F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

【2024年F1新車情報:ステーク】サスペンション変更で空力は一新。細かなこだわりで効率化を図るC44

2024年2月26日

 バーレーン・インターナショナル・サーキットで2024年シーズンのF1プレシーズンテストが始まった。1月下旬より各チームによる新車発表が行われたが、カラーリングの公開のみにとどまったチームもあり、このテストでようやく全チームの新型マシンの実車を目にすることになる。今回は、ステークF1チーム(キック・ザウバー)の2024年型マシン『C44』を特集する。


────────────────────────────────



C44のノーズ

 ノーズは昨年同様、フロントウイングのメインフラップまで伸びたロングノーズを採用。ただし、フロントウイングのフラップの形状は4枚とも新しくなっている。
C44のフロントサスペンション


 フロントサスペンションがプッシュロッドからプルロッドに変更された。この変更により、空力は一新され、プレシーズンテストでは基本的なデータ取りを精力的に行っていた。

フロントウイングのフラップ


 フロントウイングのアッパーフラップと翼端板が接続する部分の造形が3D曲線を描いたユニークなデザインになっている。これはフロントタイヤの外側で発生する乱流を吹き飛ばす『アウトウォッシュ』と行うためだと思われる。

C44のサイドポンツーンとフロア


 サイドポンツーン下のアンダーカットが、内側へだけでなく、上方向にもえぐれているのがわかる。ここに溝のように形状を作ることで、サイドポンツーン下を流れる空気の速度を上げようとしているようだ。

C44の後部


 排熱用のルーバーがエンジンカウルの左右に1セットずつ設けられている。今年のバーレーンのプレシーズンテストは比較的涼しかったため、ルーバーはほとんど必要なく、2日目以降は完全に閉じられていた。



(Masahiro Owari)




レース

4/19(金) フリー走行 12:30〜13:30
スプリント予選 16:30〜17:14
4/20(土) スプリント 12:00〜13:00
予選 16:00〜
4/21(日) 決勝 16:00〜


ドライバーズランキング

※日本GP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン77
2位セルジオ・ペレス64
3位シャルル・ルクレール59
4位カルロス・サインツ55
5位ランド・ノリス37
6位オスカー・ピアストリ32
7位ジョージ・ラッセル24
8位フェルナンド・アロンソ24
9位ルイス・ハミルトン10
10位ランス・ストロール9

チームランキング

※日本GP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング141
2位スクーデリア・フェラーリ120
3位マクラーレン・フォーミュラ1チーム69
4位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラ1チーム34
5位アストンマーティン・アラムコ・フォーミュラ1チーム33
6位ビザ・キャッシュアップRB F1チーム7
7位マネーグラム・ハースF1チーム4
8位ウイリアムズ・レーシング0
9位ステークF1チーム・キック・ザウバー0
10位BWTアルピーヌF1チーム0

レースカレンダー

2024年F1カレンダー
第5戦中国GP 4/21
第6戦マイアミGP 5/5
第7戦エミリア・ロマーニャGP 5/19
第8戦モナコGP 5/26
第9戦カナダGP 6/9
  • 最新刊
  • F1速報

    Vol.3 第2戦サウジアラビアGP&第3戦オーストラリアGP