F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

ハースの抗議で“危険な状態で走行した”アロンソに30秒加算の罰。ペレスの4位は維持、角田は9位に/F1第19戦

2022年10月24日

 ハースF1チームが、F1アメリカGP決勝後、4位のセルジオ・ペレス(レッドブル)と7位のフェルナンド・アロンソ(アルピーヌ)に技術的違反があったとの主張で抗議を行った。どちらのマシンもレース中のアクシデントでマシンがダメージを負い、その状態で走行していたのは危険であるというのがハースの抗議理由だった。スチュワードがこれについて調査を行った結果、ペレスについては抗議を却下し、リザルトを維持したものの、アロンソには10秒のストップアンドゴーペナルティ(レースタイムに30秒加算)を科すことを決めた。これによりアロンソは15位まで降格された。


 ペレスはレース1周目、バルテリ・ボッタス(アルファロメオ)との接触でフロントウイングが破損、その後、右エンドプレートが飛んでしまった。アロンソはランス・ストロール(アストンマーティン)との接触でマシンにダメージを負い、ピットイン。ノーズを交換してレースを続けることができたが、右側のミラーが緩んでおり、その後、脱落した。

2022年F1第19戦アメリカGP セルジオ・ペレス(レッドブル)のフロントウイングのエンドプレートが破損
2022年F1第19戦アメリカGP セルジオ・ペレス(レッドブル)のフロントウイングのエンドプレートが破損

 ハース代表ギュンター・シュタイナーらは、マシンは安全ではない状態だったこと、今年同様の状況で自分たちにはブラック&オレンジフラッグが提示されたことを申し立てた。


 ペレスに関しては、FIA側は、エンドプレート脱落後、レッドブルからフロントウイングの詳細の写真を受け取っており、それは安全でない状態ではないと判断していたと述べた。スチュワードも証拠を調査した結果、ハースの抗議を却下した。


 アロンソについては、FIAは、ミラーがぐらついていた状態は危険であり、脱落後、ひとつのミラーで走行することも安全ではないと判断。スチュワードは、ハースから2度にわたり、レースコントロールに対して指摘がなされていたにもかかわらず、アロンソのマシンについて、ブラック&オレンジフラッグが提示されなかったこと、少なくとも無線での指示がなされなかったことに深い懸念を示すとともに、マシンは安全な状態で走らせなければならないというレギュレーションに基づきハースの抗議を支持し、アロンソに10秒のストップアンドゴーペナルティ(レースタイムに30秒加算)を科すことを決めた。


 なお、これはチームの責任であるとして、アロンソにペナルティポイントは科されなかった。


 アロンソの降格で、多数のドライバーのポジションが繰り上げられ、セバスチャン・ベッテル(アストンマーティン)が7位、ケビン・マグヌッセン(ハース)が8位、角田裕毅(アルファタウリ)が9位、エステバン・オコン(アルピーヌ)が10位という結果になった。



(autosport web)




レース

5/24(金) フリー走行1回目 20:30〜21:30
フリー走行2回目 24:00〜25:00
5/25(土) フリー走行3回目 19:30〜20:30
予選 23:00〜
5/26(日) 決勝 22:00〜


ドライバーズランキング

※エミリア・ロマーニャGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン161
2位シャルル・ルクレール113
3位セルジオ・ペレス107
4位ランド・ノリス101
5位カルロス・サインツ93
6位オスカー・ピアストリ53
7位ジョージ・ラッセル44
8位ルイス・ハミルトン35
9位フェルナンド・アロンソ33
10位角田裕毅15

チームランキング

※エミリア・ロマーニャGP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング268
2位スクーデリア・フェラーリ212
3位マクラーレン・フォーミュラ1チーム154
4位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラ1チーム79
5位アストンマーティン・アラムコ・フォーミュラ1チーム44
6位ビザ・キャッシュアップRB F1チーム20
7位マネーグラム・ハースF1チーム7
8位BWTアルピーヌF1チーム1
9位ウイリアムズ・レーシング0
10位ステークF1チーム・キック・ザウバー0

レースカレンダー

2024年F1カレンダー
第8戦モナコGP 5/26
第9戦カナダGP 6/9
第10戦スペインGP 6/23
第11戦オーストリアGP 6/30
第12戦イギリスGP 7/7
  • 最新刊
  • F1速報

    Vol.5 第5戦中国GP & 第6戦マイアミGP