F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

FIA、ポーパシング軽減のための2023年F1規則変更案をWMSCに提出へ「全ドライバー、全チームと協議済み」と会長

2022年8月9日

 FIA会長モハメド・ビン・スライエムは、新世代F1マシンが直面しているポーパシング(激しい縦揺れ)問題に対処するためにドライバーおよびチームと話し合ってきた結果、今週、世界モータースポーツ評議会に2023年技術レギュレーション変更の承認を求めてこれを提出すると発表した。


 ポーパシング/バウンシングはドライバーの健康と安全面に深刻な影響を及ぼし得ると判断したFIAは、これを抑えるために介入することを決めた。まず、ベルギーGP以降に厳しく取り締まる点を技術指令書によって通達。垂直加速度における基準値を確立し、マシンの垂直方向の動きを制限、また、アンダーボディのプランクの摩耗とスキッドプレートの剛性に関する新たな制限を明確化した。


 さらにFIAは2023年の技術レギュレーションにもポーパシング/バウンシング対策のための変更を加えるとの意向を示した。7月にFIAは、2023年に導入する計画のレギュレーションの変更点として、以下の4点を挙げている。


1.フロアエッジを25mm高くする
2.アンダーフロアのディフューザースロートを高くする
3.フロアに関するより厳しい横方向のたわみ試験の導入
4.空力的振動を数値化するため、より正確なセンサーを導入


 これについてはレッドブル、フェラーリをはじめとする多くのチームが反発を示していた。レッドブル代表クリスチャン・ホーナーは、この段階になってからレギュレーションを変更されれば、マシンの大がかりな再設計が必要になるとして、妥協案を探るべきであると主張していた。


 FIA会長モハメド・ビン・スライエムは、8月8日、SNSを通して次のようにコメントした。


「ポーパシング問題について全20人のドライバーおよび全10チームの代表と協議した後、今シーズン残りに向けてすでに取られた対策に加えて、これに対処するため修正された2023年技術レギュレーションを今週WMSCに提出する。これを確認することができ、喜ばしく思う」

ステファノ・ドメニカリ(F1 CEO)とモハメド・ビン・スライエム(FIA会長)



(autosport web)




レース

9/9(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
9/10(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
9/11(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※イタリアGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン335
2位シャルル・ルクレール219
3位セルジオ・ペレス210
4位ジョージ・ラッセル203
5位カルロス・サインツ187
6位ルイス・ハミルトン168
7位ランド・ノリス88
8位エステバン・オコン66
9位フェルナンド・アロンソ59
10位バルテリ・ボッタス46

チームランキング

※イタリアGP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング545
2位スクーデリア・フェラーリ406
3位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム371
4位BWTアルピーヌF1チーム125
5位マクラーレンF1チーム107
6位アルファロメオF1チーム・オーレン52
7位ハースF1チーム34
8位スクーデリア・アルファタウリ33
9位アストンマーティン・アラムコ・コグニザント・フォーミュラワン・チーム25
10位ウイリアムズ・レーシング6

レースカレンダー

2022年F1カレンダー
第16戦イタリアGP 9/11
第17戦シンガポールGP 10/2
第18戦日本GP 10/9
第19戦アメリカGP 10/23
第20戦メキシコGP 10/30
  • 最新刊
  • F1速報

    第16戦 イタリアGP号