F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

F1、2023年はシーズン終盤に初開催のラスベガスとアブダビの過酷なダブルヘッダーを予定

2022年8月11日

 ソーシャルメディアに流出した文書によると、2023年に初開催となるF1ラスベガスGPは、シーズン最終戦のアブダビGPの前週に開催され、ヤス・マリーナと過酷なダブルヘッダーを形成するという。


 リバティ・メディアがラスベガスのイベントを推進するために設立した新組織『リバティ・ダイス』からラスベガス観光局(LVCVA)に宛てた文書がソーシャルメディアに流出し、シンシティとして知られるラスベガスでの初のF1イベントが11月18日(土)、つまりグランプリレースのシーズンフィナーレとなるアブダビGPのちょうど1週間前に開催されることが明らかになった。


 レースは現地時間の午後10時にスタートするが、この時間はイギリスの視聴者にとっては午前6時、ヨーロッパの視聴者にとっては午前7時に相当する。F1の各チームは、このスケジュール計画に乗り気ではないと思われる。フライトは19時間かかる上に、大きな時差がある。レースが夜のスタートとなることから、言うまでもなくクルーは骨の折れる荷造り作業に夜どおし追われることになる。


 文書にはF1とラスベガス市が5年間の契約締結に合意したとある。したがってこのレースは、2027年11月までカレンダーの最後から2番目の枠に留まる可能性がある。


 ラスベガスの全長6.1kmのストリートサーキットは14カ所のコーナーがあり、有名なストリップ地区の一部を含む。フォーミュラ・ワン・グループは土地の1区画を2億4000万ドル(約324億円)で買い上げ、常設のピットとパドック施設を建設する予定だ。

2023年よりF1ラスベガスGPの開催が決定、土曜日にナイトレースを実施へ。アメリカで3つ目のグランプリに
F1ラスベガスGPのコースレイアウト予想図


 先週、F1の第2四半期決算発表後のアナリストとの電話会議において、リバティ・メディアのCEOを務めるグレッグ・マフェイは、ラスベガスのピット施設は1年を通して他のアクティビティに使用され、「継続的な活性化とイベント」が行われると述べた。


「メインのパドック棟はサッカー場3面分に相当する900フィート(約274.32m)の長さになる予定で、エキサイティングなものになるだろう。我々は商業パートナーの候補とともに、そこでの機会について積極的に取り組んでいるところだ」とマフェイは語った。


「我々はベガスで営業、マーケティング、レース運営などからなるF1チームを作り上げている。我々はLVCVAやLive Nationのパートナーたちを含め、現地のノウハウや人材を活用している」


 他のF1レースとは異なり、F1とリバティ・メディアはラスベガスのレースの宣伝活動を、地元関係者や会場運営を行うLive Nationと提携して自分たちで行っている。



この記事は f1i.com 提供の情報をもとに作成しています



(autosport web)




レース

9/9(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
9/10(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
9/11(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※イタリアGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン335
2位シャルル・ルクレール219
3位セルジオ・ペレス210
4位ジョージ・ラッセル203
5位カルロス・サインツ187
6位ルイス・ハミルトン168
7位ランド・ノリス88
8位エステバン・オコン66
9位フェルナンド・アロンソ59
10位バルテリ・ボッタス46

チームランキング

※イタリアGP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング545
2位スクーデリア・フェラーリ406
3位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム371
4位BWTアルピーヌF1チーム125
5位マクラーレンF1チーム107
6位アルファロメオF1チーム・オーレン52
7位ハースF1チーム34
8位スクーデリア・アルファタウリ33
9位アストンマーティン・アラムコ・コグニザント・フォーミュラワン・チーム25
10位ウイリアムズ・レーシング6

レースカレンダー

2022年F1カレンダー
第16戦イタリアGP 9/11
第17戦シンガポールGP 10/2
第18戦日本GP 10/9
第19戦アメリカGP 10/23
第20戦メキシコGP 10/30
  • 最新刊
  • F1速報

    第16戦 イタリアGP号