F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

アルファロメオF1、育成ドライバーのプルシェールをアメリカGPのFP1で起用へ。ボッタス車をドライブ

2022年10月14日

 ザウバー・アカデミーに在籍しているテオ・プルシェールは、オースティンで開催されるF1第19戦アメリカGPで、初めてフリー走行1回目(FP1)を担当する予定だ。


 F1で今シーズンより義務化されている若手ドライバー起用ルールにより、フランス出身で19歳のプルシェールは、アメリカGPでバルテリ・ボッタスのC42を引き継ぐことになる。


 プルシェールは今年、FIA F2選手権で2年目のシーズンを迎えている。現在ドライバーズ選手権で2位につけており、2レースを残すなかで3回の優勝と7回の表彰台を獲得している。だがプルシェールには来年アルファロメオからF1に参戦するチャンスがないので、2023年シーズンはチームのリザーブドライバーのひとりとなる予定だ。

左:エンツォ・フィッティパルディ(チャロウズ・レーシングシステム)、中:テオ・プルシェール(ARTグランプリ)、右:ラルフ・ボシュング(カンポス・レーシング)
左:エンツォ・フィッティパルディ(チャロウズ・レーシングシステム)、中:テオ・プルシェール(ARTグランプリ)、右:ラルフ・ボシュング(カンポス・レーシング)


「オースティンでフリー走行デビューすることに興奮している」と、2021年にアルファロメオで旧仕様のF1マシンをテストしたプルシェールは語った。


「F1マシンを走行させるのはこれで2回目になるが、ある意味では初めてのように感じるだろう。今回は公式なグランプリセッションになるからだ」


「夢が叶ったような気分だ。アルファロメオF1チーム・オーレンが、僕を信頼してこの素晴らしいチャンスをくれたことに感謝したい」


「コースに出るのを楽しみにしている。この機会を最大限に活用し、アメリカGPの準備をするチームをサポートするのに全力を尽くすつもりだ」


 アルファロメオF1チーム代表のフレデリック・バスールは次のように語っている。


「テオはこれまでと同様に、今シーズン中も素晴らしいパフォーマンスを発揮してきた」


「我々はほぼ4年間、アカデミーの一員としての彼と緊密な作業を行ってきた。彼の絶え間のない進歩と、ドライバーとしての、そして同様に人間としての彼の成長に感銘を受けている」


「来週、彼に初めてのフリー走行セッションの機会を与えることをうれしく思う。彼はこのチャンスにふさわしいし、パフォーマンスでふたたび我々を感心させるだろうと確信している。また、チームがアメリカGPを前に貴重なデータを収集する助けになってくれるだろう」

テオ・プルシェール(ARTグランプリ)
2022年FIA F2第3戦イモラ テオ・プルシェール(ARTグランプリ)



この記事は f1i.com 提供の情報をもとに作成しています



(autosport web)




レース

11/18(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
11/19(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
11/20(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※アブダビGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン454
2位シャルル・ルクレール308
3位セルジオ・ペレス305
4位ジョージ・ラッセル275
5位カルロス・サインツ246
6位ルイス・ハミルトン240
7位ランド・ノリス122
8位エステバン・オコン92
9位フェルナンド・アロンソ81
10位バルテリ・ボッタス49

チームランキング

※アブダビGP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング759
2位スクーデリア・フェラーリ554
3位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム515
4位BWTアルピーヌF1チーム173
5位マクラーレンF1チーム159
6位アルファロメオF1チーム・オーレン55
7位アストンマーティン・アラムコ・コグニザント・フォーミュラワン・チーム55
8位ハースF1チーム37
9位スクーデリア・アルファタウリ35
10位ウイリアムズ・レーシング8

レースカレンダー

2022年F1カレンダー
第13戦ハンガリーGP 7/31
第14戦ベルギーGP 8/28
第15戦オランダGP 9/4
第16戦イタリアGP 9/11
第17戦シンガポールGP 10/2
  • 最新刊
  • F1速報

    総集編