F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

F1パワートレイン事情:年間を通してPUトラブルはわずか2度。高い信頼性でチャンピオンシップを支えたホンダRBPT

2023年12月5日

 F1第22戦ラスベガスGPで角田裕毅(アルファタウリ)が、メカニカルトラブルの兆候により、コース脇にマシンを止めてレースを終えた。

 あるセンサーからのシグナル(信号)を失い、エンジンおよびギヤボックスの制御ができなくなる状況に陥ったため、ピットから無線で止める指示を出した。

 パワーユニットはその後、詳細な解析を行うためにHRC Sakuraに空輸。その時点で2週連続開催となっているアブダビGPには時間的に間に合わないと判断し、ホンダはプールの中にある使用可能なエンジン(ICE=内燃機関)の中から、最も状態の良いものをアブダビGPで使用する決断を下した。

AlphaTauri

 今シーズン、ホンダRBPTのパワーユニットに起因するという疑いでマシンを止めたのは2回で、どちらもアルファタウリ側。いずれも角田だった。1回目が第15戦イタリアGPのフォーメーションラップで、2度目がこのラスベガスGP。すでにイタリアGPの問題は部品の初期不良であることが判明し、対策を打っている。ラスベガスGPの問題もセンサー関連である可能性が高く、2023年のホンダRBPTのパワーユニットに基本的な問題があったとは考えにくい。

 そのことは、レッドブル側もパワーユニットにマシンを止めるような大きな問題が発生していないことでもわかる。

…記事の続きは会員登録後閲覧できます。

※こちらの記事は一般&プレミアム会員専用のコンテンツとなります。
一般+プレミアム会員一括登録
※会員登録後、本文記事が表示されない場合、ページの更新をお試しください。



レース

2/29(木) フリー走行1回目 20:30〜21:30
フリー走行2回目 24:00〜25:00
3/1(金) フリー走行3回目 21:30〜22:30
予選 25:00〜
3/2(土) 決勝 24:00〜


ドライバーズランキング

※アブダビGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン575
2位セルジオ・ペレス285
3位ルイス・ハミルトン234
4位フェルナンド・アロンソ206
5位シャルル・ルクレール206
6位ランド・ノリス205
7位カルロス・サインツ200
8位ジョージ・ラッセル175
9位オスカー・ピアストリ97
10位ランス・ストロール74

チームランキング

※アブダビGP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング860
2位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラ1チーム409
3位スクーデリア・フェラーリ406
4位マクラーレンF1チーム302
5位アストンマーティン・アラムコ・コグニザント・フォーミュラ1チーム280
6位BWTアルピーヌF1チーム120
7位ウイリアムズ・レーシング28
8位スクーデリア・アルファタウリ25
9位アルファロメオF1チーム・ステーク16
10位マネーグラム・ハースF1チーム12

レースカレンダー

2024年F1カレンダー
第1戦バーレーンGP 3/2
第2戦サウジアラビアGP 3/9
第3戦オーストラリアGP 3/24
第4戦日本GP 4/7
第5戦中国GP 4/21
  • 最新刊
  • F1速報

    2023年総集編