F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

F1日本GPを前にタイトル決定の可能性。マックス・フェルスタッペンのシンガポールGPでのタイトル獲得条件

2022年9月28日

 新たな車両レギュレーションとともに迎えた2022年シーズンのF1。全22戦中16戦を終えて335ポイントを獲得したマックス・フェルスタッペン(レッドブル・レーシング)が選手権を大きくリードし、9月30日〜10月2日に開催される第17戦シンガポールGPの結果次第では、第18戦日本GPを前にドライバーズタイトルが決する可能性が出てきた。ここでは、シンガポールGP終了時点でのフェルスタッペンの2年連続タイトル獲得の条件を見ていこう。


 今季これまでに11勝、第12戦フランスGPから第16戦イタリアGPまでは5連勝を飾っているフェルスタッペンはドライバーズランキング2位につけるシャルル・ルクレール(フェラーリ/219ポイント)に対し、116ポイントの大差をつけている。なお、ランキング3位にフェルスタッペンのチームメイトのセルジオ・ペレス(レッドブル・レーシング/210ポイント)、ランキング4位にジョージ・ラッセル(メルセデス/203ポイント)が続いており、ランキング2位争いは混戦模様だ。


 2022年のF1で優勝で得られるポイントは25ポイント。さらにファステストラップを獲得できればボーナスの1ポイントが獲得できるため通常の1大会で獲得できる最大ポイントは26ポイントとなる。また、シンガポールGP終了時点で残す大会数は5大会。そのうち、ブラジルGPはF1スプリントが開催される。土曜日に開催されるF1スプリントでトップチェッカーを受けると8ポイントを獲得できるため、日本GP、アメリカGP、メキシコGP、ブラジルGP(スプリント有)、アブダビGPの5大会で獲得できる最大ポイントは138ポイント(26×5+8)となる。


 つまりフェルスタッペンは、シンガポールGP終了時点でライバルに対し138ポイント差をつければ、その時点でドライバーズタイトルを手にする。これをイタリアGP終了時点でのポイント差に当てはめると、ルクレールに対しあと22ポイント差、ペレスに対しあと13ポイント差、ラッセルに対しあと6ポイント差となる。


 これらの条件をもとに、シンガポールGPでフェルスタッペンが優勝すると仮定すると『ルクレールが9位以下』、『ペレスが4位以下、もしくはファステストラップの1ポイントを手にした上でも5位以下』となれば、フェルスタッペンが2年連続のドライバーズタイトルを手にする。また、フェルスタッペンが優勝とファステストラップをマークした場合には、『ルクレールが8位以下』、『ペレスが4位以下』という条件でフェルスタッペンの王者獲得が決まる。


 それだけに、ルクレール&フェラーリ陣営にとって、シンガポールGPは絶対に落とせない一戦とも言える。フェルスタッペンが圧倒的なリードを築くなか、フェラーリとルクレールがどこまであがくことができるのかが今大会の鍵となりそうだ。


 もし、シンガポールGPでタイトルが決することがなくとも、翌週に控える日本GPでフェルスタッペンがライバルに対し『112ポイント差』を築いて終えれば鈴鹿でタイトルが決定する。それゆえに、シンガポールと日本のアジア2連戦は2022年シーズンの天王山と呼ぶにふさわしいだろう。10月7〜9日に鈴鹿サーキットで3年ぶりに開催されるF1日本GPを観戦する上でも、このシンガポールGPの戦いからは目が離せない。

■マックス・フェルスタッペンのタイトル獲得条件

M.フェルスタッペンC.ルクレールS.ペレス
優勝9位以下4位以下orFL+5位以下
優勝+FL8位以下4位以下

※上記表は2022年シンガポールGP優勝でマックス・フェルスタッペンが優勝した場合
FL:ファステストラップ(1ポイント)



(autosport web)




レース

11/18(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
11/19(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
11/20(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※アブダビGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン454
2位シャルル・ルクレール308
3位セルジオ・ペレス305
4位ジョージ・ラッセル275
5位カルロス・サインツ246
6位ルイス・ハミルトン240
7位ランド・ノリス122
8位エステバン・オコン92
9位フェルナンド・アロンソ81
10位バルテリ・ボッタス49

チームランキング

※アブダビGP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング759
2位スクーデリア・フェラーリ554
3位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム515
4位BWTアルピーヌF1チーム173
5位マクラーレンF1チーム159
6位アルファロメオF1チーム・オーレン55
7位アストンマーティン・アラムコ・コグニザント・フォーミュラワン・チーム55
8位ハースF1チーム37
9位スクーデリア・アルファタウリ35
10位ウイリアムズ・レーシング8

レースカレンダー

2022年F1カレンダー
第13戦ハンガリーGP 7/31
第14戦ベルギーGP 8/28
第15戦オランダGP 9/4
第16戦イタリアGP 9/11
第17戦シンガポールGP 10/2
  • 最新刊
  • F1速報

    第19戦アメリカGP&第20戦メキシコGP 合併号