F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

F1第1戦水曜会見:メルセデス離脱が決まっているハミルトン。チームとは「理解し合えている」と良好な関係をアピール

2024年2月29日

 シーズン最初の定例会見には、6人のドライバーが出席した。マックス・フェルスタッペン(レッドブル)、ルイス・ハミルトン(メルセデス)、フェルナンド・アロンソ(アストンマーティン)の新旧世界チャンピオン、ハミルトンに押し出される形でフェラーリ離脱が決まっているカルロス・サインツ(フェラーリ)、そしてメルセデス移籍も噂されるランド・ノリス(マクラーレン)、アレクサンダー・アルボン(ウイリアムズ)と、話題性十分の6人だった。


 最初の質問は、ノリスに向けられた。


Q:1週間前のプレシーズンテストを受けて、各チーム間の勢力図をどう予想していますか。
ノリス:難しいね。みんなもある程度見当はついていると思うけど、本当のところはこの週末が始まってみないとわからない。ただトップ2チームは、明らかなんじゃないかな。


 ノリスは具体的なチーム名を述べなかったが、レッドブルとフェラーリということだろう。


ノリス:そこにメルセデス、アストンマーティン、マクラーレンが続く感じじゃないかな。でも一番大事なのは、今の僕らは1年前に比べてはるかに戦闘力があるということだ。そこは本当に期待できる。


 確かに去年の開幕時点のマクラーレンはマシン開発に明らかにつまずき、アストンマーティンやアルピーヌどころか、ウイリアムズの後塵を拝することも多く、ようやく復活したのはシーズン後半になってからだった。


 ではディフェンディングチャンピオンであるフェルスタッペンは、誰がライバルになると考えているのか。


Q:マックス、あなたとレッドブルを破る存在がいるとしたら、それは誰でしょう?
フェルスタッペン:どうだろう。バーレーンは特殊なサーキットだし、第2戦以降もいろんなコースがあって、なかなか見えにくい。時間が経てばわかるとしか言えないね。


 一見、慎重なコメントだが、フェルスタッペンはその前に「いいテストができたし、快適に走れた」と語っている。内心、自信満々なのではないだろうか。

マックス・フェルスタッペン(レッドブル)&ランド・ノリス(マクラーレン)
2024年F1第1戦バーレーンGP FIA会見 マックス・フェルスタッペン(レッドブル)&ランド・ノリス(マクラーレン)


 中東地域初のF1となったバーレーンGPが開催されたのは、今からちょうど20年前の2004年だった。そして現役ドライバーで唯一、そのレースを経験しているのがアロンソだ。


Q:最も多くバーレーンGPを経験してきたあなたには、忘れられない出来事もたくさんあるでしょうね。
アロンソ:もちろん20年前の最初のレースは印象深かったけど、翌2005年、6年と連勝したことは本当に忘れられない。シーズン序盤のあの勝利で、タイトル獲得に向けての手応えを感じられたからね。そして1年だけだったけど、2010年にはスパ・フランコルシャンに次ぐ1周6km以上のコースになったこともあった。途中からナイトレースになったしね。いろんな変化を経てきたコースだけど、でもタイヤとブレーキに厳しい特徴は健在だし、挑戦しがいのあるグランプリであることに変わりはない。

フェルナンド・アロンソ(アストンマーティン)
2024年F1第1戦バーレーンGP FIA会見 フェルナンド・アロンソ(アストンマーティン)


 ハミルトンにとっては今回の会見が、フェラーリへの電撃移籍発表後初めての公式な場での発言となる。


Q:この冬はさぞ忙しかったと思いますが、開幕前テストを終えた今のチームの雰囲気は?
ハミルトン:すごくいいよ。いつもの開幕直前のようにね。スタッフみんながやる気に溢れて、シーズンへの期待に胸を膨らませている。何より2年前、そして去年より優れたベースラインに立ってるのは明らかだしね。


 史上最多の24戦を戦うことについて、彼らはどう思っているのだろう。テスト日数の少なさを嘆くドライバーも少なくないが、サインツの考えは前向きだ。


サインツ:カレンダーが密になったのは大変だけど、僕はむしろポジティブに捉えているよ。去年の最終戦アブダビから、あっという間にテスト、そして開幕戦と来てるから、まるでシーズンが中断しないで続いてる感じなんだ。なのでレース勘を失わずに済むよ。

カルロス・サインツ(フェラーリ)&ルイス・ハミルトン(メルセデス)
2024年F1第1戦バーレーンGP FIA会見 カルロス・サインツ(フェラーリ)&ルイス・ハミルトン(メルセデス)


 ハミルトンのフェラーリへの移籍は、1年以上前に表明されたという点でも話題を呼んだ。しかし実はアロンソも20年近く前に、同じようなことをしている。ルノーで初タイトルを獲得した2005年のシーズン後、2007年からのマクラーレン移籍を発表したのだ。


Q:フェルナンド、離脱を明らかにしてからの1年、スタッフたちとはどんなふうにやってきたのでしょう。
アロンソ:開幕前の数週間は、確かにちょっとギクシャクした。でもいざシーズンが始まってしまえば、そんな雰囲気も消えていった。目前の敵を倒して、勝つことだけに僕もみんなも集中したからね。何も問題はなかったよ。


Q:ではルイス、あなたは今年1年をどう過ごすつもりでしょう?
ハミルトン:僕も同じだ。今までと何も変わっていない。この月曜日にもファクトリーに行ってきたばかりだけど、いい雰囲気だった。これだけ長くみんなとやってきたから、お互いしっかり理解し合えているよ。そして僕の、このチームへの愛はずっと変わらない。僕を全面的に支えると改めて言ってくれたことに、僕は感謝しかない。


 ドライバーに限らず、スタッフも頻繁にチームを移ることが普通なF1では、今回の移籍もすんなり受け入れられたということだろうか。2006年のアロンソは、移籍が決まっている状況でもタイトルを獲得した。はたして今季のハミルトンも、飛躍を遂げることができるだろうか。

2024年F1第1戦バーレーンGP FIA会見
2024年F1第1戦バーレーンGP FIA会見 左からカルロス・サインツ(フェラーリ)、ルイス・ハミルトン(メルセデス)、アレクサンダー・アルボン(ウイリアムズ)、フェルナンド・アロンソ(アストンマーティン)、マックス・フェルスタッペン(レッドブル)、ランド・ノリス(マクラーレン)



(取材・まとめ 柴田久仁夫)




レース

4/19(金) フリー走行 12:30〜13:30
スプリント予選 16:30〜17:14
4/20(土) スプリント 12:00〜13:00
予選 16:00〜
4/21(日) 決勝 16:00〜


ドライバーズランキング

※日本GP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン77
2位セルジオ・ペレス64
3位シャルル・ルクレール59
4位カルロス・サインツ55
5位ランド・ノリス37
6位オスカー・ピアストリ32
7位ジョージ・ラッセル24
8位フェルナンド・アロンソ24
9位ルイス・ハミルトン10
10位ランス・ストロール9

チームランキング

※日本GP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング141
2位スクーデリア・フェラーリ120
3位マクラーレン・フォーミュラ1チーム69
4位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラ1チーム34
5位アストンマーティン・アラムコ・フォーミュラ1チーム33
6位ビザ・キャッシュアップRB F1チーム7
7位マネーグラム・ハースF1チーム4
8位ウイリアムズ・レーシング0
9位ステークF1チーム・キック・ザウバー0
10位BWTアルピーヌF1チーム0

レースカレンダー

2024年F1カレンダー
第5戦中国GP 4/21
第6戦マイアミGP 5/5
第7戦エミリア・ロマーニャGP 5/19
第8戦モナコGP 5/26
第9戦カナダGP 6/9
  • 最新刊
  • F1速報

    Vol.3 第2戦サウジアラビアGP&第3戦オーストラリアGP