F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

F1タイトル連覇に近づくフェルスタッペン、計算上の話はばかばかしいと一蹴「多くのレースで勝つことを目指す」

2022年9月28日

 レッドブルのマックス・フェルスタッペンは、今週末のF1第17戦シンガポールGPで、2度目のF1ワールドチャンピオンに輝く可能性がある。しかしフェルスタッペンは、そうした考えは頭から締め出しているという。ドライバーズランキングで圧倒的首位に立っていても、「気は抜けない」からだ。


 直近の5レースすべてで優勝し、勝利記録を重ねるフェルスタッペンは、ランキング2位のシャルル・ルクレール(フェラーリ)に116ポイントもの大差をつけている。今シーズンの残りは6戦なので、フェルスタッペンがシンガポールGPでライバルのルクレールに勝って22点差をつければ、2年連続となるF1タイトル獲得を祝うことができる。


 しかしこのシナリオは、フェルスタッペンにとっては現実味が薄いようだ。


「まだまだ気は抜けない」とフェルスタッペンは語った。


「僕たちが目指すのは、さらに多くのレースで勝つことだ。残りのレースも優勝を目指す方針で臨む。安定したパフォーマンスを発揮し、リタイアしないようにしながらね」


「シーズンのはじめはちょっとした問題があった。だけど、僕たちがどれだけ実力のあるチームなのか、あくまでも追求するつもりだ」

2022年F1第14戦ベルギーGP
2022年F1第14戦ベルギーGP フェルスタッペンが優勝、ペレスが2位に入賞し、今季4度目の1-2フィニッシュ達成したレッドブル


 数字の上で言うならば、たとえ残りの全レースでルクレールよりも低い順位でフィニッシュしたとしても、フェルスタッペンのタイトル獲得は動かないだろう。しかし数字であれこれ論じるのは、フェルスタッペンに言わせれば、「ばかばかしい」ということになる。


「計算では語れない。レースに出なくなれば、いくらでもそういう話ができるけどね」とフェルスタッペンは語った。


「これは前にも言ったし、チームのみんなもそう考えていると思う。僕たちはもっと多くのレースで勝ちたい。『2位か3位でいいや』なんて、そんな言い方はできない。僕らの仕事の仕方はそうじゃない。いつでもベストを追求するし、みんなが優勝したいと思っている」


「安全策をとって他のチームに勝ちを譲ろう、とは考えたくない。もちろん、まずは問題なく完走してこそだというのは分かっている」


「安全に行こうなんて考えはじめたら、逆にミスが起きるんじゃないかな」


「今の段階でそんな皮算用をし始めるのは、ばかばかしいとすら思える。まだまだあらゆるリスクが残っている。とにかく集中を切らしてはならない」

マックス・フェルスタッペン(レッドブル)
2022年F1第15戦オランダGP マックス・フェルスタッペン(レッドブル)



この記事は f1i.com 提供の情報をもとに作成しています



(autosport web)




レース

11/18(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
11/19(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
11/20(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※アブダビGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン454
2位シャルル・ルクレール308
3位セルジオ・ペレス305
4位ジョージ・ラッセル275
5位カルロス・サインツ246
6位ルイス・ハミルトン240
7位ランド・ノリス122
8位エステバン・オコン92
9位フェルナンド・アロンソ81
10位バルテリ・ボッタス49

チームランキング

※アブダビGP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング759
2位スクーデリア・フェラーリ554
3位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム515
4位BWTアルピーヌF1チーム173
5位マクラーレンF1チーム159
6位アルファロメオF1チーム・オーレン55
7位アストンマーティン・アラムコ・コグニザント・フォーミュラワン・チーム55
8位ハースF1チーム37
9位スクーデリア・アルファタウリ35
10位ウイリアムズ・レーシング8

レースカレンダー

2022年F1カレンダー
第13戦ハンガリーGP 7/31
第14戦ベルギーGP 8/28
第15戦オランダGP 9/4
第16戦イタリアGP 9/11
第17戦シンガポールGP 10/2
  • 最新刊
  • F1速報

    第19戦アメリカGP&第20戦メキシコGP 合併号