F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

角田裕毅、渋滞の影響を受けてスピン「FP2のパフォーマンスには満足。マシンは昨年よりも良くなっている」F1第3戦金曜

2023年3月31日

 2023年F1オーストラリアGPの金曜、スクーデリア・アルファタウリの角田裕毅はフリー走行1=17番手/2=11番手だった。角田はFP1でスピンし、激しくバウンドしながらコースオフ。バリアにはヒットせずに、ピットに戻ることができたが、コースに復帰するのはFP2からとなった。


 なお、FIAは、FP2開始時に、アルファタウリが角田車のギヤボックスケースおよびカセット(GBX C & C)、ギヤボックスドライブライン、ギヤチェンジコンポーネントおよび補助コンポーネント(GBX DL)のシーズン2基目を入れたことを明らかにした。シーズン中に使用が許される基数内であるため、ペナルティは受けない。

2023年F1第3戦オーストラリアGP コースオフした角田裕毅(アルファタウリ)
2023年F1第3戦オーストラリアGP コースオフした角田裕毅(アルファタウリ)


 チーフレースエンジニアのジョナサン・エドルズは次のように一日を振り返った。


「メルボルンの金曜日は、あまりスムーズにはいかなかった。FP1の出だしは予定どおりに進み、2台がミディアムタイヤで走り、裕毅は新しいエアロパーツのテストを行った」


「通常どおり、セッション中にグリップレベルが大幅に向上し、ラップタイムは1周ごとに速くなっていった。我々のパフォーマンスは良さそうに思えたので、次はソフトタイヤを装着し、グリップがさらに一段階上がることを期待したが、ふたりともソフトタイヤを機能させることがなかなかできず、改善されなかった」


「裕毅はターン1の進入で予期せぬスナップに見舞われ、マシンのコントロールを失い、アウト側の縁石にヒットして、フロアにダメージを負った。修復が間に合わず、FP1の間には復帰できなかった。FP1に向けて多数のセットアップ変更を行い、ニック(・デ・フリース)のマシンで新しいエアロパーツのテストを行った」


「レーダーで、FP2開始30分ほどで雨が来ると分かったので、その前にまずハードタイヤ、その後ソフトを履いて、ショートランを何回かできると考えていた。しかしセッション開始15分で霧雨が降り出したため、2台ともソフトタイヤでのショートランを行うことができなかった。雨脚が強くなっていき、その後はドライでの走行は行えなかった」


「セッション終盤には、インターミディエイトタイヤへの理解を深めるために、裕毅にこのタイヤで何周か走ってもらった。しかしニックはマシンにメカニカルトラブルが見つかり、ガレージにとどまることになった。明日と決勝に備えて、今夜のうちに考えなければならないことがたくさんある」


「予定していた作業をすべてこなすことはできなかったため、ギャップを埋めるため、FP3は忙しいセッションになるだろう」

2023年F1第3戦オーストラリアGP 角田裕毅(アルファタウリ)
2023年F1第3戦オーストラリアGP 角田裕毅(アルファタウリ)


■角田裕毅(スクーデリア・アルファタウリ)
フリー走行1=17番手(1分20秒399:ミディアムタイヤ/14周)/2=11番手(1分20秒220:ハードタイヤ/18周)


 FP1ではリヤに苦しみ、難しいスタートとなりましたが、FP2でのパフォーマンスには満足しています。FP1では、GPS(に関するシステム)の問題によりトラフィックが発生しました。そのために最終セクターで大幅に減速しなければならず、クイックラップをスタートする時点で、タイヤの温度が上がっていなかったため、グリップ不足に陥りました。


 他チームと比較して自分たちがどのポジションに位置しているのか、はっきりとは分かりません。でも明日に向けてうまくまとめあげるために、チームとしてやるべきことに集中します。かなりの接戦になるでしょう。Q3進出を目指していますが、まずはQ2に進む必要があります。中団はタイトなので、ほんの小さなミスも高くつきます。でもマシンは昨年よりも良くなっていますし、データをチェックして、明日に向けて何ができるかを考えます。



(autosport web)




レース

5/24(金) フリー走行1回目 20:30〜21:30
フリー走行2回目 24:00〜25:00
5/25(土) フリー走行3回目 19:30〜20:30
予選 23:00〜
5/26(日) 決勝 22:00〜


ドライバーズランキング

※エミリア・ロマーニャGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン161
2位シャルル・ルクレール113
3位セルジオ・ペレス107
4位ランド・ノリス101
5位カルロス・サインツ93
6位オスカー・ピアストリ53
7位ジョージ・ラッセル44
8位ルイス・ハミルトン35
9位フェルナンド・アロンソ33
10位角田裕毅15

チームランキング

※エミリア・ロマーニャGP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング268
2位スクーデリア・フェラーリ212
3位マクラーレン・フォーミュラ1チーム154
4位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラ1チーム79
5位アストンマーティン・アラムコ・フォーミュラ1チーム44
6位ビザ・キャッシュアップRB F1チーム20
7位マネーグラム・ハースF1チーム7
8位BWTアルピーヌF1チーム1
9位ウイリアムズ・レーシング0
10位ステークF1チーム・キック・ザウバー0

レースカレンダー

2024年F1カレンダー
第8戦モナコGP 5/26
第9戦カナダGP 6/9
第10戦スペインGP 6/23
第11戦オーストリアGP 6/30
第12戦イギリスGP 7/7
  • 最新刊
  • F1速報

    Vol.5 第5戦中国GP & 第6戦マイアミGP