F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

アルファタウリF1のガスリー、2023年移籍の可能性を認める「2、3週間のうちに明確な答えが出ると思う」

2022年9月30日

 アルファタウリF1チームのピエール・ガスリーは、2023年のプランについては、今後2週間か3週間のうちに決まる見通しであると語った。ガスリーがアルファタウリに残留することは、すでに発表されているが、その後のドライバーマーケットの動きにより、アルピーヌへの移籍の可能性が出てきた。


 フェルナンド・アロンソが今季末でアルピーヌから去り、アルピーヌのリザーブドライバーであるオスカー・ピアストリがマクラーレンに加入することが決定したため、アルピーヌは、2023年のドライバーを探さなければならない状況に陥った。アルピーヌはフランス出身のガスリーをエステバン・オコンのチームメイトに起用し、オールフランスの体制を形成することを望んでいると言われる。


 ガスリーの契約を持つレッドブルの首脳陣は、適切な後任が見つかるならガスリーを手放すと示唆している。当初は、インディカードライバー、コルトン・ハータ獲得を目指していたが、スーパーライセンスポイントが足りないことで断念。その後、メルセデスのリザーブドライバー、ニック・デ・フリースの起用を考え始め、すでに大筋で合意したとの説もある。

ニック・デ・フリース(ウイリアムズ)
2022年F1第16戦イタリアGP ニック・デ・フリース(ウイリアムズ)

 シンガポールGP前の記者会見において、「2023年のニュースはいつ発表されるのか」という質問を受け、ガスリーは、移籍について現在も交渉が行われていると示唆し、数週間後に状況がより明確になる見込みだと答えた。


「今進行中の会話や話し合いについては、誰もが知っていることだと思う」とガスリーは語った。


「僕としては、今後2週間か3週間のうちに、自分の将来について明確な答えを得られるものと期待している。今のところは状況に何の変化もない。僕の将来について何かが確定したら、皆さんにお知らせすることになるはずだよ」


 デ・フリースは、アルファタウリの他に、ウイリアムズやアルピーヌの来季ドライバー候補でもあるといわれる。F1デビューのチャンスを提供したウイリアムズと2023年の契約を結ぶのが自然なことのようにも思えるが、『Sky Sports』など多数のメディアが、デ・フリースはアルファタウリを選び、ガスリーはアルピーヌに移籍するのではないかと予想している。

2022年F1第17戦シンガポールGP ピエール・ガスリーと角田裕毅(アルファタウリ)
2022年F1第17戦シンガポールGP ピエール・ガスリーと角田裕毅(アルファタウリ)



(autosport web)




レース

11/18(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
11/19(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
11/20(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※アブダビGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン454
2位シャルル・ルクレール308
3位セルジオ・ペレス305
4位ジョージ・ラッセル275
5位カルロス・サインツ246
6位ルイス・ハミルトン240
7位ランド・ノリス122
8位エステバン・オコン92
9位フェルナンド・アロンソ81
10位バルテリ・ボッタス49

チームランキング

※アブダビGP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング759
2位スクーデリア・フェラーリ554
3位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム515
4位BWTアルピーヌF1チーム173
5位マクラーレンF1チーム159
6位アルファロメオF1チーム・オーレン55
7位アストンマーティン・アラムコ・コグニザント・フォーミュラワン・チーム55
8位ハースF1チーム37
9位スクーデリア・アルファタウリ35
10位ウイリアムズ・レーシング8

レースカレンダー

2022年F1カレンダー
第13戦ハンガリーGP 7/31
第14戦ベルギーGP 8/28
第15戦オランダGP 9/4
第16戦イタリアGP 9/11
第17戦シンガポールGP 10/2
  • 最新刊
  • F1速報

    第19戦アメリカGP&第20戦メキシコGP 合併号