F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

【F速プレミアム】王者フェルスタッペンの戦い:モンツァでのブーイングに動揺みせず「僕は全然気にしていないよ」

2022.09.21

 F1第14戦ベルギーGP、第15戦オランダGP、第16戦イタリアGPで3連勝を飾ったマックス・フェルスタッペン(レッドブル)。2022年シーズンはあと6戦残っているが、フェラーリのシャルル・ルクレールに対しに116ポイントの差を広げている。スイス在住のF1ジャーナリスト、マチアス・ブルナーが3連戦を振り返る。

-------------------------------------------

 夏休み明けの3連戦で、マックス・フェルスタッペンは3勝をあげた。休み前から数えれば5連勝だ。F1世界選手権タイトル防衛に向けて歩みを進める“スーパーマックス”にとって、まさにこれ以上は望むべくもない結果だった。

 フェルスタッペンは夏休み直前のフランス、ハンガリーの両グランプリを制した。そして、戦いが再開されたベルギーのスパ・フランコルシャンでも、休みに入った時と少しも変わらない強さを示したのである。

 ハンガリーでの見事な勝利へのドライブと同様に、マックスはベルギーでも14番手グリッドからスタートしながら、文句なしの優勝を果たした。オランダでは、結果としては昨年からの2連勝で終えたものの、今回は特にメルセデス勢の速さに手こずり、レース終盤のセーフティカーがもたらした幸運と、レッドブルのチーフストラテジスト、ハンナ・シュミッツの完璧な戦略に救われることになった。そして、イタリアではエンジン交換により、5グリッド降格のペナルティを負わされた。


※こちらの記事はプレミアム会員専用のコンテンツとなります。
一般+プレミアム会員一括登録

会員登録ページへ
※プレミアム会員登録後、本文記事が表示されない場合、ページの更新をお試しください。



レース

9/30(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
10/1(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
10/2(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※シンガポールGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン341
2位シャルル・ルクレール237
3位セルジオ・ペレス235
4位ジョージ・ラッセル203
5位カルロス・サインツ202
6位ルイス・ハミルトン170
7位ランド・ノリス100
8位エステバン・オコン66
9位フェルナンド・アロンソ59
10位バルテリ・ボッタス46

チームランキング

※シンガポールGP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング576
2位スクーデリア・フェラーリ439
3位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム373
4位マクラーレンF1チーム129
5位BWTアルピーヌF1チーム125
6位アルファロメオF1チーム・オーレン52
7位アストンマーティン・アラムコ・コグニザント・フォーミュラワン・チーム37
8位ハースF1チーム34
9位スクーデリア・アルファタウリ34
10位ウイリアムズ・レーシング6

レースカレンダー

2022年F1カレンダー
第17戦シンガポールGP 10/2
第18戦日本GP 10/9
第19戦アメリカGP 10/23
第20戦メキシコGP 10/30
第21戦ブラジルGP 11/13
  • 最新刊
  • F1速報

    第16戦 イタリアGP号