F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

FIA、物議を醸したメルセデスF1のフロントウイングを2023年レギュレーションで禁止

2022年12月9日

 FIAが発表した2023年F1技術レギュレーション最新版により、メルセデスが2022年アメリカGPに持ち込み、結局使用しなかったフロントウイングデザインが、正式に禁止されたことが明らかになった。


 メルセデスは、アメリカにいくつかのアップデートを持ち込んだが、新フロントウイングについては、導入を見合わせた。通常どおりの手続きとして、メルセデスはこのウイングを製造する前にFIAの許可を得ていたものの、レギュレーション上、問題がある懸念が生じたためだった。


 アメリカGP走行前に、ウイングエレメントのギャップを維持するためのスロットギャップセパレーターが、空力的なメリットを生み出す目的が大きいとの見方がなされ、ライバルたちから抗議が出される可能性が出てきた。そのため、メルセデスはFIAと協議した結果、このウイングの使用を取りやめた。


 この際、テクニカルディレクターのマイク・エリオットは、「空力的デザインとしての副次的な利点があることは明らかである。だが、レギュレーションでは、唯一の目的ではなく主要な目的が記されているにすぎない」と述べていた。

2022年F1第19戦アメリカGP メルセデスF1 W13の新フロントウイング
2022年F1第19戦アメリカGP メルセデスF1 W13の新フロントウイング


2022年F1第19戦アメリカGP メルセデスが実際に使用したフロントウイング

 FIAが12月7日に発表した2023年F1テクニカルレギュレーションでは、これまで、フロントウイング補助コンポーネントについて記されていた「主に機械的、構造的、または測定上な理由から、フロントウイングアセンブリに加えることができる」という文言が削られた。さらに、スロットギャップセパレーター・ブラケットは「連続するフロントウイング形状間の構造的接続を提供するもの」であるという言葉が付け加えられた。



この記事は f1i.com 提供の情報をもとに作成しています



(autosport web)




レース

11/18(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
11/19(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
11/20(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※アブダビGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン454
2位シャルル・ルクレール308
3位セルジオ・ペレス305
4位ジョージ・ラッセル275
5位カルロス・サインツ246
6位ルイス・ハミルトン240
7位ランド・ノリス122
8位エステバン・オコン92
9位フェルナンド・アロンソ81
10位バルテリ・ボッタス49

チームランキング

※アブダビGP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング759
2位スクーデリア・フェラーリ554
3位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム515
4位BWTアルピーヌF1チーム173
5位マクラーレンF1チーム159
6位アルファロメオF1チーム・オーレン55
7位アストンマーティン・アラムコ・コグニザント・フォーミュラワン・チーム55
8位ハースF1チーム37
9位スクーデリア・アルファタウリ35
10位ウイリアムズ・レーシング8

レースカレンダー

2022年F1カレンダー
第13戦ハンガリーGP 7/31
第14戦ベルギーGP 8/28
第15戦オランダGP 9/4
第16戦イタリアGP 9/11
第17戦シンガポールGP 10/2
  • 最新刊
  • F1速報

    総集編