F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

【F1チームの戦い方:小松礼雄コラム第11回後編】ミスを取り返そうとしたミックは及第点のレース。頻発したピットミスを改善へ

2022年9月26日

 2022年シーズンで7年目を迎えたハースF1チームと小松礼雄エンジニアリングディレクター。3連戦の真ん中、第15戦オランダGPでは初日からセットアップが決まっていたこともあって、ミック・シューマッハーが好調ぶりを見せていた。ところが決勝レースではタイヤ交換時にミスが続出。ミスによるロスを取り返そうと奮闘したシューマッハーは、入賞には届かずも及第点のレースを披露した。


 コラム第11回は前編・後編の2本立てでお届け。後編となる今回は、オランダGPの現場の事情を小松エンジニアが振り返ります。


────────────────────


2022年F1第15戦オランダGP
#47 ミック・シューマッハー 予選8番手/決勝13位
#20 ケビン・マグヌッセン 予選18番手/決勝15位


 3連戦の2戦目は、昨年復活したオランダGPです。今年はザントフォールトの最終コーナーにDRSゾーンが追加されました。それでも基本的に追い抜きが難しいサーキットに変わりないですが、DRSゾーンになったのはよかったと思っています。


 この週末、ミックは最初から持ち込みのセットアップがよかったので、ケビンを上回るタイムを残していました。一方で、ケビンの持ち込みセットアップがよくなかったとは思っていません。それよりも、彼は12年ぶりにここで走ったということで、サーキットも大きく変わっており、習熟に手こずっていました。


 ここに来る前にシミュレーターで走っていなかった(ケビンはシーズン中にシミュレーターに乗るのを感触が濁るという理由で特に嫌います)とはいえ、F1ドライバーレベルでここまでサーキット習熟に時間がかかるのは考えものです。路面状況の変化についていけなかったのも、やはりここで自分のベースラインがしっかりと確立できていなかったことが影響していたと思います。

ケビン・マグヌッセン(ハース)
2022年F1第15戦オランダGP ケビン・マグヌッセン(ハース)


 レースでは、ウチにとって最も使いやすいミディアムタイヤでスタートしました。ミックは1周目にタイヤを上手く使えず、順位をふたつほど落としました。それに比べてケビンはいつものように1周目は見事に3台抜いてポジションを上げましたが、2周目のターン2進入で攻めすぎてコースアウトしてしまい、すべてを無駄にしてしまいました。


 ミックは1周目こそ苦労したもののその後はなかなかいいペースで走ってくれました。ソフトタイヤでスタートしたフェルナンド・アロンソ(アルピーヌ)が12周目にピットインしたので、これをカバーするために13周目にピットインをして再びミディアムタイヤを装着。しかしこの際にフロントジャッキのトラブルがあり大きくタイムロスをして、一気にポイント圏外に落ちてしまいました。


 その後はなんとか挽回しようとプッシュして前を行くピエール・ガスリー(アルファタウリ)と周冠宇(アルファロメオ)に追いついたのですが、抜くところまではいかず、逆にタイヤがタレ始めて後ろから来たバルテリ・ボッタス(アルファロメオ)に追い抜かれてしまいました。ここでこのタイヤに見切りをつけ、ハードタイヤに交換して最後まで行くためにピットイン。このピットストップで今度は左フロントタイヤの交換に手間取り、想定外なことにダニエル・リカルド(マクラーレン)の後ろでピットアウトすることになりました。結果、リカルドに数周詰まり、ミックはさらにタイムロスをしました。


 44周目の角田裕毅(アルファタウリ)のトラブルでバーチャルセーフティカー(VSC)が出た際には2台とも再びピットストップを行い、これでミックは1周後にピットインしたセバスチャン・ベッテル(アストンマーティン)を逆転することに成功しました。レース再開後にそのベッテルに抜かれてしまいましたが、ベッテルは青旗無視による5秒ペナルティを受けていたため、ミックは13位フィニッシュとなりました。

ミック・シューマッハー(ハース)
2022年F1第15戦オランダGP ミック・シューマッハー(ハース)


 ミックは8番手スタートをポイントフィニッシュに繋げることはできなかったものの、及第点のレースをしたと思っています。ピットストップの問題がなければ、アロンソとランス・ストロール(アストンマーティン)の間でレースができたと思うので入賞は可能でした。2スティント目にタイヤを酷使したのもピットストップでのロスを取り返そうとしてのことなので、一概にミックを責められません。


 ピットストップに関して言えば、今回は6回のストップのうち、5回も問題がありました。フロントジャッキ、ガンの問題、そして左フロントタイヤの交換に手間取ったのが3回と散々でした。フロントジャッキの問題はイタリアGPの前に解明し対策を施しています。ガンの問題はすべてをイタリアGPの前に解決することはできないので、できる限り最も新しくサービスされたものを使います。(第12回イタリアGP編に続く)

ミック・シューマッハー(ハース)
2022年F1第15戦オランダGP ミック・シューマッハー(ハース)

ケビン・マグヌッセン(ハース)
2022年F1第15戦オランダGP ケビン・マグヌッセン(ハース)



(Ayao Komatsu)




レース

11/18(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
11/19(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
11/20(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※アブダビGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン454
2位シャルル・ルクレール308
3位セルジオ・ペレス305
4位ジョージ・ラッセル275
5位カルロス・サインツ246
6位ルイス・ハミルトン240
7位ランド・ノリス122
8位エステバン・オコン92
9位フェルナンド・アロンソ81
10位バルテリ・ボッタス49

チームランキング

※アブダビGP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング759
2位スクーデリア・フェラーリ554
3位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム515
4位BWTアルピーヌF1チーム173
5位マクラーレンF1チーム159
6位アルファロメオF1チーム・オーレン55
7位アストンマーティン・アラムコ・コグニザント・フォーミュラワン・チーム55
8位ハースF1チーム37
9位スクーデリア・アルファタウリ35
10位ウイリアムズ・レーシング8

レースカレンダー

2022年F1カレンダー
第13戦ハンガリーGP 7/31
第14戦ベルギーGP 8/28
第15戦オランダGP 9/4
第16戦イタリアGP 9/11
第17戦シンガポールGP 10/2
  • 最新刊
  • F1速報

    第19戦アメリカGP&第20戦メキシコGP 合併号