F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

5年ぶりのF1中国GPで、ドライバーたちが路面の“ペイント”に困惑

2024年4月19日

 5年ぶりのF1中国GPを前に、上海インターナショナル・サーキットの路面に新たにペイントが施されたように見えることに気付いたドライバーたちが困惑を示し、FIAが路面の処理について説明した。


 トラックウォークを行ったドライバーたちは、サーキットのアスファルトが通常のグレーではなく、ブラックに近い色であることに気付いた。パドックでは、直前に何らかの塗装が行われたのではないかという推測が持ち上がり、明確な説明がなされていないことから、混乱が生じた。


「ターマックはとても特殊な方法で処理されているように見える。つまり、未知の部分がたくさんあるということだ」とフェラーリのカルロス・サインツは語った。


「完全な再舗装が実施されたのか、トラックに奇妙なアルファルト処置が施されただけなのか。FIAもチームも、ここで何が行われたのか、きちんと理解してはいないと思う」


「かなり特殊に見える。最近F1サーキットでは見られなかったものだ」

上海インターナショナル・サーキット
2024年F1第5戦中国GP 上海インターナショナル・サーキット


 その後、コースの路面には、アメリカやアジアの道路で一般的に使用されているアスファルト表面処理が施されていたことが判明した。作業は昨年実施されたという。


 道路の舗装材として使用されるビチューメンは、液体の状態で路面に塗布され、ダストを減らし、耐久性と耐水性を高める保護層を形成する。


 FIAのスポークスマンは、路面処理について、『Speedcafe』など複数のメディアに対して、次のように説明した。


「これはビチューメン塗料であり、ターマックを保護するコーティングとして使用された。石がアスファルトの中にとどまるようにするためだ」


「この措置は、グリップレベルを向上させ、長期にわたる劣化からターマックを守ることが期待される。塗装は昨年施された」


 このペイントがグリップレベルとタイヤの摩耗特性にどのような影響を及ぼすかは、予想できない。中国GPは今年初のスプリントイベントとして開催される。フリープラクティスは金曜の1時間のみしか実施されないため、どのチームも十分なデータ収集を行うことが困難だ。

上海インターナショナル・サーキット
2024年F1第5戦中国GP 上海インターナショナル・サーキット



この記事は f1i.com 提供の情報をもとに作成しています



(autosport web)




レース

5/24(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
5/25(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
5/26(日) 決勝 22:00〜


ドライバーズランキング

※エミリア・ロマーニャGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン161
2位シャルル・ルクレール113
3位セルジオ・ペレス107
4位ランド・ノリス101
5位カルロス・サインツ93
6位オスカー・ピアストリ53
7位ジョージ・ラッセル44
8位ルイス・ハミルトン35
9位フェルナンド・アロンソ33
10位角田裕毅15

チームランキング

※エミリア・ロマーニャGP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング268
2位スクーデリア・フェラーリ212
3位マクラーレン・フォーミュラ1チーム154
4位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラ1チーム79
5位アストンマーティン・アラムコ・フォーミュラ1チーム44
6位ビザ・キャッシュアップRB F1チーム20
7位マネーグラム・ハースF1チーム7
8位BWTアルピーヌF1チーム1
9位ウイリアムズ・レーシング0
10位ステークF1チーム・キック・ザウバー0

レースカレンダー

2024年F1カレンダー
第8戦モナコGP 5/26
第9戦カナダGP 6/9
第10戦スペインGP 6/23
第11戦オーストリアGP 6/30
第12戦イギリスGP 7/7
  • 最新刊
  • F1速報

    Vol.5 第5戦中国GP & 第6戦マイアミGP