F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

F1オランダGP、契約を2年延長。2025年までザントフォールトでの開催が決定

2022年12月8日

 12月8日、F1は、オランダGPの開催契約を2年延長したことを発表した。これにより、オランダGPは今後2025年までカレンダーに残ることが決定した。


 F1オランダGPは、1985年を最後に開催を終了していた。しかしオランダ出身のマックス・フェルスタッペンの活躍もあって、2020年から3年間の開催契約を締結。新型コロナウイルスの影響により2020年は中止となったが、2021年にようやくF1カレンダーに復活した。


 今回の発表によると、F1は新たに2年の開催契約を結んだという。これにより、ザントフォールトでのオランダGPは2025年までの開催が決まった。また2023年にはアルファタウリからニック・デ・フリースがF1に参戦するため、F1で戦うオランダ人ドライバーは2名になる。


 また2022年のオランダGPでは、一般入場者の99%が公共交通機関や自転車、徒歩でサーキットまで移動しているなど、サステナブルなファン移動を重視してきた。全体のCO2排出量を80%削減するなどの取り組みも行われている。


 F1のCEOを務めるステファノ・ドメニカリは、オランダGPはファンのお気に入りのイベントという地位を確立したと語った。


「オランダGPは、毎年信じられないほどのエネルギーと素晴らしい体験をもたらし、カレンダー上でファンのお気に入りとしての地位を確立した」


「過去2年間チケットが完売したこのイベントは、組織、エンターテインメント、持続可能性の面で水準を高めており、彼らとの関係を延長できることをうれしく思っている。F1レースの開催には大きな需要がある。ザントフォールトを2025年までカレンダーに定着させることができたのは、人々の功績の証明であり、来年の夏に(ザントフォールトに)戻るのが待ちきれない」


 また、元F1ドライバーでオランダGPのスポーティングディレクターを務めるヤン・ラマースは、2名のオランダ人ドライバーが走るグランプリを楽しみにしているとコメントした。


「我々は次のグランプリを楽しみにしている。オランダのファンは、少なくともふたりのオランダ人ドライバーがいる素晴らしいレースを楽しむことができる。もちろん、我々は今回も幅広く、そして驚くべきエンターテイメントプログラムを提供する。そしてそれとともに、究極のレースフェスティバルをお届けする」


 2023年シーズンのカレンダーについては、第4戦に予定されていた中国GPの中止が決まった。F1は中国の代わりにグランプリを開催できる国を探しており、改めてカレンダーについて発表を行うとしている。

マックス・フェルスタッペン(レッドブル)
2022年F1第15戦オランダGP マックス・フェルスタッペン(レッドブル)

2022年F1第21戦ブラジルGP アルファタウリのフランツ・トスト代表らと話すニック・デ・フリース
2022年F1第21戦ブラジルGP アルファタウリのフランツ・トスト代表らと話すニック・デ・フリース



(autosport web)




レース

11/18(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
11/19(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
11/20(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※アブダビGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン454
2位シャルル・ルクレール308
3位セルジオ・ペレス305
4位ジョージ・ラッセル275
5位カルロス・サインツ246
6位ルイス・ハミルトン240
7位ランド・ノリス122
8位エステバン・オコン92
9位フェルナンド・アロンソ81
10位バルテリ・ボッタス49

チームランキング

※アブダビGP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング759
2位スクーデリア・フェラーリ554
3位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム515
4位BWTアルピーヌF1チーム173
5位マクラーレンF1チーム159
6位アルファロメオF1チーム・オーレン55
7位アストンマーティン・アラムコ・コグニザント・フォーミュラワン・チーム55
8位ハースF1チーム37
9位スクーデリア・アルファタウリ35
10位ウイリアムズ・レーシング8

レースカレンダー

2022年F1カレンダー
第13戦ハンガリーGP 7/31
第14戦ベルギーGP 8/28
第15戦オランダGP 9/4
第16戦イタリアGP 9/11
第17戦シンガポールGP 10/2
  • 最新刊
  • F1速報

    総集編