F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

【F1第4戦予選の要点】“最高速優先”のセッティングを選んだウイリアムズ。マシン戦闘力で上回るライバルを抑え込めるか

2024年4月6日

 F1第4戦日本GPの予選直前に行われたフリー走行3回目。ウイリアムズのアレクサンダー・アルボンは、総合11番手につけた。しかしそれよりも注目すべきは、セクター3での速さだ。アルボンは首位のマックス・フェルスタッペン(レッドブル)を1000分の7秒凌いで、最速タイムを叩き出した。


 ここはシケイン以外は、ほぼ全開区間だ。なので最初は、アルボンのシケインの攻め方が巧いせいかと思った。ところが全20人の区間別最高速を見て驚いた。セクター3に限らずウイリアムズのアルボンとローガン・サージェントが、全区間でワン・ツーを独占しているのだ。


 ウイリアムズのマシンは、ハース以上の直線番長である。そして鈴鹿は、抜きにくいコースだ。レースでライバルたちの前にいったん出ることができれば、この最高速を武器に順位を死守できる、という戦略なのだろう。


 ただし最高速優先のセッティングだと、当然ながら中高速区間のタイムロスは大きい。実際、サージェントは、アルボンからコンマ9秒落ちの19番手タイムだった。一方のアルボンは、9番手の角田裕毅(RB)からコンマ2秒落ちの11番手につけた。このタイムは、アルボンの腕のおかげと言っていい。

ローガン・サージェント(ウイリアムズ)
2024年F1第4戦日本GP ローガン・サージェント(ウイリアムズ)


 ウイリアムズにとって現時点での最大のライバルはRBであり、彼らを攻略しない限りポイント獲得は望めない。しかし純粋なマシン戦闘力は、今のところRBの方が上だ。正攻法で攻めても、予選で角田の上に行くことは難しいし、レースペースも拮抗している。


 だったらアルボンの腕を見込んで、極端に最高速に振ったセッティングでいく。たとえ予選で前に行かれても、レース中の展開次第でいったん前に出さえすれば、そのまま入賞できるかもしれない。そんな捨て身の戦略を取ったのではないか。


 そして迎えた予選。サージェントはアルボンとの差をコンマ2秒以内まで縮めたものの、19番手でQ1敗退。アルボンは「ターン8(デグナー1)までにタイヤが終わった」と苦戦しつつ、15番手。ギリギリでQ2に進めた。


 Q2では、1回だけのアタックを敢行。自己ベストをコンマ2秒縮めたものの、ライバルたちの伸びしろの方が大きく、14番手が精一杯だった。とはいえRB勢はダニエル・リカルドが11番手、3戦連続でQ3に進んだ角田も10番手。彼らを攻略する前に、ニコ・ヒュルケンベルグ(ハース)、バルテリ・ボッタス(キック・ザウバー)というやや一筋縄ではいかないふたりが控えているが、レース展開次第ではポイント争いは十分にできるはずだ。

アレクサンダー・アルボン(ウイリアムズ)
2024年F1第4戦日本GP アレクサンダー・アルボン(ウイリアムズ)

ローガン・サージェント(ウイリアムズ)
2024年F1第4戦日本GP ローガン・サージェント(ウイリアムズ)



(取材・文 柴田久仁夫)




レース

5/24(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
5/25(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
5/26(日) 決勝 22:00〜


ドライバーズランキング

※エミリア・ロマーニャGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン161
2位シャルル・ルクレール113
3位セルジオ・ペレス107
4位ランド・ノリス101
5位カルロス・サインツ93
6位オスカー・ピアストリ53
7位ジョージ・ラッセル44
8位ルイス・ハミルトン35
9位フェルナンド・アロンソ33
10位角田裕毅15

チームランキング

※エミリア・ロマーニャGP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング268
2位スクーデリア・フェラーリ212
3位マクラーレン・フォーミュラ1チーム154
4位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラ1チーム79
5位アストンマーティン・アラムコ・フォーミュラ1チーム44
6位ビザ・キャッシュアップRB F1チーム20
7位マネーグラム・ハースF1チーム7
8位BWTアルピーヌF1チーム1
9位ウイリアムズ・レーシング0
10位ステークF1チーム・キック・ザウバー0

レースカレンダー

2024年F1カレンダー
第8戦モナコGP 5/26
第9戦カナダGP 6/9
第10戦スペインGP 6/23
第11戦オーストリアGP 6/30
第12戦イギリスGP 7/7
  • 最新刊
  • F1速報

    Vol.5 第5戦中国GP & 第6戦マイアミGP