F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

レッドブルF1とポルシェ、いまだ最終合意に至らず。マルコ&ホーナーが契約に反対、ホンダとの関係継続に向け奔走か

2022年8月31日

 ポルシェとレッドブルの契約は、正式発表を待つばかりの状況と思われていたが、破談になる可能性があるようだ。レッドブルのモータースポーツ・コンサルタントのヘルムート・マルコとクリスチャン・ホーナー代表がこの契約を取りやめたいという意向を持ち、ポルシェとは提携せず、ホンダとの関係を続けるよう、関係者を説得し始めたといわれる。


 当初、両者の契約は、オーストリアGPで発表される見通しだったが、ポルシェがフランクフルト証券取引所での新規株式公開まで延期することを決めた。だが、すでに合意はなされていると考えられており、アウディが8月26日、2026年からF1に参戦することを発表した際に、アウディのマルクス・デュースマンCEOはポルシェのF1参戦を前提とした発言をしていた。

ポルシェロゴ
ポルシェロゴ

 ところがその後、ベルギーGPの週末に、ホーナー代表は、一歩引いた発言を行った。


「これから明らかにしなければならない細かい点が多数ある。ポルシェを歓迎するが、この問題はそれほど単純ではない。非常に複雑な状況だ。この交渉が良い結果で終わることを望んでいる」


 この際、ホーナーは、最終決定の時期について、明言しなかった。


 さらに、ホーナーとマルコが、レッドブル社オーナーであるディートリッヒ・マテシッツおよびチャルーム・ユーウィッタヤーに対し、ポルシェとの交渉を打ち切り、ホンダに対して提携継続を依頼するよう、説得を試みていることが分かった。ホンダは2021年末でF1活動を終了したが、2025年末まで、ホンダのモータースポーツ活動を担うHRCが、レッドブルのパワーユニット部門であるレッドブル・パワートレインズに対し、技術的支援を行う。F1は2026年にパワーユニット規則を大幅に変更、次世代パワーユニットを導入することを決めている。

レッドブルRB18
レッドブルRB18

 サマーブレイクの間にマルコは懇意にしているホンダの上層部の人々に連絡を取り、F1活動を続けることが彼らの最善の利益になるとして、説得を試みたとみられる。一方、ユーウィッタヤー家とより密接な関係にあるホーナーは、彼らに対し、ホンダとの関係を続けることが最善の選択であるとの説明を行った。


 レッドブルは新設したパワーユニット部門に多額の資金を投入、多数の人材を獲得している。それにもかかわらず、マルコとホーナーが、ポルシェとの提携を中止しようとしているのは、ポルシェに全権を握られた後には、自分たちの職が危うくなると考えたからだとの見方もなされている。ポルシェは最初はレッドブル・テクノロジーズの50パーセントを取得するが、F1プログラム全体の支配権を握ることになるかもしれない。そうなった場合、ポルシェはマルコを必要としないだろうし、新チーム代表を自分たちで選ぶ可能性が高い。


 ポルシェの株式公開が9月末に予定されているなか、ホーナーとマルコが交渉の流れを変更するための時間はあまり残されていない。F1チームをポルシェに売却するというマテシッツの決意は固いと言われており、説得は簡単ではなさそうだ。

2022年F1第14戦ベルギーGP マックス・フェルスタッペン(レッドブル)
2022年F1第14戦ベルギーGP マックス・フェルスタッペン(レッドブル)



(Grandprix.com)




レース

9/9(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
9/10(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
9/11(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※イタリアGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン335
2位シャルル・ルクレール219
3位セルジオ・ペレス210
4位ジョージ・ラッセル203
5位カルロス・サインツ187
6位ルイス・ハミルトン168
7位ランド・ノリス88
8位エステバン・オコン66
9位フェルナンド・アロンソ59
10位バルテリ・ボッタス46

チームランキング

※イタリアGP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング545
2位スクーデリア・フェラーリ406
3位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム371
4位BWTアルピーヌF1チーム125
5位マクラーレンF1チーム107
6位アルファロメオF1チーム・オーレン52
7位ハースF1チーム34
8位スクーデリア・アルファタウリ33
9位アストンマーティン・アラムコ・コグニザント・フォーミュラワン・チーム25
10位ウイリアムズ・レーシング6

レースカレンダー

2022年F1カレンダー
第16戦イタリアGP 9/11
第17戦シンガポールGP 10/2
第18戦日本GP 10/9
第19戦アメリカGP 10/23
第20戦メキシコGP 10/30
  • 最新刊
  • F1速報

    第16戦 イタリアGP号