F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

フェラーリ代表、開発プログラムに貢献してきたシュワルツマンを「F1シートにふさわしいドライバー」と称賛

2022年9月23日

 フェラーリのチーム代表を務めるマッティア・ビノットは、チームの開発ドライバーを務めるロバート・シュワルツマンに大きな称賛を送っており、彼はF1シートにふさわしいと主張している。


 シュワルツマンの最近の成績は、2019年にFIA F3でタイトルを獲得し、昨年はオスカー・ピアストリに続くランキング2位でFIA F2のシーズンを終えている。今後は、10月にオースティンで行われるアメリカGPでフリー走行1回目に参加し正式にF1デビューを飾り、シーズン最終戦のアブダビGPでもFP1を担当する予定だ。


 シュワルツマンは2020年以来何度かフェラーリでテスト走行を行っており、また2021年シーズン終了後にアブダビで行われた若手ドライバーテストでは、ハースからテストに参加した。

ロバート・シュワルツマン(ハース)
2021年F1アブダビテスト ロバート・シュワルツマン(ハース)


「ロバートは素晴らしいドライバーだ」とビノットは最近モンツァで語った。


「彼はF1では特に速いと思う。F1マシンでどこを走行しようが、彼はF1でとても速い。F3やF2で素晴らしくても、F1では力不足なドライバーはいるものだ」


「ロバートはその対局にあると思う。彼は確かにF3でもF2でも素晴らしかったが、F1では非常に力強い。現在彼がシートを得ることができていないのはとても残念だ」


 シュワルツマンは、昨シーズン末に適切なシートが見つからなかったことから、今年は控えとして過ごしてきた。それでもシュワルツマンは、マラネロでフェラーリのシミュレーター作業に勤しむとともに、レースウイークはチームに帯同している。


 ビノットは、シュワルツマンのシミュレーション作業と、フェラーリの開発プログラムへの貢献を称えた。


「今シーズン、彼は多くのシミュレーター作業を行った。現行のマシン開発において、チームをよく助けてくれている」


「ドライバーとして彼は成長しているし、スキルを磨いてきた。今では1年前よりもずっと成熟している。それに彼はシートにふさわしいドライバーだと思う」


「現在のこの状況では非常に難しいことだが、将来はシートを得られるかもしれない」

ロバート・シュワルツマンがフェラーリSF21でテスト(ムジェロ)
ロバート・シュワルツマンがフェラーリSF21でテスト(ムジェロ)

ロバート・シュワルツマンがフェラーリSF21でテスト(ムジェロ)
ロバート・シュワルツマンがフェラーリSF21でテスト(ムジェロ)



この記事は f1i.com 提供の情報をもとに作成しています



(autosport web)




レース

9/9(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
9/10(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
9/11(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※イタリアGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン335
2位シャルル・ルクレール219
3位セルジオ・ペレス210
4位ジョージ・ラッセル203
5位カルロス・サインツ187
6位ルイス・ハミルトン168
7位ランド・ノリス88
8位エステバン・オコン66
9位フェルナンド・アロンソ59
10位バルテリ・ボッタス46

チームランキング

※イタリアGP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング545
2位スクーデリア・フェラーリ406
3位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム371
4位BWTアルピーヌF1チーム125
5位マクラーレンF1チーム107
6位アルファロメオF1チーム・オーレン52
7位ハースF1チーム34
8位スクーデリア・アルファタウリ33
9位アストンマーティン・アラムコ・コグニザント・フォーミュラワン・チーム25
10位ウイリアムズ・レーシング6

レースカレンダー

2022年F1カレンダー
第16戦イタリアGP 9/11
第17戦シンガポールGP 10/2
第18戦日本GP 10/9
第19戦アメリカGP 10/23
第20戦メキシコGP 10/30
  • 最新刊
  • F1速報

    第16戦 イタリアGP号