F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

【2024年F1新車情報:アルピーヌ】特徴あるサイドポンツーンは前年型を踏襲も、全面的に刷新されたA524

2024年2月26日

 バーレーン・インターナショナル・サーキットで2024年シーズンのF1プレシーズンテストが始まった。1月下旬より各チームによる新車発表が行われたが、カラーリングの公開のみにとどまったチームもあり、このテストでようやく全チームの新型マシンの実車を目にすることになる。今回は、BWTアルピーヌF1チームの2024年型マシン『A524』を特集する。


────────────────────────────────



アルピーヌF1の2024年型マシン『A524』

「ステアリングホイール以外は、すべて再設計・再製造した」と、テクニカルディレクターであるマット・ハーマンが言うように、全面的な改造を行ってきたA524。プレシーズンテストでは、コンセプトのポテンシャルを最大限に引き出すために、まずはデータ収集に集中していた。
A524のノーズ


 ノーズは昨年から導入しているワイドノーズを基本としているが、ノーズの中央がやや丸みを帯び、細くなっている。またフロントウイングの一番下のメインフラップ中央のスプーン形状が昨年よりも大きくなっている。

A524のノーズ


 テスト後半からは、カーボン剥き出しだったノーズがフレンチブルーに。

ウォータースライダー型のサイドポンツーンを継続


 昨年、アストンマーティンが採用したウォータースライダー型のサイドポンツーンに、シーズン序盤に改良してきたアルピーヌ。今年はアストンマーティンは採用してこなかったが、アルピーヌは引き続き、前年型を踏襲している。

A524のサイドポンツーン入口


 A524のデザインでもっとも特徴的なのが、サイドポンツーンの入口の形状だろう。横長の楕円型がコクピット近くで下へ伸びている。開口部の面積は異なるが、横面と縦面を組み合わせるというアイデアは、レッドブルを彷彿とさせる。

A524の後部


 リヤサスペンションは昨年までのプルロッド方式から、レッドブルやマクラーレンらが採用しているプッシュロッド方式に変更。現在のF1でサスペンションを変更させるのは、メカニカル的要素よりも空力的要素のほうが圧倒的に大きい。テストではリヤの気流のデータ取りに余念がなかった。



(Masahiro Owari)




レース

4/19(金) フリー走行 12:30〜13:30
スプリント予選 16:30〜17:14
4/20(土) スプリント 12:00〜13:00
予選 16:00〜
4/21(日) 決勝 16:00〜


ドライバーズランキング

※日本GP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン77
2位セルジオ・ペレス64
3位シャルル・ルクレール59
4位カルロス・サインツ55
5位ランド・ノリス37
6位オスカー・ピアストリ32
7位ジョージ・ラッセル24
8位フェルナンド・アロンソ24
9位ルイス・ハミルトン10
10位ランス・ストロール9

チームランキング

※日本GP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング141
2位スクーデリア・フェラーリ120
3位マクラーレン・フォーミュラ1チーム69
4位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラ1チーム34
5位アストンマーティン・アラムコ・フォーミュラ1チーム33
6位ビザ・キャッシュアップRB F1チーム7
7位マネーグラム・ハースF1チーム4
8位ウイリアムズ・レーシング0
9位ステークF1チーム・キック・ザウバー0
10位BWTアルピーヌF1チーム0

レースカレンダー

2024年F1カレンダー
第5戦中国GP 4/21
第6戦マイアミGP 5/5
第7戦エミリア・ロマーニャGP 5/19
第8戦モナコGP 5/26
第9戦カナダGP 6/9
  • 最新刊
  • F1速報

    Vol.3 第2戦サウジアラビアGP&第3戦オーストラリアGP