようとしたことから、状況は悪化した。「僕たちはメルセデスを追って抜こうとしたが、彼は早めにピットストップした。僕たちは反応して、かなり早い段階でハードタイヤを履いた。そのために、ハードタイヤでの最後のスティントがとても長くなった。ハードタイヤを使い切るのは常に難しいことだが、なんとかやり遂げて5位をキープできた。この状況では、5位が僕たちが今日達成できるベストの順位だったと思う」

突然の「奇妙な」失速。上海でのペース不足に困惑するフェラーリ、代表はトラックの特殊性が関係と睨む
2024年F1第5戦中国GP カルロス・サインツ(フェラーリ)

■特殊性を主張も「誰もが同じ状況」

 サインツは、「基本的に、僕たちは今週末あまり速くなかった。予選は6番手と7番手だったし、マシンのペースもあまりなかった」と中国GPでのスピード不足を認めた。


「レースではもっと速く走れると思っていたが、あまり良い結果が出なかった。だからこのタイプのコースが僕たちにとってもっとも難しいものであったのは明らかだ」


「セットアップでやったことをすべて見直して、改善するために懸命に取り組まなければならない。このコースが僕たちに合わなかったのは確かだね」


 レース後、チーム代表のフレデリック・バスールは満足しておらず、次のようにはっきりと語った。「チームとして、自分たちが持っているものでベストを尽くさなければならないが、今週末はそうすることができなかった。けれども、それは週末ごとに状況が大きく変化しているからではない」


 彼はフェラーリSF-24の突然のペース不足について「コースやターマック(舗装)が少し関係している可能性がある」と述べた。


「今週末はフォーマットのせいもあったが、ターマックを理解するのが非常に難しかった。なぜなら金曜日の午前中にソフトで1スティントを走り、その後ミディアムでレースに臨んだが、その前はミディアムで走行しておらず、予選でワンラップを走ったからだ。つまり、このような状況の理解、たとえば状況へのアプローチは、最後に違いを生むことができるということだ。なぜなら、我々はコンマ1秒について話しているのであって、0.5秒の話はしていないためだ」


 それでもなお、バスールは言い訳を探しているのではないと断言した。「それは誰にとっても同じだ。上海では誰もテストできない! 確かに、この世代のマシンで上海に戻ったのは初めてだったし、ターマックのコーティングや塗装は週末にかけてコースが大幅によくなったので、おそらく役に立たなかったのだろう」


「だが、繰り返しになるが、これは決して言い訳ではない。誰もが同じ状況にあり、一部のチームは他のチームよりもうまく対処している。より万全の準備ができたかといったことを理解しなければならないが、ここはかなり特殊だったと思う」

突然の「奇妙な」失速。上海でのペース不足に困惑するフェラーリ、代表はトラックの特殊性が関係と睨む
2024年F1第5戦中国GP チーム代表のフレデリック・バスール(フェラーリ)



(Grandprix.com
Translation: AKARAG)




レース

5/24(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
5/25(土) フリー走行3回目 19:30〜20:30
予選 23:00〜
5/26(日) 決勝 22:00〜


ドライバーズランキング

※エミリア・ロマーニャGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン161
2位シャルル・ルクレール113
3位セルジオ・ペレス107
4位ランド・ノリス101
5位カルロス・サインツ93
6位オスカー・ピアストリ53
7位ジョージ・ラッセル44
8位ルイス・ハミルトン35
9位フェルナンド・アロンソ33
10位角田裕毅15

チームランキング

※エミリア・ロマーニャGP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング268
2位スクーデリア・フェラーリ212
3位マクラーレン・フォーミュラ1チーム154
4位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラ1チーム79
5位アストンマーティン・アラムコ・フォーミュラ1チーム44
6位ビザ・キャッシュアップRB F1チーム20
7位マネーグラム・ハースF1チーム7
8位BWTアルピーヌF1チーム1
9位ウイリアムズ・レーシング0
10位ステークF1チーム・キック・ザウバー0

レースカレンダー

2024年F1カレンダー
第8戦モナコGP 5/26
第9戦カナダGP 6/9
第10戦スペインGP 6/23
第11戦オーストリアGP 6/30
第12戦イギリスGP 7/7
  • 最新刊
  • F1速報

    Vol.5 第5戦中国GP & 第6戦マイアミGP