F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

ローソン初日12番手「トリッキーなコースだけど楽しんでいる。ここまでは順調」:アルファタウリ/F1第16戦

2023年9月16日

 2023年F1シンガポールGPの金曜、スクーデリア・アルファタウリのリアム・ローソンはフリー走行1=16番手/2=12番手だった。


 アルファタウリは今回、フロアボディ、フロアエッジ、ディフューザー、サイドポッド・インレット、コーク/エンジンカバー、リヤサスペンション、リヤコーナー、ミラーをアップデートしたことが明らかになっている。


 なお、FP1開始時、FIAは、アルファタウリがローソンのマシンに、ギヤボックスのギヤボックスケースおよびカセット(GBX C & C)、ギヤボックスドライブライン、ギヤチェンジコンポーネントおよび補助コンポーネント(GBX DL)のそれぞれシーズン3基目を入れたことを発表した。シーズン中に使用が許される基数内であるため、ペナルティは受けない。

2023年F1第16戦シンガポールGP リアム・ローソン(アルファタウリ)
2023年F1第16戦シンガポールGP リアム・ローソン(アルファタウリ)


■リアム・ローソン(スクーデリア・アルファタウリ)
フリー走行1=16番手(1分34秒894:ソフトタイヤ/27周)/2=12番手(1分33秒285:ソフトタイヤ/27周)


 今日の序盤はトリッキーだったけれど、ここは独特のトラックだから、そうなることは予想していた。


 このトラックを楽しみ、たくさんのことを学んでいる。夜に照明の下で走るのもクールだった。ここは暑いから、ドライバーにとっては夜間の方が多少は楽なんだ。


 明日のFP3を最大限に活用する必要があるけれど、ここまでのところは問題ない。少しずつ向上してきて、順調に進んでいる。明日はさらに改善することができるはずだ。


 このタイプのサーキットでは、アップデートの違いを感じ取るのは難しい。トラディショナルなサーキットで走る場合ほどゲインは大きくはないだろうが、それでもマシンが改善していることは間違いない。


 新しいコンポーネントを入れているから、それを最大限に活用する方法を見つける必要がある。今夜データを分析し、明日の予選に備えるよ。


 ミディアムコンパウンドとソフトを比較して、グリップの向上はそれほど大きくないと感じている。予選と決勝に向けて、その部分についても調べてみる。



(autosport web)




レース

4/19(金) フリー走行 12:30〜13:30
スプリント予選 16:30〜17:14
4/20(土) スプリント 12:00〜13:00
予選 16:00〜
4/21(日) 決勝 16:00〜


ドライバーズランキング

※日本GP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン77
2位セルジオ・ペレス64
3位シャルル・ルクレール59
4位カルロス・サインツ55
5位ランド・ノリス37
6位オスカー・ピアストリ32
7位ジョージ・ラッセル24
8位フェルナンド・アロンソ24
9位ルイス・ハミルトン10
10位ランス・ストロール9

チームランキング

※日本GP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング141
2位スクーデリア・フェラーリ120
3位マクラーレン・フォーミュラ1チーム69
4位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラ1チーム34
5位アストンマーティン・アラムコ・フォーミュラ1チーム33
6位ビザ・キャッシュアップRB F1チーム7
7位マネーグラム・ハースF1チーム4
8位ウイリアムズ・レーシング0
9位ステークF1チーム・キック・ザウバー0
10位BWTアルピーヌF1チーム0

レースカレンダー

2024年F1カレンダー
第5戦中国GP 4/21
第6戦マイアミGP 5/5
第7戦エミリア・ロマーニャGP 5/19
第8戦モナコGP 5/26
第9戦カナダGP 6/9
  • 最新刊
  • F1速報

    Vol.3 第2戦サウジアラビアGP&第3戦オーストラリアGP