F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

【F1第2戦予選の要点】難コースで見せた初参戦ベアマンの進化。フェラーリに新たな歴史を刻む史上最年少ペア誕生

2024年3月9日

 F1第2戦サウジアラビアのジェッダ市街地コースで行われた初日フリー走行を終えた時点で、カルロス・サインツが虫垂炎のためレースを欠場。フェラーリは同じ週末のFIA F2に参戦していたリザーブドライバー、オリバー・ベアマンの抜擢を決めた。本人がF1デビューを告げられたのは、翌土曜日の朝。F2のレース1、フィーチャーレースをポールポジションから出場する直前だった。


 イギリス出身のベアマンは、現在18歳。イタリアF4、FIA F3などを経て、昨年からFIA F2に参戦。去年終盤のメキシコ、アブダビGPでは、ハースからFP1に出走。アブダビテストにもハースから参加し、年明けには2022年型フェラーリF1-75を走らせるなど、F1マシンの経験は少なくない。


 とはいえフェラーリの新車SF-24の運転は、もちろん初めてだ。それでも予選直前のFP3では慎重に周回を重ねながらも、総合10番手につけた。2番手タイムだったチームメイトのシャルル・ルクレールからコンマ7秒落ちのタイムは、まずまずと言えた。ただし、コース序盤のセクター1だけでコンマ5秒遅い。F2マシンとは異次元に速い高速S字での切り返しに、手こずっているのは明らかだった。


 夜になって路面温度が7℃近く下がった予選。Q1最初のアタックは1分30秒136。ルクレールには1秒1の大差をつけられた。セクター1のコンマ5秒のギャップもそのままだ。しかし、2回目のアタックでは自己ベストを1秒以上更新する1分28秒984を叩き出し、総合9番手でQ2に進んだ。


 Q2では最初のアタックをニコ・ヒュルケンベルグ(ハース)の赤旗で中断される事態にも遭遇した。2セット目のタイヤでのアタックも、鬼門のセクター1でタイムロス。2回目のプッシュラップで1分28秒642をマークしたものの、10番手ルイス・ハミルトン(メルセデス)に100分の36秒及ばずQ2落ちを喫した。


 一方で、総合2番手につけたルクレールとの差はコンマ6秒まで縮まった。セクター1だけでも0.215秒差まで短縮。少しのミスが大事故に直結する超高速市街地サーキットという厳しい条件下で、ベアマンはこれだけの進化を見せたことになる。


 すでに去年のメキシコGPでのはハースでの初F1走行の際、小松礼雄現チーム代表は、「非の打ちどころがない」と、ベアマンをベタ褒めしていた。「大きなミスはないし、とにかく落ち着いている」。「うまくいかないラップがあっても、原因を自分自身で把握し、次のラップで適応する能力を持っている」


 自分にも他人にも厳しく、忖度おかまいなしの小松エンジニアがここまでドライバーを高く評価するのは非常に珍しいが、その評価通りの行動を今回の予選でも発揮したということだろう。


 26歳のルクレール、18歳のベアマンのラインアップは、フェラーリ史上最年少のペアだ。さらに、フェラーリアカデミー出身ドライバーコンビとしても、初めてのレースでもある。第2戦サウジアラビアGPはフェラーリに新たな歴史を刻む日となりそうだ。

サインツの代役でF1初参戦となったオリバー・ベアマン(フェラーリ)
FIA F2ではポールポジションを獲得しながら、不参加となりF1に初参戦したベアマン(フェラーリ)



(Kunio Shibata)




レース

5/24(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
5/25(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
5/26(日) 決勝 22:00〜


ドライバーズランキング

※エミリア・ロマーニャGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン161
2位シャルル・ルクレール113
3位セルジオ・ペレス107
4位ランド・ノリス101
5位カルロス・サインツ93
6位オスカー・ピアストリ53
7位ジョージ・ラッセル44
8位ルイス・ハミルトン35
9位フェルナンド・アロンソ33
10位角田裕毅15

チームランキング

※エミリア・ロマーニャGP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング268
2位スクーデリア・フェラーリ212
3位マクラーレン・フォーミュラ1チーム154
4位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラ1チーム79
5位アストンマーティン・アラムコ・フォーミュラ1チーム44
6位ビザ・キャッシュアップRB F1チーム20
7位マネーグラム・ハースF1チーム7
8位BWTアルピーヌF1チーム1
9位ウイリアムズ・レーシング0
10位ステークF1チーム・キック・ザウバー0

レースカレンダー

2024年F1カレンダー
第8戦モナコGP 5/26
第9戦カナダGP 6/9
第10戦スペインGP 6/23
第11戦オーストリアGP 6/30
第12戦イギリスGP 7/7
  • 最新刊
  • F1速報

    Vol.5 第5戦中国GP & 第6戦マイアミGP