F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

パット・シモンズがF1のチーフテクニカルオフィサーを続投へ。ドメニカリCEOとの話し合いで引退を撤回

2023年1月18日

 パット・シモンズは、2022年末に引退を予定していたにもかかわらず、F1のチーフテクニカルオフィサーの職に今後しばらく留まる予定であることを明らかにした。


 1990年代にミハエル・シューマッハーのレースエンジニアだったシモンズは、その後ベネトンでテクニカルディレクターとなり、2013年から2016年までウイリアムズでチーフテクニカルオフィサーを務めた後、F1の経営陣に加わった。シモンズは2017年にF1で技術分野の仕事に取り組み始め、2022年初めに施行された新レギュレーションの導入を完了させた。


 シモンズは、ロス・ブラウンがモータースポーツ担当マネージングディレクターを退任するのと同時期の2022年末に引退するものと思われていた。しかし、今後しばらくはまだ職務に留まるつもりだと語っている。

ロス・ブラウン(モータースポーツ担当マネージングディレクター)
ロス・ブラウン(モータースポーツ担当マネージングディレクター)


「昨年夏に引退する計画があった」とシモンズは先週開催されたオートスポーツ・インターナショナルのビジネスフォーラムで明かした。


「実は1年前に辞表を出していた。こういうことは考えておかなければならない」


 シモンズは、F1のCEOのステファノ・ドメニカリと状況について話し合った結果、考えを変えたと語った。


「私の辞表は受け入れられたが、ステファノがそのことを聞きつけて、私に言った。『それはよい考えではないと思うね!』とね」


「そういうわけで私はまだここにいて仕事をしている。まだしばらくはこうしているだろう」


 つまりシモンズは2026年に施行される次のルール改正において、FIAのシングルシーター技術担当責任者のニコラス・トンバジスと協力し、中心的な役割を果たすことになるということだ。



この記事は f1i.com 提供の情報をもとに作成しています



(autosport web)




レース

7/19(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
7/20(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
7/21(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※ハンガリーGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン265
2位ランド・ノリス189
3位シャルル・ルクレール162
4位カルロス・サインツ154
5位オスカー・ピアストリ149
6位ルイス・ハミルトン125
7位セルジオ・ペレス124
8位ジョージ・ラッセル116
9位フェルナンド・アロンソ45
10位ランス・ストロール24

チームランキング

※ハンガリーGP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング389
2位マクラーレン・フォーミュラ1チーム338
3位スクーデリア・フェラーリ322
4位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラ1チーム241
5位アストンマーティン・アラムコ・フォーミュラ1チーム69
6位ビザ・キャッシュアップRB F1チーム33
7位マネーグラム・ハースF1チーム27
8位BWTアルピーヌF1チーム9
9位ウイリアムズ・レーシング4
10位ステークF1チーム・キック・ザウバー0

レースカレンダー

2024年F1カレンダー
第13戦ハンガリーGP 7/21
第14戦ベルギーGP 7/28
第15戦オランダGP 8/25
第16戦イタリアGP 9/1
第17戦アゼルバイジャンGP 9/15
  • 最新刊
  • F1速報

    Rd10 スペイン&Rd11 オーストリア&Rd12 イギリスGP号