F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

両選手権で首位を保つレッドブルF1。ヘルムート・マルコは「こんなに楽しいことはめったにない」と満足

2022年8月10日

 レッドブルのモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、レッドブルがF1で最高のシーズンのうちのひとつを送っているのみならず、「これほど楽しい」シーズンはめったにないと述べている。


 今シーズンのF1の22戦のうち13戦が終了したが、レッドブルはこれまで9勝を挙げており、マックス・フェルスタッペンによって8勝、セルジオ・ペレスによって1勝がもたらされた。これでレッドブルは合計431ポイントを獲得した。レッドブルはこの成功によってコンストラクターズランキングでフェラーリに97ポイントの大差をつけ、フェルスタッペンはドライバーズ選手権でフェラーリのシャルル・ルクレールに80ポイント差をつけている。


 レッドブルのシーズンには、やりがいだけではなく、面白さや楽しさもある。高い緊張感とドラマと論争が際立っていた、2021年のメルセデスとの嵐のようなライバル関係がないままにレースは展開しているのだ。


「こんなに楽しいことはめったにない」とマルコはオーストリアの『OE24』に語った。


「ほぼすべての週末が楽しみだ。あらゆることにかなりの神経をすり減らした去年のシーズンとは大違いだ」

2022年F1第8戦アゼルバイジャンGP マックス・フェルスタッペンとセルジオ・ペレスの1-2を祝うレッドブル
2022年F1第8戦アゼルバイジャンGP マックス・フェルスタッペンとセルジオ・ペレスの1-2を祝うレッドブル


 マルコによると、今年のシーズンで唯一相対的にマイナスな面は、フェラーリが一貫性のある戦いを維持できなかったことにあるという。それがマルコが非常に残念に感じている不十分な点だ。


「フェラーリがあれほど多くのミスを犯すのは少々残念だ。彼らの価値を下回るほど負け越していて、本当に気の毒に感じている」


「しかし、彼らは戻ってくるだろう、あれほど強力なマシンがある」


 信頼性の問題とコース上とピットウォールでのミスが重なり、フェラーリは大量のポイントを失った。フェラーリが度々つまずく理由について尋ねられたマルコは次のように語った。


「ほとんどすべてのことを間違えているからだ。たとえばブダペストでは、初めてのことだがタイヤの温度を適正な範囲内に入れることができなかったし、間違ったピット戦略も選んだ。彼らがなぜ中古のミディアムタイヤを選択しなかったのか、理解できない。その方がよかっただろうに」

2022年F1第13戦ハンガリーGP シャルル・ルクレール(フェラーリ)とマックス・フェルスタッペン(レッドブル)



この記事は f1i.com 提供の情報をもとに作成しています



(autosport web)




レース

9/9(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
9/10(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
9/11(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※イタリアGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン335
2位シャルル・ルクレール219
3位セルジオ・ペレス210
4位ジョージ・ラッセル203
5位カルロス・サインツ187
6位ルイス・ハミルトン168
7位ランド・ノリス88
8位エステバン・オコン66
9位フェルナンド・アロンソ59
10位バルテリ・ボッタス46

チームランキング

※イタリアGP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング545
2位スクーデリア・フェラーリ406
3位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム371
4位BWTアルピーヌF1チーム125
5位マクラーレンF1チーム107
6位アルファロメオF1チーム・オーレン52
7位ハースF1チーム34
8位スクーデリア・アルファタウリ33
9位アストンマーティン・アラムコ・コグニザント・フォーミュラワン・チーム25
10位ウイリアムズ・レーシング6

レースカレンダー

2022年F1カレンダー
第16戦イタリアGP 9/11
第17戦シンガポールGP 10/2
第18戦日本GP 10/9
第19戦アメリカGP 10/23
第20戦メキシコGP 10/30
  • 最新刊
  • F1速報

    第16戦 イタリアGP号