F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

ウイリアムズF1のシートを失ったラティフィ。苦戦した2022年シーズンは「3年間のなかで最悪の年になった」

2022年12月9日

 ウイリアムズを離脱するニコラス・ラティフィは、先月の最終戦アブダビGPがF1での最後の出走ということになりそうだ。このシーズンの締めくくりは、ラティフィのF1での3シーズンのなかでも最悪のものになった。


 ラティフィがグランプリドライバーとしての3年間で獲得したのはわずか9ポイントで、そのうち7ポイントは2021年に獲得し、2022年は10月の日本GPを9位でフィニッシュして2ポイントを獲得した。相対的に言えば、ラティフィは2020年と2021年にチームメイトのジョージ・ラッセルと肩を並べることはできず、今シーズンもアレクサンダー・アルボンを相手に苦戦が続いた。


 ラティフィ自身も認めているが、2022年は彼のF1での3シーズンのなかでも最悪だったという。


「今年は浮き沈みがとても激しい1年だったと言っても過言ではない」


「僕の最初の2年は……予想したとおりだと思う。F1での最初の2年がルーキーシーズンであることに変わりはない。2年目には全体的に本当に大きく改善したと思う」


「今年はチーム全体として一歩後退し、マシンを乗りこなすのに苦戦していた。あらゆる問題があった。明らかに僕がコントロールできることと、そうはできないことがあった。それがモータースポーツだ。いつもそういうものだ」


「今年は、僕の将来を確保するうえでとても重要な年だったが、最終的に3年間のなかで最悪の年になった。それが現実なんだと思う。結局うまくいかなかったんだ」

2022年F1第18戦日本GP ニコラス・ラティフィ(ウイリアムズ)


 ラティフィは9月後半に、ウイリアムズから自分が2023年のチームの計画に入っていないことを知らされた。ラティフィは、前向きな形でチームと最後の年を終えようと決心したが、彼のフラストレーションはアブダビまで続いた。


「チームに残ろうがそうでなかろうが関係なく、僕はいい仕事がしたかった。できるかぎりベストを尽くしてきたので、すべての予選とレースを終えたかった」


「知っているからといって、そのことは関係なかった。ある意味で失うものは何もなかったが、それでも最後の6戦では多くの苛立ちと失望感があった」


 しかしラティフィは、「大きな人格形成」の時期を過ごしてからF1を離れることに落胆していても、F1に対し暗い不満の気持ちを抱くことはなかった。


「多くのドライバーは1レースに出るために何でもするだろう。僕はF1で3シーズンを過ごした。確かに大変だった。もっとやりたかったという気持ちで去っていくことになる。ここに残って自分とチームを改善しようとしたかった」


「でもそれはうまくいかなかった。それを知りながら多くのレースに出た。これからは次のことに集中する時だ」

ニコラス・ラティフィ(ウイリアムズ)
2022年F1第22戦アブダビGP ニコラス・ラティフィ(ウイリアムズ)



この記事は f1i.com 提供の情報をもとに作成しています



(autosport web)




レース

11/18(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
11/19(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
11/20(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※アブダビGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン454
2位シャルル・ルクレール308
3位セルジオ・ペレス305
4位ジョージ・ラッセル275
5位カルロス・サインツ246
6位ルイス・ハミルトン240
7位ランド・ノリス122
8位エステバン・オコン92
9位フェルナンド・アロンソ81
10位バルテリ・ボッタス49

チームランキング

※アブダビGP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング759
2位スクーデリア・フェラーリ554
3位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム515
4位BWTアルピーヌF1チーム173
5位マクラーレンF1チーム159
6位アルファロメオF1チーム・オーレン55
7位アストンマーティン・アラムコ・コグニザント・フォーミュラワン・チーム55
8位ハースF1チーム37
9位スクーデリア・アルファタウリ35
10位ウイリアムズ・レーシング8

レースカレンダー

2022年F1カレンダー
第13戦ハンガリーGP 7/31
第14戦ベルギーGP 8/28
第15戦オランダGP 9/4
第16戦イタリアGP 9/11
第17戦シンガポールGP 10/2
  • 最新刊
  • F1速報

    総集編