F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

レッドブル&HRC密着:難しい路面状況のなかミスなく走りきったペレス。小さな違和感を感じ取る能力が活きたレース

2022年10月3日

 F1第17戦シンガポールGPの決勝で、予選2番手からスタートで好ダッシュを決めて、1コーナーでトップに立ったセルジオ・ペレス(レッドブル)。ペレスはこれまで3勝していたが、いずれの勝利も逆転で勝利を手にしてきた。スタート直後からトップに立って、レースをリードしたことはなかった。


 しかも、今年のシンガポールGPのレースは、スタート直前に雨が降り、なかなか乾かずに滑りやすい路面が続くという難しいコンディションだった。それは、現役最強と言われているマックス・フェルスタッペン(レッドブル)や、史上最多の7冠王者のルイス・ハミルトン(メルセデス)といったチャンピオンたちでさえ、ブレーキングでタイヤをロックさせるというミスを犯していたことでもわかる。


 そんななか、今年のシンガポールGPはペレスとシャルル・ルクレール(フェラーリ)だけが、ミスを犯さなかっただけでなく、難しいコンディションのなかで異次元の走りを披露していた。ペレスは今回だけでなく、今年の雨のモナコGPの優勝をはじめ、難しいコンディションや荒れたレースで底力を発揮するドライバーとして定評がある。そのことを物語っていたのが、レース終盤に無線でドライバビリティに関する懸念を訴えたことだった。

レッドブル&HRC密着
34周目にミディアムタイヤに履き替えたペレス


 ペレスのパワーユニットを担当するHRC(ホンダ・レーシング)の湊谷圭祐エンジニアは「パワーユニット的には問題はなかった。ただし、限界ギリギリで走っているとドライバーはほんの小さな違和感が気になる」のだと言う。しかも、あのとき路面コンディションは難しい状況だった。そのなかで限界で走るにはいつも以上に正確性が求められる。その微妙な変化を感じ取れる能力があるからこそ、ペレスはシンガポールGPでわずかなミスも犯さず、トップを堅持していたのだった。

レッドブル&HRC密着
湊谷圭祐エンジニア&吉野誠メカニック


 最終的にペレスは、レース終盤にルクレールを突き放す脅威的な走りで7秒以上のギャップを築いて、フィニッシュ。全周回トップでの優勝は、ペレスにとって初の快挙だった。ウエットコンディションのなか、セーフティーカーが2回、バーチャルセーフティカー(VSC)は3回出された今年のシンガポールGP。ペレスが最も勝者に相応しい走りをしていた。



(Masahiro Owari)




レース

11/18(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
11/19(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
11/20(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※アブダビGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン454
2位シャルル・ルクレール308
3位セルジオ・ペレス305
4位ジョージ・ラッセル275
5位カルロス・サインツ246
6位ルイス・ハミルトン240
7位ランド・ノリス122
8位エステバン・オコン92
9位フェルナンド・アロンソ81
10位バルテリ・ボッタス49

チームランキング

※アブダビGP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング759
2位スクーデリア・フェラーリ554
3位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム515
4位BWTアルピーヌF1チーム173
5位マクラーレンF1チーム159
6位アルファロメオF1チーム・オーレン55
7位アストンマーティン・アラムコ・コグニザント・フォーミュラワン・チーム55
8位ハースF1チーム37
9位スクーデリア・アルファタウリ35
10位ウイリアムズ・レーシング8

レースカレンダー

2022年F1カレンダー
第13戦ハンガリーGP 7/31
第14戦ベルギーGP 8/28
第15戦オランダGP 9/4
第16戦イタリアGP 9/11
第17戦シンガポールGP 10/2
  • 最新刊
  • F1速報

    第19戦アメリカGP&第20戦メキシコGP 合併号