F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

“決して挑戦を恐れない”7度のF1王者ハミルトン。40歳での移籍を説得したのはフェラーリ会長か

2024年2月5日

 7度のF1チャンピオン、ルイス・ハミルトンが2025年にメルセデスからフェラーリに移籍すると発表されたが、マラネロによるこのセンセーショナルな動きの原動力となったのは、フェラーリ社会長ジョン・エルカーンだったと伝えられている。


 2月1日に、ハミルトンがメルセデスとの契約を1年短縮して2024年末で離脱し、2025年にフェラーリに加入することが発表された。フェラーリとの契約期間は複数年であるという。


『Sky Sports』によると、ステランティスとフェラーリの会長であるエルカーンは、ハミルトン獲得のために何カ月にもわたり舞台裏で交渉を続けてきたという。

フェラーリ社のジョン・エルカーン会長
フェラーリ社のジョン・エルカーン会長


 F1で最も成功したチームであるフェラーリに、F1で最も輝かしい業績を収めたドライバーであるハミルトンを結びつけるチャンスがあると考えたエルカーンは、長期にわたる交渉の末に、ハミルトンを11年間にわたり所属し、強い絆を結んだメルセデスから奪い去ることに成功した。


 フェラーリF1チーム代表フレデリック・バスールは、ARTグランプリを率いていた時代にジュニアフォーミュラでハミルトンを走らせており、2006年のGP2(現在のFIA F2)ではともにタイトルを獲得、その後も長きにわたり、ハミルトンのファンであったことが知られている。エルカーンは、ハミルトンとシャルル・ルクレールというドリームチーム作りに成功、彼らが2008年を最後に無冠の状態が続いているフェラーリにタイトルをもたらすことを期待している。

2023年F1シンガポールGP ルイス・ハミルトン(メルセデス)とフレデリック・バスール(フェラーリF1チーム代表)


「私の理解では、この(フェラーリとハミルトンの)交渉は数カ月前から行われてきた」と『Sky Sports』のクレイグ・スレーターはコメントした。


「これは突然のことではない。会長であり重要人物であるジョン・エルカーンが、その中心で原動力となっている。チーム代表のフレデリック・バスールは、ルイスをジュニア時代から知っている人物なので摩擦はない。会長がチーム代表の背中越しに誰かと契約したわけではない。サッカーではたまにそういうことが起きるがね! これはそういうことではない」


 ハミルトンは40歳でフェラーリに加入することになる。ルクレールは、フェラーリの育成プログラム出身であり、両者の結びつきは非常に強い。そのなかに入っていくハミルトンは、大変な仕事を抱えることになる。しかしハミルトンは挑戦を決して恐れない人物であると、スレーターは言う。

2023年F1第20戦メキシコシティGP 2位ルイス・ハミルトン(メルセデス)と3位シャルル・ルクレール(フェラーリ)
2023年F1第20戦メキシコシティGP 2位ルイス・ハミルトン(メルセデス)と3位シャルル・ルクレール(フェラーリ)


「ルイス・ハミルトンらしいと言わざるを得ない。挑戦を恐れたことは一度もないのだ」とスレーターは付け加えた。「彼はフェルナンド・アロンソのいるチームでF1にデビューし、彼と戦って結果を出した」


「メルセデスがまだ新しく、それほど結果を出していなかった時に移籍し、優れたドライバーであるニコ・ロズベルグと対戦して彼を上回った」


「F1の若手有望株のひとりであるジョージ・ラッセルとも喜んで対戦した。そして今度はこれだ! ルクレールが鎮座するフェラーリに加入する」


「フェラーリが、彼の獲得を優先事項と考えていたことは間違いない。そのため、カルロス・サインツではなく、彼と契約した」


「ルイスにとっては大きな挑戦になる。40歳で、世界で最も速い若手ドライバーのひとりと対戦することになるのだ。ルクレールにとっては、1年を通してハミルトンを上回ることができれば、それは素晴らしい手柄になるだろう」

2023年F1第19戦アメリカGP 2位でフィニッシュしたルイス・ハミルトン(メルセデス)
2023年F1第19戦アメリカGP 2位でフィニッシュしたルイス・ハミルトン(メルセデス)



この記事は f1i.com 提供の情報をもとに作成しています



(autosport web)




レース

6/21(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
6/22(土) フリー走行3回目 19:30〜20:30
予選 23:00〜
6/23(日) 決勝 22:00〜


ドライバーズランキング

※カナダGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン194
2位シャルル・ルクレール138
3位ランド・ノリス131
4位カルロス・サインツ108
5位セルジオ・ペレス107
6位オスカー・ピアストリ81
7位ジョージ・ラッセル69
8位ルイス・ハミルトン55
9位フェルナンド・アロンソ41
10位角田裕毅19

チームランキング

※カナダGP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング301
2位スクーデリア・フェラーリ252
3位マクラーレン・フォーミュラ1チーム212
4位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラ1チーム124
5位アストンマーティン・アラムコ・フォーミュラ1チーム58
6位ビザ・キャッシュアップRB F1チーム28
7位マネーグラム・ハースF1チーム7
8位BWTアルピーヌF1チーム5
9位ウイリアムズ・レーシング2
10位ステークF1チーム・キック・ザウバー0

レースカレンダー

2024年F1カレンダー
第10戦スペインGP 6/23
第11戦オーストリアGP 6/30
第12戦イギリスGP 7/7
第13戦ハンガリーGP 7/21
第14戦ベルギーGP 7/28
  • 最新刊
  • F1速報

    Vol.6 第7戦エミリア・ロマーニャGP & 第8戦モナコGP & 第9戦カナダGP号