F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

レッドブルF1のエイドリアン・ニューウェイにフェラーリとアストンマーティンが高額オファーか

2024年4月19日

 レッドブルのライバルチームはマックス・フェルスタッペンの引き抜きを狙っているようだが、チーフテクニカルオフィサーのエイドリアン・ニューウェイもターゲットになっているものと考えられている。


 今年、レッドブルのチーム代表クリスチャン・ホーナーがチームの女性従業員に対して不適切な行為をした疑いで調査を受けた。結局ホーナーは無実とされ、職を維持することができたが、この件は民事裁判に発展する可能性があり、そうなれば今のポジションから離れざるを得なくなるかもしれない。

エイドリアン・ニューウェイ(チーフテクニカルオフィサー)とクリスチャン・ホーナー(チーム代表)
レッドブル・レーシングのエイドリアン・ニューウェイ(チーフテクニカルオフィサー)とクリスチャン・ホーナー(チーム代表)


 ニューウェイは、チームの雰囲気や、個人的な関係といったものを重視するため、レッドブルが代表のスキャンダルに揺れるいま、彼を引き抜くチャンスが高まっていると考えるフェラーリとアストンマーティンが積極的に働きかけているといわれる。


 昨年、ニューウェイはレッドブルと新たな長期契約を結んでおり、それはキャリアをレッドブルで終える意向の表れであるとみられた。しかし、ルイス・ハミルトンがフェラーリへの移籍を決めたことが示すように、F1の大物の契約には、必ず契約解除条項が存在する。スクーデリアとアストンマーティンは、ニューウェイはある特定の条件下では移籍が可能であることを知っているわけだ。


 今ニューウェイは、サーキット専用ハイパーカーRB17の開発に取り組んでおり、その作業を終えるまでは、レッドブルから離れることは考えないだろう。そのため、移籍があるとすれば2026年かそれ以降になる可能性が高い。


 フェラーリとアストンマーティンは、いずれも、驚くほどの金額のサラリーをニューウェイに対して提示している。ニューウェイは、キャリアのなかで2回、フェラーリとの契約に近づいたことがあり、スクーデリアで働くことへの関心を隠していない。


 2025年にハミルトンがフェラーリに加入することも、ニューウェイの心を動かすひとつの要素になるかもしれない。ニューウェイは、7度の世界チャンピオンと一緒に仕事をしたかったと最近認めている。


 ニューウェイが一緒に仕事をしてみたいと考えるもうひとりのドライバー、フェルナンド・アロンソは、2026年末までアストンマーティンにとどまることが決定した。さらに、アストンマーティンに移れば、ホンダとの仕事を続けることができる。そしておそらく決定的な要素は、アストンマーティン・ラゴンダ社とF1チームの株式を手に入れることができるかもしれないことだ。


 フェラーリもアストンマーティンも、ニューウェイにとって魅力的な選択肢であり、彼が2026年に向けてどういう選択をするかが注目される。

レッドブルのマックス・フェルスタッペン(レッドブル)とエイドリアン・ニューウェイ(チーフテクニカルオフィサー)
2024年F1第4戦日本GP レッドブルのマックス・フェルスタッペン(レッドブル)とエイドリアン・ニューウェイ(チーフテクニカルオフィサー)



(GrandPrix.com)




レース

5/24(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
5/25(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
5/26(日) 決勝 22:00〜


ドライバーズランキング

※エミリア・ロマーニャGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン161
2位シャルル・ルクレール113
3位セルジオ・ペレス107
4位ランド・ノリス101
5位カルロス・サインツ93
6位オスカー・ピアストリ53
7位ジョージ・ラッセル44
8位ルイス・ハミルトン35
9位フェルナンド・アロンソ33
10位角田裕毅15

チームランキング

※エミリア・ロマーニャGP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング268
2位スクーデリア・フェラーリ212
3位マクラーレン・フォーミュラ1チーム154
4位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラ1チーム79
5位アストンマーティン・アラムコ・フォーミュラ1チーム44
6位ビザ・キャッシュアップRB F1チーム20
7位マネーグラム・ハースF1チーム7
8位BWTアルピーヌF1チーム1
9位ウイリアムズ・レーシング0
10位ステークF1チーム・キック・ザウバー0

レースカレンダー

2024年F1カレンダー
第8戦モナコGP 5/26
第9戦カナダGP 6/9
第10戦スペインGP 6/23
第11戦オーストリアGP 6/30
第12戦イギリスGP 7/7
  • 最新刊
  • F1速報

    Vol.5 第5戦中国GP & 第6戦マイアミGP