F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

【SNS特集】F1日本GP:晴天の鈴鹿は桜が満開。母国凱旋で魅せた角田裕毅とRB会心のピット作業。日本のファンのF1愛

2024年4月10日

 初の春開催となった鈴鹿・日本GPは、心配された日曜日の雨予報も杞憂に終わり、桜の開花のタイミングまで味方につけた。RB角田裕毅は詰めかけた10万2000人の期待に応え、小林可夢偉以来12年ぶりとなる日本人ドライバーによる母国GP入賞を果たした。今回が日本での40回目(鈴鹿34回、富士4回、岡山2回)のF1開催となった週末をドライバー、関係者のSNSで振り返る。


──────────


勝利の余韻に浸りながら、ヘリで鈴鹿サーキットをあとにするマックス・フェルスタッペン

この投稿をInstagramで見る

Max Verstappen(@maxverstappen1)がシェアした投稿


ペネロペちゃんはマックスにとって最高のサポーター


母国で会心の走りを見せた角田。そして、その走りに応えピットストップでポジションを奪い返したRBチーム。最高のチームワークで1ポイントをもぎ取った


5台同時のピットストップ、先頭で角田裕毅をコースに送り出したRBのスタッフ。これまでチームの戦略に足を引っ張られることも多かったが、ここ一番の場面で最高の仕事をしてみせた


中嶋悟、鈴木亜久里、佐藤琢磨、小林可夢偉に続き、ホームレースで入賞を果たした5人目の日本人ドライバーとなった角田裕毅。日本のファンはこんな感動的な瞬間を見逃さないために、毎年鈴鹿サーキットに足を運んでいる


スタート直後のアレクサンダー・アルボンとダニエル・リカルドのクラッシュに対し、一様に安否を気遣うドライバーたちの無線。F1ドライバーは人間的にも一流


スペアパーツ不足が深刻ななか、「もう壊しちゃダメ」って言っているのに、またクラッシュに巻き込まれてしまったウイリアムズF1のアルボン。昨年よりも入賞までの道のりが険しい


興味深い対象として写真を撮られる日本のF1ファン


各チームが開催国のファンをこんなにクローズアップすることは珍しい。日本とF1の特別な絆を感じる


憧れのルイス・ハミルトンからサインをもらった少女。こんなきっかけで、この先の人生が大きく変わることもある


週末、自転車通勤が話題となったキック・ザウバーF1バルテリ・ボッタス。一部のファンの間では、そのまま上海まで自転車で行くのではないかとウワサされている


今シーズンは厳しい戦いが続いているアルピーヌF1のエステバン・オコン。ファンに向けて日本語で投稿


各チームによる「桜花フォトGP」も開催


「来年」ではなく、いつものクセでまた秋ごろ鈴鹿サーキットに観戦に行きたくなってしまうファンが大勢いるはず



(autosport web)




レース

7/26(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
7/27(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
7/28(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※ハンガリーGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン265
2位ランド・ノリス189
3位シャルル・ルクレール162
4位カルロス・サインツ154
5位オスカー・ピアストリ149
6位ルイス・ハミルトン125
7位セルジオ・ペレス124
8位ジョージ・ラッセル116
9位フェルナンド・アロンソ45
10位ランス・ストロール24

チームランキング

※ハンガリーGP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング389
2位マクラーレン・フォーミュラ1チーム338
3位スクーデリア・フェラーリ322
4位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラ1チーム241
5位アストンマーティン・アラムコ・フォーミュラ1チーム69
6位ビザ・キャッシュアップRB F1チーム33
7位マネーグラム・ハースF1チーム27
8位BWTアルピーヌF1チーム9
9位ウイリアムズ・レーシング4
10位ステークF1チーム・キック・ザウバー0

レースカレンダー

2024年F1カレンダー
第13戦ハンガリーGP 7/21
第14戦ベルギーGP 7/28
第15戦オランダGP 8/25
第16戦イタリアGP 9/1
第17戦アゼルバイジャンGP 9/15
  • 最新刊
  • F1速報

    Rd10 スペイン&Rd11 オーストリア&Rd12 イギリスGP号