F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

フェルスタッペンが高く評価。ローソンがレッドブルでFP1走行「最高のマシンでクールな経験ができた」/F1第22戦金曜

2022年11月19日

 2022年F1アブダビGPの金曜、レッドブルのリザーブドライバーであるリアム・ローソンは、若手ドライバーテスト規則の下、フリー走行1回目にマックス・フェルスタッペンのマシンに乗り、5番手タイムを記録した。同じRB18で走るセルジオ・ペレスは4番手、タイム差は0.234秒だった。


 レッドブルのジュニアドライバーでリザーブドライバーを務め、現在FIA F2に参戦するローソンは、ベルギーGPではアルファタウリのピエール・ガスリーのマシン、メキシコGPでは同チームの角田裕毅のマシンでFP1走行を行い、今回はF1レースウイークエンドで初めてレッドブルで走る機会を得た。


 最初はハードタイヤで走り、1分28秒478でその時点での3番手。その後、新しいウイングに交換して、チームのためのデータ収集に当たった。セッション残り15分というところでソフトタイヤでコースイン。1分27秒201をマークし、全体の5番手、ルーキー勢ではトップの位置でセッションを締めくくった。


 FP1の間、ローソンの走りを見守っていたフェルスタッペンは、「リアムはFP1でとても良い仕事をしたね。まさに僕たちが望むとおり、冷静に落ち着いて仕事に取り組んでくれた」と高く評価した。

2022年F1第22戦アブダビGP リアム・ローソン(レッドブル)
2022年F1第22戦アブダビGP リアム・ローソン(レッドブル)

■リアム・ローソン(オラクル・レッドブル・レーシング)
フリー走行1=5番手(1分27秒201:ソフトタイヤ/22周)


 クールな経験ができた。F1ウイークエンドにオラクル・レッドブル・レーシングのためにテストをしたのはこれが初めてだ。セッション前には少し緊張していたが、マシンが素晴らしいので、すぐに快適に走ることができた。ハードタイヤとソフトタイヤでたくさんの周回を走った。このふたつにはかなり大きな差があったね。ソフトタイヤで走る機会をもらえたのは素晴らしいことだった。


 メキシコではアルファタウリで走ったが、比較するのは難しい。メキシコはこことは全く違うサーキットで、標高がかなり高かったしね。


 とにかく素晴らしい一日だった。この機会をもらえたことに感謝している。



(autosport web)




レース

7/26(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
7/27(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
7/28(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※ハンガリーGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン265
2位ランド・ノリス189
3位シャルル・ルクレール162
4位カルロス・サインツ154
5位オスカー・ピアストリ149
6位ルイス・ハミルトン125
7位セルジオ・ペレス124
8位ジョージ・ラッセル116
9位フェルナンド・アロンソ45
10位ランス・ストロール24

チームランキング

※ハンガリーGP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング389
2位マクラーレン・フォーミュラ1チーム338
3位スクーデリア・フェラーリ322
4位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラ1チーム241
5位アストンマーティン・アラムコ・フォーミュラ1チーム69
6位ビザ・キャッシュアップRB F1チーム33
7位マネーグラム・ハースF1チーム27
8位BWTアルピーヌF1チーム9
9位ウイリアムズ・レーシング4
10位ステークF1チーム・キック・ザウバー0

レースカレンダー

2024年F1カレンダー
第13戦ハンガリーGP 7/21
第14戦ベルギーGP 7/28
第15戦オランダGP 8/25
第16戦イタリアGP 9/1
第17戦アゼルバイジャンGP 9/15
  • 最新刊
  • F1速報

    Rd10 スペイン&Rd11 オーストリア&Rd12 イギリスGP号