F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

【2024年F1新車情報:アストンマーティン】“ウォータースライダー”型をやめたAMR24はレッドブル寄りのデザインに

2024年2月24日

 バーレーン・インターナショナル・サーキットで2024年シーズンのF1プレシーズンテストが始まった。1月下旬より各チームによる新車発表が行われたが、カラーリングの公開のみにとどまったチームもあり、このテストでようやく全チームの新型マシンの実車を目にすることになる。今回は、アストンマーティン・アラムコ・フォーミュラ1チームの2024年型マシン『AMR24』を特集する。


────────────────────────────────



アストンマーティンF1の2024年型マシン『AMR24』

 昨年のプレシーズンテストでは、あっと驚くパフォーマンスを披露したアストンマーティン。期待値が高かったため、今年のプレシーズンテストではそこまで驚くような走りではなかったが、しっかりとトップグループの一員を形成していた。
AMR24はショートノーズを採用


 昨年型のノーズは一番下のメインフラップまで伸びていたが、今年は下から2枚目までのショートノーズを採用し、メインフラップの中央部の形状をややスプーン型に変更してきた。またメインフラップと下から2枚目のフラップをつなぐセパレータをノーズ脇に2本ずつ配置しているのが特徴的だ。

AMR24のインダクションポッド


 インダクションポッドの入口の下側をトレーのように前方に伸ばしているのがわかる。前方から見ると、開口部の面積は昨年のレッドブルがハンガリーGP以降に採用したものに似ている。

プッシュロッド方式のフロントサスペンション


 フロントサスペンションは昨年と同じプッシュロッド方式。ただし、アッパーウィッシュボーンのジオメトリが大きく変更された。アッパーウィッシュボーンの前よりも後ろ側のアームがかなり低い位置に取り付けられている。これはステアリングを切ったときのマシンの安定性を図るというビークルダイナミクス的要素が考えられる。

AMR24のサイドポンツーン


 アストンマーティンの特徴はサイドポンツーンの後ろ端の下側にくぼみが設けられていること。昨年までのサイドポンツーンの上側に溝を作ったウォータースライダータイプのダウンウォッシュをやめて、レッドブル化をより一層進めてきたアストンマーティン。メルセデスやマクラーレンらとともに表彰台争いの一角となることは間違いないだろう。



(Masahiro Owari)




レース

4/19(金) フリー走行 12:30〜13:30
スプリント予選 16:30〜17:14
4/20(土) スプリント 12:00〜13:00
予選 16:00〜
4/21(日) 決勝 16:00〜


ドライバーズランキング

※日本GP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン77
2位セルジオ・ペレス64
3位シャルル・ルクレール59
4位カルロス・サインツ55
5位ランド・ノリス37
6位オスカー・ピアストリ32
7位ジョージ・ラッセル24
8位フェルナンド・アロンソ24
9位ルイス・ハミルトン10
10位ランス・ストロール9

チームランキング

※日本GP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング141
2位スクーデリア・フェラーリ120
3位マクラーレン・フォーミュラ1チーム69
4位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラ1チーム34
5位アストンマーティン・アラムコ・フォーミュラ1チーム33
6位ビザ・キャッシュアップRB F1チーム7
7位マネーグラム・ハースF1チーム4
8位ウイリアムズ・レーシング0
9位ステークF1チーム・キック・ザウバー0
10位BWTアルピーヌF1チーム0

レースカレンダー

2024年F1カレンダー
第5戦中国GP 4/21
第6戦マイアミGP 5/5
第7戦エミリア・ロマーニャGP 5/19
第8戦モナコGP 5/26
第9戦カナダGP 6/9
  • 最新刊
  • F1速報

    Vol.3 第2戦サウジアラビアGP&第3戦オーストラリアGP