F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

フェラーリが地元で躍進。サインツが今季初PP獲得&ルクレール3番手【予選レポート/F1第15戦】

2023年9月3日

 9月2日、2023年F1第15戦イタリアGPの予選が行われ、カルロス・サインツ(フェラーリ)が今季初ポールポジションを獲得した。2番手にマックス・フェルスタッペン(レッドブル)、3番手にシャルル・ルクレール(フェラーリ)が続いた。アルファタウリの角田裕毅は11番手、リアム・ローソンは12番手で予選を終えている。


 現地時間16時(日本時間23時)、イタリア北部のロンバルディア州に位置するモンツァ・サーキットを舞台に、気温28度、路面温度39度、湿度43%というドライコンディションのもと予選は開始された。


 今回のイタリアGPでは、今季2度目となるATA(Alternative Tyre Allocation/代替的なタイヤ配分)により、予選のQ1ではハード、Q2ではミディアム、Q3ではソフトと、セッションごとの指定コンパウンド使用が義務付けられている。

■Q1:アルファタウリ、2台揃って好走

 全20台が出走する18分間のQ1は全車がハードタイヤを装着。フェルスタッペンは最初のアタックで1分22秒047をマーク。ただ、ターン7でのトラックリミットによりこのラップタイムは抹消となる。


 代わって1分22秒123をマークしたアレクサンダー・アルボン(ウイリアムズ)がトップに浮上。ローガン・サージェント(ウイリアムズ)もジョージ・ラッセル(メルセデス)、セルジオ・ペレス(レッドブル)に続く4番手と、ウイリアムズ勢が最初のアタックから好調ぶりを見せる。


 タイム抹消となったフェルスタッペンは2セット目のハードタイヤへ履き替え、残り時間9分というところから改めてアタックし、1分21秒573でトップに浮上する。


 そんななか、セクター1全体ベストを更新した角田が1分22秒130で暫定5番手に浮上。その角田の背後からアタックしたローソンも1分22秒224で暫定8番手というタイムを記録し、アルファタウリ勢も好走。


 地元戦を迎えたフェラーリ勢は残り2分時点でシャルル・ルクレールが2番手、カルロス・サインツが4番手と好位置につけるもフェルスタッペンには届かない。


 セッション終盤、アルボンが1分21秒661で2番手、サージェントが1分21秒930で6番手に浮上。さらに角田が1分21秒852でペレスを上回る4番手に浮上すると、ローソンも1分22秒112を叩き出し12番手に入り、アルファタウリは地元戦で2台揃ってQ2進出を決めた。


 Q1トップはフェルスタッペン、2番手はアルボン、3番手はルクレール、4番手は角田、5番手はペレスとなった。16番手周冠宇(アルファロメオ)、17番手ピエール・ガスリー(アルピーヌ)、18番手エステバン・オコン(アルピーヌ)、19番手ケビン・マグヌッセン(ハース)、20番手ランス・ストロール(アストンマーティン)の5台がQ1敗退となった。

2023年F1第15戦イタリアGP 角田裕毅(アルファタウリ)
2023年F1第15戦イタリアGP 角田裕毅(アルファタウリ)

■Q2:角田健闘、0.013秒差の11番手

 15分間のQ2は全車がミディアムタイヤを装着。真っ先にアタックに入ったフェルスタッペンが1分21秒035をマーク。その直後、Q1でも好走見せたアルボンが1分21秒175で2番手に続く。


 ただその直後、フリー走行で好調を見せたサインツが1分20秒991でトップに浮上。ルクレールが1分21秒175で3番手に浮上し、モンツァを訪れたティフォシ(熱狂的なフェラーリファン)も歓声を上げる。


 一方、メルセデス勢は他チームとアタックタイミングをずらし、残り9分というところからアタック入り。しかし、ラッセルが6番手、ハミルトンは12番手にとどまる。


 各車2セット目のミディアムタイヤに履き替え、残り3分を切ったタイミングで再びコースイン。トラフィックも出やすい状況となる中、角田はアルボン、サージェントに続く3番目と早めのタイミングでアタック入りを果たした。


 角田は自己ベストを更新、1分21秒594で暫定9番手につける。しかし、ハミルトン、ピアストリがポジションをあげ、角田は10番手ノリスに0.013秒届かず11番手に、そしてローソンは角田から0.164秒差の12番手で予選を終えた。


 なお、フェルスタッペンはQ2最終アタックで1分20秒937を叩き出し、2番手ルクレールを0.040秒上回っている。3番手サインツ、4番手ペレス、5番手アルボン、6番手ハミルトン、7番手ラッセル、8番手ピアストリ、9番手アロンソ、10番手ノリスまでがQ3進出を果たした。


 11番手角田、12番手ローソン、13番手ニコ・ヒュルケンベルグ(ハース)、14番手バルテリ・ボッタス(アルファロメオ)、そして最終アタックの際クルバ・アルボレート(旧称:パラボリカ)でアンダーを出してしまったサージェントが15番手でQ2敗退となった。

2023年F1第15戦イタリアGP 角田裕毅(アルファタウリ)
2023年F1第15戦イタリアGP 角田裕毅(アルファタウリ)

2023年F1第15戦イタリアGP ローガン・サージェント(ウイリアムズ)
2023年F1第15戦イタリアGP ローガン・サージェント(ウイリアムズ)

■Q3:ティフォシ歓喜。フェラーリが地元モンツァで1-3

 ポールポジションを決める最終Q3は12分間、全車がソフトタイヤを装着。Q2に引き続き、フェルスタッペンが真っ先にアタック入りすると、第2シケインでわずかにコースオフも1分20秒631のターゲットタイムをマークする。


 その直後、サインツが1分20秒532でトップ、ルクレールが1分20秒564で2番手に浮上し、フェラーリがワンツーに。各車最初のアタックを終えて、3番手フェルスタッペン、4番手ラッセル、さらにアルボンが1分20秒872で暫定5番手で続く。


 セッション残り3分を迎え、2セット目のソフトで各車はアロンソ、ルクレール、フェルスタッペン、サインツ、ノリス、ピアストリ、ペレス、アルボン、ラッセル、ハミルトンの順でアタックに向かう。


 ルクレールはトウを使えない単独走行もセクター1で全体ベストをマークし、1分20秒361でトップに浮上する。ただ、それを1分20秒307でフェルスタッペンが上回った。しかしその直後、サインツが1分20秒294をマークし0.013秒差でフェルスタッペンを上回り、今季初ポールポジションを獲得。その瞬間、ティフォシの歓声がモンツァに轟いた。


 2番手フェルスタッペン、3番手ルクレールと、フェラーリが予選1-3という結果に。以下、Q3は4番手ラッセル、5番手ペレス、6番手アルボン、7番手ピアストリ、8番手ハミルトン、9番手ノリス、10番手アロンソという結果となった。


 2023年F1第15戦イタリアGP決勝は、9月3日(日)の日本時間22時にスタートを迎える。

2023年F1第15戦イタリアGP カルロス・サインツ(フェラーリ)
2023年F1第15戦イタリアGP カルロス・サインツ(フェラーリ)

2023年F1第15戦イタリアGP ポールポジションを獲得したカルロス・サインツ(フェラーリ)
2023年F1第15戦イタリアGP ポールポジションを獲得したカルロス・サインツ(フェラーリ)

2023年F1第15戦イタリアGP Q3最初のアタックでコースオフしたマックス・フェルスタッペン(レッドブル)
2023年F1第15戦イタリアGP Q3最初のアタックでコースオフしたマックス・フェルスタッペン(レッドブル)

2023年F1第15戦イタリアGP シャルル・ルクレール(フェラーリ)
2023年F1第15戦イタリアGP シャルル・ルクレール(フェラーリ)



(Takahiro Kawano / autosport web)




レース

5/24(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 24:00〜25:00
5/25(土) フリー走行3回目 19:30〜20:30
予選 23:00〜
5/26(日) 決勝 22:00〜


ドライバーズランキング

※エミリア・ロマーニャGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン161
2位シャルル・ルクレール113
3位セルジオ・ペレス107
4位ランド・ノリス101
5位カルロス・サインツ93
6位オスカー・ピアストリ53
7位ジョージ・ラッセル44
8位ルイス・ハミルトン35
9位フェルナンド・アロンソ33
10位角田裕毅15

チームランキング

※エミリア・ロマーニャGP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング268
2位スクーデリア・フェラーリ212
3位マクラーレン・フォーミュラ1チーム154
4位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラ1チーム79
5位アストンマーティン・アラムコ・フォーミュラ1チーム44
6位ビザ・キャッシュアップRB F1チーム20
7位マネーグラム・ハースF1チーム7
8位BWTアルピーヌF1チーム1
9位ウイリアムズ・レーシング0
10位ステークF1チーム・キック・ザウバー0

レースカレンダー

2024年F1カレンダー
第8戦モナコGP 5/26
第9戦カナダGP 6/9
第10戦スペインGP 6/23
第11戦オーストリアGP 6/30
第12戦イギリスGP 7/7
  • 最新刊
  • F1速報

    Vol.5 第5戦中国GP & 第6戦マイアミGP