F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

サインツ、パフォーマンス改善の理由は「スタイルを変え、好みに合わせてF1-75を微調整した」からだと語る

2022年11月29日

 カルロス・サインツは、フェラーリのF1-75の開発過程のおかげで、今夏の彼の結果が改善されたのではないかという意見を一蹴した。


 チームメイトのシャルル・ルクレールは、2022年シーズンの序盤に2戦で優勝し、シーズン序盤ではサインツを一貫して上回っていた。しかしその後サインツはパフォーマンスを上げることができ、初夏のイギリスGPではF1初優勝を飾った。

2022年F1第10戦イギリスGP カルロス・サインツ(フェラーリ)の初優勝を祝うチーム
2022年F1第10戦イギリスGP カルロス・サインツ(フェラーリ)の初優勝を祝うチーム


 サインツの改善はフェラーリの開発スケジュールと一致していたが、サインツはこのふたつの出来事の相関関係を否定している。


「マシンが僕のスタイルに合わせて開発されたとどこかで読んだけれど、それはまったくの間違いだと思うよ」とサインツはアブダビでのF1最終戦後に語った。


「マシンの感触はシーズン序盤とまったく同じだ。レッドブルやメルセデスに比べると速さの面で劣る」


「僕はドライブの仕方を学んだだけだ。自分のドライビングスタイルを変え、自分の好みに合わせてセットアップを微調整した」


「でもマシンは僕に向けて開発されたとかそういうことはない。そういった指摘がされないことを願うよ。それはまったくのでっちあげで、今年の本当の話ではないからね。僕たちはメルセデスやレッドブルに開発で遅れをとっただけだ」

カルロス・サインツ(フェラーリ)
2022年F1第22戦アブダビGP カルロス・サインツ(フェラーリ)


 サインツのパフォーマンスは間違いなく改善されたが、彼は最終的にドライバーズ選手権でルクレールに62ポイント差をつけられた。ルクレールのシーズンを評価したサインツは、ルクレールがランキング2位につけたことを称賛し、また彼の力強いパフォーマンスは、ドライビングスタイルの変更とペースの改善に向けた努力によるものだと認めた。


「彼は今年の2位の座にふさわしいと思う。この世代のマシンで、シーズン全体で本当に速かった。彼は素晴らしい走行をしていたので、僕も自分のドライビングを変更して適応させ、彼に近づこうとした」


「彼におめでとうと言いたい。彼はドライビングの面で最高のシーズンにしたから、チェコ(セルジオ・ペレス)の前にいるのがふさわしいよ」



この記事は f1i.com 提供の情報をもとに作成しています



(autosport web)




レース

11/18(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
11/19(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
11/20(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※アブダビGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン454
2位シャルル・ルクレール308
3位セルジオ・ペレス305
4位ジョージ・ラッセル275
5位カルロス・サインツ246
6位ルイス・ハミルトン240
7位ランド・ノリス122
8位エステバン・オコン92
9位フェルナンド・アロンソ81
10位バルテリ・ボッタス49

チームランキング

※アブダビGP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング759
2位スクーデリア・フェラーリ554
3位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム515
4位BWTアルピーヌF1チーム173
5位マクラーレンF1チーム159
6位アルファロメオF1チーム・オーレン55
7位アストンマーティン・アラムコ・コグニザント・フォーミュラワン・チーム55
8位ハースF1チーム37
9位スクーデリア・アルファタウリ35
10位ウイリアムズ・レーシング8

レースカレンダー

2022年F1カレンダー
第13戦ハンガリーGP 7/31
第14戦ベルギーGP 8/28
第15戦オランダGP 9/4
第16戦イタリアGP 9/11
第17戦シンガポールGP 10/2
  • 最新刊
  • F1速報

    総集編