F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

F1技術解説:第12/13戦(3)真価発揮が待たれるアルファタウリの新型フロア

2022年8月10日

 2022年F1第13戦ハンガリーGPで各チームが走らせたマシンを、F1i.comの技術分野を担当するニコラス・カルペンティエルが観察し、印象に残った点などについて解説。第1回「戦略失敗だけでは説明できないフェラーリの大失速」、第2回「“ホワイト・フェラーリ”を堂々投入。ハースが今季初のアップグレード」 に続く今回は、連戦最初のフランスGPでアルファタウリが導入したアップデートを紹介する。


────────────────────────────────


 ハンガリーGP前週のフランスGPに、アルファタウリは重要なアップデートを投入した。改良点は主にフロアに関するもので、下の画像にあるようにベンチュリートンネルの入り口形状が一新された。新バージョンでは、ボーダーの曲率がより顕著になり(黄色矢印参照)、外側のデフレクターが大幅に短くなっている(赤色矢印参照)。

アルファタウリAT03フロア比較
アルファタウリAT03フロア比較


 ボディワークのデザインにも変更が施され、さらにフロアのエッジには新たにフィンが付けられた(下画像の青矢印参照)。

アルファタウリAT03フロア比較
アルファタウリAT03フロア比較


 イタリア・ファエンツァで車両パフォーマンスを担当するフランス人エンジニア、ギヨーム・デゾトゥーが説明するように、原理的にはこの進化によってAT03のセッティングウィンドウは大きく拡大されるはずだった。


「今回の進化は、フロアに焦点を当てたものだ。インレットから始まり、ディフレクター、アンダーボディのエッジ、ディフューザー、そしてボディワークへと続く変更だった」


「F1マシンは1ラップする間に、さまざまに姿勢を変化させる。マシン下部の構造をここまで変えたのは、その間にダウンフォースを安定して発生させることが目的だ。その点では、期待に違わぬ進化を遂げていると言っていい。低中速コーナリング、高速・低速時のロールなど、ほぼすべての条件下でダウンフォースが増加していることが、データで確認できた」


 確かにデータ上はそうだったかもしれない。しかしピエール・ガスリー、角田裕毅は、不運もあったとはいえ、アップデート投入後の2レースで1ポイントも獲得できなかった。特にハンガリーGPでは、二人はグリップ不足を終始訴えていた。アップデート自体の方向性は正しかったが、セッティングがうまく決まらなかったということなのか。夏休み明け初戦のスパ・フランコルシャンで、そのあたりの疑問は明らかにされることだろう。



この記事は f1i.com 提供の情報をもとに作成しています



(翻訳・まとめ 柴田久仁夫)




レース

9/9(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
9/10(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
9/11(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※イタリアGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン335
2位シャルル・ルクレール219
3位セルジオ・ペレス210
4位ジョージ・ラッセル203
5位カルロス・サインツ187
6位ルイス・ハミルトン168
7位ランド・ノリス88
8位エステバン・オコン66
9位フェルナンド・アロンソ59
10位バルテリ・ボッタス46

チームランキング

※イタリアGP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング545
2位スクーデリア・フェラーリ406
3位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム371
4位BWTアルピーヌF1チーム125
5位マクラーレンF1チーム107
6位アルファロメオF1チーム・オーレン52
7位ハースF1チーム34
8位スクーデリア・アルファタウリ33
9位アストンマーティン・アラムコ・コグニザント・フォーミュラワン・チーム25
10位ウイリアムズ・レーシング6

レースカレンダー

2022年F1カレンダー
第16戦イタリアGP 9/11
第17戦シンガポールGP 10/2
第18戦日本GP 10/9
第19戦アメリカGP 10/23
第20戦メキシコGP 10/30
  • 最新刊
  • F1速報

    第16戦 イタリアGP号