F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

F1 Topic:ホンダロゴを継続使用の2023年、レッドブル&アルファタウリのエンジンは『Honda RBPT』に

2022年12月17日

 12月14日、国際自動車連盟(FIA)は2023年のエントリーリストを発表。それによれば、2023年にレッドブルとアルファタウリに搭載されるパワーユニットのエンジン名は『Honda RBPT』であることが判明した。


 ホンダにとってF1参戦ラストイヤーとなった2021年は、『Honda』としてエントリーしていた。2022年はレッドブルの要請を受けてパワーユニットの開発・製造を引き続き行っていたものの、パワーユニットのFIAのエントリー名はレッドブルが新たに立ち上げたレッドブル・パワートレインズの略称である『RBPT』として登録されていた。


 その後、ホンダは2022年の8月に、レッドブルF1への支援を2025年まで延長すると発表。10月には2022年の日本GP以降、『HONDA』のロゴをレッドブルとアルファタウリの車体に復活させていた。


 さらに今月12日に、東京・青山の本田技研工業本社で行われた2023年のモータースポーツ活動計画に関する発表会では、メディアからの質問に答えるかたちで、ホンダ・レーシング(HRC)の渡辺康治社長(本田技研工業株式会社執行職コーポレートコミュニケーション統括部長を兼務)が「2026年からのパワーユニット製造者登録をHRCとして行いました」との内容を明らかにしていた。


 今回のFIAの発表でエントリー名は『Honda』単独ではなく、『Honda RBPT』となっていることからもわかるように、これをもってホンダがパワーユニットマニュファクチャラーとしてF1に復帰したことを意味するものではない。ただし、レッドブルとアルファタウリに搭載されているパワーユニットがホンダが開発・製造したにも関わらず、2022年に『RBPT』と命名されていたこと自体がわかりにくく、一部のファンの間で混乱を招いていたことは確かだ。


 今回のFIAの発表により、2023年以降はレッドブル・ホンダRBPTとアルファタウリ・ホンダRBPTとなる。

2022年シーズンは、日本GP以降の終盤戦で『HONDA』のロゴが使用された
2022年シーズンは、日本GP以降の終盤戦で『HONDA』のロゴが使用された

2023年のF1エントリーリスト(2022年12月14日発表)
2023年のF1エントリーリスト(2022年12月14日発表)



(Masahiro Owari)




レース

11/18(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
11/19(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
11/20(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※アブダビGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン454
2位シャルル・ルクレール308
3位セルジオ・ペレス305
4位ジョージ・ラッセル275
5位カルロス・サインツ246
6位ルイス・ハミルトン240
7位ランド・ノリス122
8位エステバン・オコン92
9位フェルナンド・アロンソ81
10位バルテリ・ボッタス49

チームランキング

※アブダビGP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング759
2位スクーデリア・フェラーリ554
3位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム515
4位BWTアルピーヌF1チーム173
5位マクラーレンF1チーム159
6位アルファロメオF1チーム・オーレン55
7位アストンマーティン・アラムコ・コグニザント・フォーミュラワン・チーム55
8位ハースF1チーム37
9位スクーデリア・アルファタウリ35
10位ウイリアムズ・レーシング8

レースカレンダー

2022年F1カレンダー
第13戦ハンガリーGP 7/31
第14戦ベルギーGP 8/28
第15戦オランダGP 9/4
第16戦イタリアGP 9/11
第17戦シンガポールGP 10/2
  • 最新刊
  • F1速報

    総集編