F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

リカルド、F1シンガポールGPで現場復帰もレースは欠場。ローソンが初のマリーナ・ベイ市街地コースに挑戦

2023年9月14日

 スクーデリア・アルファタウリは、F1第16戦シンガポールGPに、ダニエル・リカルドの代わりにリアム・ローソンが出場することを明らかにした。オランダGPで手を骨折し、現在回復を待っているリカルドは、シンガポールGPの週末、サーキットを訪れるという。


 リカルドは、オランダGPの金曜FP2でクラッシュし、左手の中手骨を骨折、手術を受けた。オランダの土曜以降、リザーブドライバーであるローソンが代役を務めており、チームは、リカルドが復帰できるまでローソンをレースに出場させることを決めている。

2023年F1第14戦オランダGP クラッシュ直後のダニエル・リカルド(アルファタウリ)


 シンガポールGPが近づく9月13日、アルファタウリは、リカルドはシンガポールでは、エンジニアリング目的でのみチームに合流すること、ローソンが引き続き出場することを発表した。


 シンガポールGPの翌週に開催される日本GPについては、今回のリリースには触れられていなかった。しかしイタリアGPの週末、レッドブルF1代表ホーナーは、リカルドは日本GPまでは欠場する可能性が高いと発言した。


 リカルドは、9月8日にInstagramで、左手の縫合痕の写真と、元気な様子でトレーニングをしている動画を公開した。


 F1での3戦目を迎えるローソンは、シンガポールGPに関して、次のようにコメントしている。

2023年F1第15戦イタリアGP リアム・ローソン(アルファタウリ)
2023年F1第15戦イタリアGP リアム・ローソン(アルファタウリ)


「肉体的に非常に厳しいレースだと承知している。こういった状況で突然F1の世界に放り込まれると、あらゆるトレーニングを行ったとしても、調整は簡単ではない。非常に厳しいものになるだろうが、できる限りの準備をし、トレーニングをしてきた」


「(リザーブドライバーとして出席した)去年、夜間のルーティンを経験した。週末をそういう形で過ごすのはすごくクールだと思ったよ。いつもとは少し違うんだ」


「最も大変な調整は、トラックに慣れることだろう。シミュレーターでしかこのコースを走ったことがないし、ストリートサーキットは、シミュレーターで再現するのがおそらく最も難しい」


「ストリートサーキットでは自信を持って走れる状態でなければならない。トラックに慣れていなかったり、僕のようにF1自体の経験が浅いと、週末の早い段階で自信を得ることはかなり困難だ」


「モンツァでのように、できる限り多くのラップを走ることを目指していく。前回もそれを目標にしたし、次もそれは同じだ。僕は基本的にストリートサーキットが好きで、例えばモナコが大好きだ。だからシンガポールも楽しめると思うよ」

2023年F1第15戦イタリアGP リアム・ローソン(アルファタウリ)



(autosport web)




レース

2/29(木) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
3/1(金) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
3/2(土) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※バーレーンGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン26
2位セルジオ・ペレス18
3位カルロス・サインツ15
4位シャルル・ルクレール12
5位ジョージ・ラッセル10
6位ランド・ノリス8
7位ルイス・ハミルトン6
8位オスカー・ピアストリ4
9位フェルナンド・アロンソ2
10位ランス・ストロール1

チームランキング

※バーレーンGP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング44
2位スクーデリア・フェラーリ27
3位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラ1チーム16
4位マクラーレン・フォーミュラ1チーム12
5位アストンマーティン・アラムコ・フォーミュラ1チーム3
6位ステークF1チーム・キック・ザウバー0
7位マネーグラム・ハースF1チーム0
8位ビザ・キャッシュアップRB F1チーム0
9位ウイリアムズ・レーシング0
10位BWTアルピーヌF1チーム0

レースカレンダー

2024年F1カレンダー
第1戦バーレーンGP 3/2
第2戦サウジアラビアGP 3/9
第3戦オーストラリアGP 3/24
第4戦日本GP 4/7
第5戦中国GP 4/21
  • 最新刊
  • F1速報

    2024年 Vol.1 オフシーズン情報号